文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(509-552)/1770

どうやらその間に聯絡がありそうな気がするではありませんか。

Apparently, you don't feel like you're in the middle of it.

十四

fourteen

 善後の処置は、この家の主人である私が、どうともするから、あなた方は一応部屋に引取ってくれ、そして、余り騒がない様にしてくれと、主人はあくまで隠蔽主義でありました。

As for the treatment after the good, I am the master of this house, so I managed to take it back to the room, and the master was concealment only so that there was not much noise.

河野と私とは、邪魔者扱いにされてまで、この事件に容喙することもありませんので、兎も角も私の部屋まで引上げました。

Kono and I would n’t be angry with this case until they were treated as distractors, so I brought both my niece and horn to my room.

 私としては、何よりも先ず、例の覗き眼鏡の装置が心配でした。

First of all, I was worried about the example of the peeping glasses.

といって昼日中、それを取りはずすことは出来ません。

However, it cannot be removed during the daytime.

「ナニ、ここからでも、彼等が何をしているか、よく見えますよ」

"Nani, you can see what they are doing from here."

 私の気も知らないで、河野はかぶせてあった外套を取って、又しても鏡を覗いているのです。

[Kono doesn't know anything, Kono takes his overcoat and looks into the mirror again.

「何というすばらしい仕掛けでしょう、ホラ、御覧なさい。

“What a wonderful device, Hora, see.

主人の仏頂面が大きく写っていますよ」

The master ’s Buddha ’s top is very large. ”

 仕方がないので、私もそこを覗いて見ますと、成程、鏡の中では、太っちょの主人の半顔が、厚い唇を動かして、今何かいっている所でした。

I couldn't help it, so when I looked into it, in the mirror, the half face of the fat master moved the thick lips and was now talking about something.

それが殆ど鏡の三分の一程の大きさに拡大されて写っているのです。

It is almost magnified to about one third of the size of a mirror.

 先にもいった通り、覗き眼鏡で見る景色は、丁度水中に潜って目を開いた世界の様に、異様に淀んで、いうにいわれぬ凄味を添えているのです。

As I said earlier, the scenery you see with your peeping glasses is like a world where you have just dived underwater and opened your eyes, and it has an amazing taste.

時が時でもあり、ゆうべの恐しい記憶がまだ去らぬ私には、そこに写っているかったいの様な主人の顔から、いきなりタラタラと血が流れそうな気さえして、殆ど見るに耐えないのでありました。

For the time when time has gone and the fearless memories of me still haven't gone, from the face of the master who wants to be reflected there, I suddenly feel that the blood is suddenly flowing and I almost see it I could not stand it.

「あなたはどう思います」暫くすると、河野は鏡から顔を上げていいました。

“What do you think?” After a while, Kono raised his face from the mirror.

「もし本当に長吉という芸者が行方不明だとすると、どうやら十一番の客というのが怪しくはないでしょうか。

“If the real geisha Nagayoshi is missing, isn't it suspicious that it is the ten best customer?

僕は知っていますが、その二人の男は四五日|前から泊っていたのですよ。

I know, but the two men were staying for 45 days.

余り外へも出ないで、時々芸者などを呼んでも、大きい声を出すでなく、大抵はひっそりとして、何をしているか分らないのです。

You don't go too far, sometimes you call a geisha from time to time, you don't make a loud voice and you usually don't know what you are doing.

ちっとも遊覧客らしくないのです」

It ’s not like a tourist at all. ”

「しかし、彼等が怪しいとしても、この土地の芸者を殺すというのも変ですし、それに、たとえ殺したところで、その死体をどこへ隠すことが出来たのでしょう」

“But even if they were suspicious, it was strange to kill the geisha in this land, and where could they have concealed the dead body?

 私は、もやもやと湧き上って来る、ある恐しい考えを打消し打消し、心にもなくそんなことをいいました。

】 I canceled out a terrible idea that came up with a haze, and said it without a heart.

「それは、湖水へ投げ込んだのかも知れません。

“It may have been thrown into the lake.

それとも又……彼等の持っていたトランクというのはどの位の大きさだったでしょう」

Or ... how big was the trunk they had? "

 私はギョッとしながら、しかし答えない訳には行きませんでした。

I was scared, but I couldn't go without answer.

「普通のトランクでは、一番大型の奴でした」

“It was the biggest guy in a normal trunk.”

 河野はそれを確めると、何か合図でもする様に、私の目を覗きました。

Kono confirmed it and looked into my eyes like a signal.

いうまでもなく彼もまた、私と同じ考えを抱いているのです。

Needless to say, he also has the same idea as me.

二人は黙って睨み合っていました。

The two were silent and envious.

それは口に出すには余りに恐しい想像だったのです。

It was a terrible imagination to put out.

「しかし、普通のトランクでは、とても人間一人は入りませんね」

“But a normal trunk doesn't allow one person to enter.”

 やがて、河野は青ざめた目の下をピクピクさせながらいうのでした。

Soon, Kono was jerking under her bluish eyes.

「もうその話は、止そうじゃありませんか。

"Is that the story going to stop?

まだ誰が殺したとも、いや殺人があったということさえ極っていないのですから」

`` Even if anyone killed, it wasn't even that there was a murder. ''

「そうはいっても、あなたもやっぱり私と同じことを考えているのでしょう」

“That's right, but you still think the same thing as me.”

 そして私達は、又黙り込んでしまいました。

And we were silent again.

 一番恐しいのは、一人の人間を、二つのトランクに分けて入れたという想像でした。

[The most frightening was the imagination that a person was divided into two trunks.

それは誰にも気づかれぬ様に、浴場の流し場で、死体を処理することは出来たかも知れません。

It may have been possible to treat the corpse at the bath basin so that no one would notice it.

そこではどんなに夥しい血潮が流れても、皆湖水の中へ注ぎ込んでしまうのです。

No matter how much blood flows there, everyone is poured into the lake water.

しかし、そこで彼等は、長吉の死体をまっ二つに切断したのでしょうか。

But then, did they cut Nagayoshi's corpse into two?

私はそれに思い及んだ時、ヒヤリと自分の背骨に斧の刃がささった様な痛みを感じました。

When I came up with it, I felt the pain of an ax blade hitting my spine and my spine.

彼等は一体何を以てそれを切断したのでありましょう。

What on earth did they cut it?

あらかじめ兇器を用意していたか、それとも庭の隅から斧でも盗み出して来たのか。

Did you prepare a fixture in advance, or did you steal an ax from the corner of the garden?

 一人は入口のドアの所で見張り番を勤めたかも知れません。

One person may have served as a guard at the entrance door.

そして、一人は流し場で、艶かしい女の死体を前に、斧をふり上げていたかも知れません。

And one of them may be a sink and was lifting an ax in front of a lustful woman's corpse.