文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(615-643)/1770

警察でもその点に気づいて、これもまた出来る限りは探索したのですが、やっぱり思わしい結果は得られませんでした。

The police noticed this point and searched for this as much as possible, but after all it did not give a spectacular result.

 それから数日の間というもの、村人を雇って、附近の山々は、申すに及ばず、湖水の底までも、殆ど遺憾なきまでに捜索されましたが(湖水の岸に近い部分は割合に水深も浅く、それに水が綺麗ですから、船を浮べて覗き廻りさえすれば、その底にあるものは手に取る様に見えるのです)依然として何の得る所もありません。

In the next few days, hiring villagers, the nearby mountains were searched, not to mention the bottom of the lake, almost without regret (the part close to the shore of the lake is It's shallow, and the water is beautiful, so if you just float and peep around, you can see what's on the bottom.

かくして、事件は遂に未解決のまま終るのではないかとさえ思われました。

Thus, it was even thought that the case would finally be left unresolved.

 しかし、以上は表面上の事実に過ぎないので、その裏面には更に一層不可解な事柄が起っていたのでした。

However, the above is only a fact on the surface, so something more mysterious was happening on the back.

 お話は元に戻って、事件の翌日、湖畔亭の取調べのあった、その夜のことになりますが、たとえ一時発覚を免れたとはいえ、私はどうにも覗き眼鏡のことが気になって仕様がないものですから、夜の内にその装置を取り毀してしまうつもりで、いらいらしながら人々の寝鎮まるのを待っていました。

The story goes back to the day after the incident, the night of the investigation by Kohan Tei, but even though I was spared the discovery, I was really worried about peeping glasses. I didn't have anything, so I was going to get rid of the device in the night and was annoying and waiting for people to sleep.

 警察の人々が浴場の周囲を取調べた時、私はどんなにヒヤヒヤさせられた事でありましょう。

】 How terrible I was when the police people looked around the bathhouse.

樹木のために蔽われていても、屋根の下へ入って見上げさえすれば、その鼠色の筒は、必ず疑いを惹いたに相違ないのです。

Even if it is covered for the trees, the scarlet tube must be suspicious as long as you go under the roof and look up.

ところが私にとって幸であったことには、刑事達は何かが落ちていないか、足跡でもついてはいないかと、地面ばかり見廻って、上の方には一向注意を払わなかったものですから、この不思議な装置は、危く発覚を免れることが出来た訳でした。

Fortunately for me, however, the criminals looked around the ground and didn't pay much attention to the upper side to see if something had fallen or was stuck in the footprints. The device was able to escape dangerous detection.

 しかし、明日にもなれば、又一層綿密な調査が行われることでしょうし、いついつまでも、このままに済むはずはありません。

However, there will be a more thorough investigation again tomorrow, and this cannot be done forever.

どうしても今夜の中に取外さなければ、安心することは出来ないのです。

You can't rest assured if you don't remove it tonight.

 その夜は事件のために、家の中が何となく騒がしく、常の日よりも余程おそくまで、話し声が絶えませんでしたが、でも、十二時を過ぎた時分には、やっと人々も寝鎮まった様子でありました。

That night, because of the incident, the house was somewhat noisy, and it wasn't until the last day that it was much slower than usual, but after 12 o'clock, people finally went to sleep. It seemed calm.

私はそれでも、用心に如くはないと思い、殆ど一時近くまで、じっと待っていました。

I still thought I was not careful, and waited almost for a while.

その間にも、私はたびたび覗き眼鏡の鏡を見て、脱衣場の人影を気にしていたのですが、さて、いよいよこれから窓の外へ忍び出て、秘密の仕事に取りかかるという時に、何気なく、もう一度そこを覗きますと、一刹那ではありましたけれど、ふと恐ろしいものが鏡の底に蠢いているのを発見しました。

In the meantime, I often looked into the mirror of my peeping glasses and was worried about the figure in the dressing room. Now, when I finally sneak out of the window and started to work secretly, When I looked into it again, it was a moment, but I found that a terrible thing was crawling on the bottom of the mirror.

 それは昨夜見たのと寸分違わない、男の手先の大映しになったものでした。

It was a big reflection of the man's hand, which was not different from what I saw last night.

手の甲にはやっぱり同じ様な傷痕らしいものが見え、太くたくましき指の恰好から、全体の調子が、昨夜の印象と少しも違わないのです。

After all, the back of the hand looks like the same scars, and the overall tone is not different from last night's impression due to the appearance of thick and stubborn fingers.

 それがチラリと見えたかと見ると、ハッと思う間に消え去ってしまいました。

When I looked at how it looked, it disappeared.

決して夢でも幻でもありません。

It is neither a dream nor a vision.

私は事の意外さ、且は恐しさに、最早何の影もない鏡の表を見つめたまま、暫くはその場を動くことも出来ませんでした。

I couldn't move around for a while, staring at the front of the mirror without any shadow, to my surprise and fear.

十七

Seventeen

 一時の放心を取戻すと、私はすぐ様浴場へかけつけました。

When I regained my temporary devotion, I immediately went to the bathhouse.

しかし、そこには、前晩と同じ様に、何の気はいもないのです。

But there is nothing wrong with it, just like the previous night.

殊に事件のために湯も立たず、人々は気味悪がって、そこへ近寄りもしませんので、脱衣場は一層物淋しく白々として見えました。

Especially because of the incident, the hot water didn't stand, people were creepy and didn't get close to it, so the dressing room looked more dignified and white.

そして、一寸見たのでは黒い板の間と区別がつかぬほどの、例の血痕ばかりがそれゆえに一層物凄く私の目を惹きつけるのでした。

And at first glance, the blood stains of the example, which is indistinguishable from the black board, therefore attracted my eyes even more.

 暫く耳をすましていても、無論何の物音も聞えては来ません。

Even if you listen for a while, you can't hear anything.

家中がシーンと鎮まり返って、あの恐しい手首の持主の外には、恐らくは誰一人起きている者もないのです。

The whole house is calmed down with the scene, and no one else is awakened outside that terrible wrist owner.

そして、その男は、鏡の影を見てから大して時間もたっていないのですから、ひょっとしたら、まだその辺の隅に隠れていないとも限りません。

And the man hasn't taken much time after seeing the shadow in the mirror, so maybe he's not hidden in that corner.

それを考えると、私は無上に怖くなって、いきなり浴場を逃げ出したものであります。

Given that, I was so scared that I suddenly ran away from the bathhouse.

 しかし、部屋へ帰って見ても、どうしてじっとしていることが出来ましょう。

However, how can you stay still when you return to your room?

といって、宿の人を起してこの事実を知らせるには、やっぱり覗き眼鏡の秘密を打ちあける外はなく、私は今更、何ゆえ取調べのあった時それをいってしまわなかったかと、少からず後悔しなければなりませんでした。

However, in order to wake up the inn and inform this fact, there is no other way than to break out the secret of the peeping glasses, why I didn't say that when I had an investigation, I had to regret a little.