文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(589-614)/1770

 もしや兇器その他の遺失物がないか、と浴場の周囲、嫌疑者である紳士の泊っていた十一番の部屋なども落ちなく調べられましたが、何一つ手がかりになる様な品物は残っていませんでした。

If there were no fixtures or other lost items, the surroundings of the bathhouse and the tenth room where the accused gentleman stayed were examined without falling, but there were no items left as clues. It was.

 推定被害者長吉の身許については、丁度|抱主中村家の主婦が湖畔亭へかけつけていましたので、彼女から詳しく知ることが出来ました。

】 Just about the victim of the presumed victim Nagakichi, the housewife of the owner Nakamura's house was visiting Kohan-tei, so I was able to learn more from her.

その時彼女は、恐しく多弁に色々な事柄を述べ立てました。

At that time she was terribly speaking about various things.

けれど、要するに、私共が考えてもこれはと思う様な疑わしい事実は何もないのでした。

However, in short, there were no suspicious facts that we thought would be this.

長吉は一年ばかり以前同じ地方のNという町から中村家に住換えて来たもので、以前のことは兎も角、中村家へ来てからの彼女には何の変った所もなく、浮いた稼業の女にしては、少し陰気過ぎる気性であったのが、特徴といえばいい得る位でありました。

Nagayoshi was relocated to the Nakamura family from the same local town, N, for a year ago. The previous thing was nothing, but no change to her after coming to the Nakamura family. For a floating woman, the temper was a little too disgusting, but it could be said that it was a characteristic.

又情事関係も、普通の馴染客以上のものはない様に思われるということでした。

The affairs also seemed to be nothing more than ordinary familiar customers.

「昨晩は、こちらの大一座の御座敷へ呼ばれまして、丁度ここにおります蔦家の〆治さんも一緒でございましたが、八時頃に町を出ましたので、出る時も別に変った様子はなかった様でございますし、お座敷でも、ふだんの通りにしていたということでございます」

“Last night, I was called to the Ozaza-za-za, and I was right here with Mr. Eiji, who was here, but I left the town around 8 o'clock, so it changed when I left. It seems that there was no appearance, and even in the tatami room, it was as usual. "

 主婦の申立ては、結局こんな風な取止めもないものに過ぎませんでした。

The housewife's petition was nothing without such a withdrawal after all.

その時、署長は長吉とトランクの紳士(宿帳の名前は松永某となっておりました。

At that time, the chief was Nagayoshi and the gentleman of the trunk.

従者と見える方の男はたしか木村とかいいました。

The man who looks like a servant called Kimura.

しかし、二人共それ以来|杳として行方が知れないのですから、名前をハッキリ申上げて置くほどのこともないのです)との関係について、彼女に何か思い当ることはないかとただしました。

However, since then, they have never been known as a niece, so there ’s not much to mention the name clearly.) .

ところがこれに対しても、彼女は、長吉が両三度松永某の座敷へ呼ばれたという、すでに分っている事実の外に、何のつけ加える所もないのでした。

However, she did not have anything to add to the fact that Nagayoshi was called to the Matsushita clan's tatami room.

そして、宿の番頭や〆治という芸者の証言によりますと、松永と長吉の関係は、ほんの酒の相手に呼ばれた程度を出でないものであることも分りました。

And according to the geisha's testimony, the head of the inn and the geisha, I found that the relationship between Matsunaga and Nagakichi was just not called out to the other party of sake.

十六

Sixteen

 結局その訊問によって判明したことは、私達があらかじめ知っていた以上のものではありませんでした。

After all, what was revealed by the question was not more than what we knew beforehand.

のみならず、例の覗き眼鏡のことを打開けないものですから、彼等は或意味ではこの事件について、私達よりも一層無智であるといわねばなりません。

Not only that, but they can't break through the peeping glasses of the example, so they have to say that in some ways they are even less ignorant of this incident than we are.

例えば兇行の時間でも、私達には十時三十五分頃と、可なり正確に分っているに反して、彼等は、女中が長吉や松永の不審な挙動を見た時間から、兇行も多分その頃行われたものであろうと推定しているに過ぎないのです。

For example, even at the time of lameness, we know that it was quite accurate at around 10:35, but they were the time when the maid saw the suspicious behavior of Nagayoshi and Matsunaga. Therefore, it is only presumed that the lameness was probably done at that time.

 そこで、兎も角も嫌疑者松永の行方捜索が行われることになりました。

Therefore, the whereabouts of the alleged Matsunaga, who was accused of both the corner and the corner, were to be conducted.

正確にいえば、この時はまだ、果して殺人罪が行われたかどうかさえ確められていた訳ではありません。

To be exact, at this time it was not yet confirmed whether the murder was done.

脱衣場の血痕と、長吉の所在不明、松永の怪しむべき出立などの符合から、僅にそれを想像せしめる程度に過ぎませんでした。

The sign of the dressing room blood vessel, Nagayoshi's whereabouts, Matsunaga's suspicious departure, etc. were only a little to imagine.

しかし、この場合、誰が考えても松永の行方捜索が先決問題であるのはいうまでもないことです。

However, in this case, it goes without saying that Matsunaga's whereabouts search is a predecessor.

 幸、河野が村の巡査と知り合になっていたものですから、私達は後に至って、その筋の意見や、捜索の実際をある程度まで洩れなく聞くことが出来ましたが、一応湖畔亭の取調べが済むと、時を移さず行われた松永の行方捜索は、結局何の得る所もないのでした。

Fortunately, Kono was acquainted with the village patrol, so we came later and were able to hear the opinions of the source and the actual search to a certain extent. After that, Matsunaga's whereabouts, which were conducted without changing the time, had nothing to gain.

それは主として、私と宿の番頭とが申立てた、彼等の出立当時の風体に基づいて、街道筋の町々村々を尋ね廻った訳ですが、不思議なことには「洋服姿で、トランクを手にした者」という条件に当てはまる人物は、絶えて姿を見せないのでした。

That is mainly because I asked the towns and villages of the highway, based on the style of their departure, as claimed by me and the beginning of the inn. The person who met the condition of “the person who got the trunk” never showed up.

といって、その外の目印は、松永が肥え太った男で、鼻下に髭を貯えているという位のものですから、もし彼等が、トランクをどこかへ隠して、巧に変装をしてしまえば、人目にかからず逃げおおせることは、あながち不可能でもありません。

But the other landmark is a man who is fattened by Matsunaga and has stored a spear under his nose. Once that happens, it's not impossible for you to run away without notice.

 彼等の逃走の最大の邪魔物は、いうまでもなくあの目立ち易いトランクです。

Needless to say, the biggest obstacle to their escape is the conspicuous trunk.

彼等は必ず、それを途中で人知れず処分したのに相違ありません。

They must have dismissed it without knowing it.