文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(408-467)/1770

しかし、それから先は、どこへ行ったものか、どこへ運ばれたものか、絶えず湯の流れているたたきになっているのですから、無論少しも分りません。

However, after that, the place where you went and where it was carried is constantly beaten with hot water, so you can't understand anything.

「兎も角|帳場へ知らせてやろうじゃありませんか」

"Tomomo Kaku | Would you like to let the bank know?"

 河野は意気込んでいうのです。

Kono is enthusiastic.

「エエ」私は非常に困って答えました。

“Eh,” I answered very troubled.

「しかし、例の覗き眼鏡のことだけは、お願いですからいわない様にして下さい」

“But please do n’t mess with the example of peeping glasses.”

「だって、あれは重大な手掛りですよ。

“Because that is a serious clue.

例えば、被害者が女だったことだとか、短刀の形だとか」

For example, the victim was a woman or a dagger. "

「でも、どうかそれだけはいわないで下さい。

“But do n’t just say that.

恥しいばかりじゃありません。

I'm not just ashamed.

あんな犯罪じみた仕掛けをしていたとなると、何だか僕自身が疑われそうで、それも心配なのですよ。

If you were doing such a criminal trick, I would be suspicious, and I was worried.

手掛りはこの血痕だけで十分じゃありませんか。

Isn't this blood mark enough for clues?

それから先は僕の証言なんかなくっても警察の人がうまくやってくれるでしょう。

From then on, the police will do well without my testimony.

どうかそれだけは勘弁して下さい」

Please forgive me that much. ''

「そうですか、そんなにおっしゃるのなら、まあいわないで置きましょう。

“Yes, if you say that, let ’s leave it alone.

では、兎も角知らせて来ますから」

Then I will tell you the corner. ''

 河野はいい捨てて、帳場の方へ走って行くのです。

Kawano throws away and runs toward the bank.

取残された私は、ただもう当惑し切って、ボンヤリとそこに佇んでおりました。

I who was left behind was just embarrassed and resented there.

考えて見れば大変なことになったものです。

If you think about it, it would be a tough thing.

私の見たものは、夢でもまぼろしでもなくて、本当の人殺しだったのです。

What I saw was not a dream or a fantasy, but a real murderer.

この血痕の分量から考えると、さっき河野が想像した通り、恐らく被害者は死んでいるのでしょうが、犯人はその死体をどこへ持って行ったというのでしょう。

Considering the amount of blood stains, as Kono just imagined, the victim was probably dead, but where did the criminal take the corpse?

いやそんなことよりも、殺された女は、そして殺した男は(多分男なのです)一体全体何者でありましょう。

Well, rather than that, the woman who was killed and the man who killed (maybe a man) would be who the whole.

今頃になっても、宿の人達が少しも不審をおこさぬ所を見ると、止宿人の内に、行方不明の者もないと見えます。

Even now, if you see a place where the inn does not cause any suspicion, it will appear that there is no missing person among the resident.

しかし、誰がわざわざ外部から、こんな所へ相手をつれ込んで、人殺しなどやりましょう。

However, who bothers to bring the other party to the place from the outside and kill people.

考えれば考えるほど、不可解なことばかりではありませんか。

The more you think, the more mysterious it is.

 やがて、廊下の方に数人のあわただしい跫音がして、河野を先頭に、宿の主人、番頭、女中などが浴場へ入って来ました。

Eventually, a few people roared in the hallway, leading the inn's master, guards, and maids into the bathhouse, starting with Kono.

「どうか騒がない様にして下さい。

“Please do not make noise.

人気稼業ですからね。

Because it is a popular job.

そうでもないことが、世間の噂になったりしますと、商売に触りますからね」

If something else is rumored, it will touch the business. ''

 デブデブ太った湖畔亭の主人は、そこへ入るなり、囁き声でいいました。

The master of the fat fat Kohan-tei entered there and shouted.

そして、血痕を見ると、

And if you look at the blood stains,

「ナアニ、これは何かの汁をこぼしたのですよ。

“Nani, this is what spilled some juice.

人殺しなんて、そんな馬鹿な、第一叫び声を聞いたものもなければ、内のお客様に見えなくなった人もありませんからね」

No one has heard such a stupid, first scream of murder, and no one has disappeared. "

 彼は強いて打消す様にいいながら、しかし、内心では十分おじけづいているらしく、

‘He's strong and like to counteract, but it seems that he ’s confused enough,

「けさ、ここを掃除したのは誰だ」

“Kesa, who has cleaned here?”

 と女中の方を振かえって聞きただすのでした。

I listened to the maid while shaking.

「三造さんでございます」

"It is Sanzo."

「じゃ、三造をここへ呼んでおいで、静にするんだよ」

"Now, call Sanzo here and keep it quiet."

 三造というのは、そこの風呂|焚きをしている男でした。

Sanzo is a bathing man there.

女中に伴われて来た様子を見ますと、日頃お人好しの、少々抜けているという噂の彼は、まるで彼自身が人殺しの犯人ででもある様に、青くなって、おずおずしているのです。

Looking at the appearance of being accompanied by a maiden, he is rumored to be a little out of the ordinary, and it seems that he is a murderer himself as if he was a murderer himself, and he is confused. is.

「お前は、これを気がつかなかったのか」

"Did you not notice this?"

 主人は怒鳴る様にいいました。

The master told me to yell.

「ヘエ、一向に」

"Hey, all in one"

「掃除はお前がしたんだろう」

"Would you do the cleaning?"

「ヘエ」

"Hey"

「じゃ、気がつかぬはずはないじゃないか。

"Then you shouldn't have noticed it.

きっとなんだろう。

I'm sure.

ここにあった敷物をのけて見なかったのだろう。

He probably didn't see the rug here.

そんな掃除のしようがあるか。

Is there any such cleaning?

どうしてそう骨惜しみをするのだ。

Why do you feel so antiquated?

……まあそれはいいが、お前は昨夜、ここで何か変な物音でも聞かなかったかね。

...... Well that's fine, but you didn't hear anything strange here last night.

ずっとその焚き場にいたんだろう。

He must have been at that place for a long time.

叫び声でもすれば聞えたはずだ」

I should have heard it with a scream. "

「ヘエ、別にこれといって……」

"Hey, say this ..."

「聞かないというのか」

"Do you not listen?"

「ヘエ」

"Hey"

 といった調子なのです。

It is like this.

私共には眼尻に皺をよせて、猫撫声でものをいう主人が、召使いに対すると、こうも横柄になるものかと、私は少からず悪感を催しました。

With both my eyes and my eyelids, I felt a bit of a bad feeling that the owner, who was a cat hoarse, would be too arrogant to the servant.

それにしても、三造というのは何という煮え切らない男でありましょう。

Even so, Sanzo is a man who can't be boiled.

十三

Thirteen

 それから、「血痕だ」「いや血痕でない」と、主人はあくまで稼業の触りを恐れて事を荒立てまいとするし、河野も自説を取って下らず、はしなくも、変てこな論争が初まったものです。

Then, `` It's blood stains '' and `` No blood stains '', the master is not afraid of fear because of the touch of work, and Kono does not take his own theory, but it does not do, but a strange controversy has begun Thing.