文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(468-508)/1770

「あなたも妙な方ですね。

“You are also strange.

こんな何がこぼれたのだか分りもしないものを見て、まるで人殺しがあったと極めてしまう様なもののいい方をなさるじゃありませんか。

Seeing what you don't know what spilled out, it's like making a good one that would be extremely extreme if there was a murder.

あなたは私の内へけちがつけたいのですか」

Do you want to sting inside me? "

 主人はもう喧嘩腰なのです。

The master is already fighting.

こうなって来ますと、私は、もしや河野が覗き眼鏡の一件を持出しはしないかと、もう気が気ではありません。

When this happens, I'm no longer worried if Kono will take out one of his peeping glasses.

いかな主人でも、それを打開けさえすれば、納得するに相違ないのですから。

Any master can convince him if he can open it up.

 が、丁度その時、一人の女中があわただしく入って来ました。

But at that time, a maid came in quickly.

彼女達は皆もう血痕のことを知っているのです。

They all know the blood stains.

従って誰も彼も、立居振舞が常規を逸しています。

Therefore, everyone and his behavior are unusual.

「旦那様、中村家さんから電話がかかりましてね」彼女は息を切らせていうのです。

“My husband, Mr. Nakamura, made a phone call,” she said.

「あのう、長吉さんがまだ帰らないんでございますって」

“Now, Mr. Nagayoshi hasn't returned yet.”

 この突然の報告が、局面を一転させました。

This sudden report has changed the situation.

さすがの主人も、も早落ついている訳には行きません。

As expected, the master doesn't go down quickly.

長吉というのは、程近き麓の町の芸妓なのです。

Nagayoshi is a geisha in a nearby flea town.

それが昨夜湖畔亭に呼ばれて、来たことは確に来ていたのだそうですが、そのまま行方が分らなくなったのです。

It was called by Kohan-tei last night, and it seems that he has definitely come, but he has lost his way.

中村家ではゆうべは湖畔亭に泊り込んでしまったものと思って(田舎のことで、そういう点はごくルーズなのです)別に心配もせず、やっと今頃になって電話をかけて来た訳でした。

The Nakamura family thought that Yube had stayed at Kohantei (the countryside, and that was a very loose point).

「エエ、それは、大一座のお客様を送って、外の家の芸妓衆と一しょに、あの子も確に自動車に乗ったと思うのですが」

“Eh, I think that the girl was on the car, along with the geisha of the outside house, sending a large customer.”

 主人の詰問にあって、番頭がへどもどしながら答えました。

In the question of the master, the head answered in a hurry.

しかし、彼自身もどうやら、確な記憶はないらしい様子なのです。

However, it seems that he himself does not have a certain memory.

 そこへ、騒ぎを聞いて主婦もやって来ますし、女中達も大勢集まって来ました。

The housewife came to hear the noise and many maids gathered there.

そして、長吉を見たとか見ないとか、口々に喋るのです。

Then, he talks to his mouth whether he saw Nagakichi or not.

それを聞いていますと、しまいには、長吉という芸妓が、果してゆうべ来たのかどうか、それさえ怪しくなって来ます。

After listening to it, in the end, it will be even more suspicious whether the geisha Nagayoshi has come to an end.

「いいえ、そりゃ来ていたことは確ですわ」すると、一人の女中が何か思い出した様にいいました。

“No, I'm sure it was there,” said a maid as if she remembered something.

「あれは十時半頃でした、お銚子を持って二階の廊下をあるいていますと、いきなり十一番の襖がガラッと開いて、長吉さんが飛び出したのですよ。

“That was around 10:30, and when I was in the corridor on the second floor with an eggplant, suddenly the tenth frog opened suddenly and Mr. Nagayoshi jumped out.

あの子が呼ばれていたのは、広間の方でしょう。

The person who was called was probably the hall.

私変に思って後姿を見てましたの、すると、長吉さんたら、まるで何かに追駈られでもしている様に、バタバタと向うの方へ走って行きましたわ」

I looked at the back as I thought it was strange, and then Mr. Nagayoshi ran towards the fluttering as if he was in memory of something. ''

「そうそう、それで思い出した」もう一人の女中がその尾についていうのです。

“Yes, I remembered that,” another maid said about the tail.

「丁度その時分だわ。

“It ’s just the time.

私が下のお手水の前を通っていると、十一番さんの、あのおひげさんね、あの人がやって来て、今ここを長吉が通らなかったかって、ひどい剣幕で聞くのよ。

When I was passing in front of the hand sewage, Tobanichi-san, that beard, that person came and asked if Nagayoshi didn't pass right now.

知りませんっていうと、わざわざお手水の中へ入って、戸を開いて探しているじゃないか。

If you don't know, you're bothered to go into the hand water and open the door to find it.

あんまり変だったので、よく覚えているわ」

I remember that because it was so strange. ''

 それを聞きますと、私もまた、ある事柄に思い当りました。

Listening to it, I also came up with a certain matter.

そして、思わず口を挟まないではいられませんでした。

And I couldn't help catching my mouth.

「その十一番さんというのは、もしや洋服を着た二人|連で、大きなトランクを持っている人ではないかい。

"That Ichiban-san is two people wearing clothes | I think they are people who have big trunks.

そしてゆうべおそくここを立った」

And then I stood here. "

「エエ、そうですの。

"Eh, that's right.

大きなトランクを一つずつ持っていらっしゃいましたわ」

I had one big trunk one by one. ''

 そこで、暫くの間、十一番の客について、あわただしい会話が取り交されました。

So, for a while, a busy conversation was exchanged about the ten most popular customers.

番頭のいう所によりますと、彼らは何の前ぶれもなしに、突然|出立の用意をして下りて来て、帳場で宿泊料の支払いを済せると、慌てて、自動車も呼ばずに出て行ったというのです。

According to the head of the story, they suddenly without any upfront, prepared for departure, came down, and paid for accommodation at the counter, rushed and went out without calling a car. I went.

尤も湖畔の村には、乗合自動車の発着所があって、特別の料金さえ出せば、時間に構わず出させることが出来るのですから、彼等はその発着所まで歩いて行ったのかも知れませんが、それにしても出立の際の慌て方が、決して尋常ではなかったというのです。

However, in the lakeside village, there is a stop for shared cars, and if you give a special fee, you can leave it at any time, so they may have walked to that stop. But even so, the panic when leaving was unusual.

私の見た彼等の妙なそぶりといい、今の番頭の言葉といい、そして、長吉の行方不明、浴場の血痕、のみならず、鏡の影と彼等の出立との不思議な時間の一致。

The strange look of them I saw, the words of the beginning of the present, and the disappearance of Nagayoshi, the blood stains of the bathhouse, as well as the mystery of the shadow of the mirror and their departure Time match.