文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(644-687)/1770

 でも、そうしていても際限がありませんので、レンズの装置を取外すことなぞはあと廻しにして、私は慌ただしく唯一の相談相手である河野の部屋を訪れました。

But even so, there is no limit, so I decided to remove the lens device, and I went to Kono's room, my only consultant.

そして、よく寐入っている彼を無遠慮に叩き起し、しかしあたりをはばかる囁き声で、事の仔細を語るのでした。

And he hesitated him, who was often in a mess, but he talked about the details with a whispering whisper.

「それは妙ですね」すると河野も変な顔をして「犯人がわざわざ帰って来るはずはありませんよ。

“That's strange,” says Kono with a funny face.

それに、手首を見ただけで昨日の加害者だということがどうして分りました」

And just by looking at my wrist, I found out that I was a perpetrator yesterday. ''

 この質問にあって、私は初めてそのことに気がつきました。

This is the first time I have noticed that.

私は迂闊にも、まだ一度も手首の傷痕のことを彼に話していないのでした。

I had never told him about the scars on his wrists, either detoured.

それと同時に、松永と自称する男|或はその同伴者の手首に、果して同じ傷痕があったかという点に思い及んで、その重大な事柄を一度も考えて見なかった私の愚さが、今更恥かしくなるのでした。

At the same time, a man who calls himself Matsunaga | Or, I thought that there was the same scar on the wrist of the accompanying person. It was crazy.

「そうですか。

"Is that so.

そんな目印があったのですか」

Was there such a sign? "

 河野は非常に驚いた様に見えました。

Kono looked very surprised.

「エエ、あれは多分右手なんでしょうが、こうはすかけに、一文字の太い線が、ドス黒く見えていたのです」

"Eh, that's probably the right hand, but in the meantime, a thick line of letters looked black."

「しかし、それがあなたの見違いでないとすると、なお更変ですね」河野はやや疑わし気に「私は宿の人達はいうに及ばず、泊り客なども注意して観察していましたが、手の甲に傷のある者は一人も見かけませんでしたよ。

“But if it isn't your mistake, it's still a change.” Kono is a bit suspicious. “I was not only indwelling, but also observing guests, etc. I didn't see anyone with a wound on the back of my hand.

問題のトランクの男にも、そんなものはなかった様です。

There seems to be no such thing in the trunk man in question.

手の甲の陰影が、傷痕の様に見えたのではありませんか」

Did the shadow on the back of the hand look like a scar? ''

「いや影にしては色が濃いのです。

“No, it ’s dark for shadows.

傷痕ではなくても、何かそれに似たものでしょう。

Even if it is not a scar, it will be something similar.

決して見違いではありません」

It's never a mistake. ''

「そうだとすると、これは非常に重大な手がかりですね。

“If so, this is a very important clue.

その代りに、事件はますます分らなくなって来る」

Instead, the incidents are increasingly unknown. ''

「こんなことがありますと、僕は例の秘密の仕掛が心配でなりません。

“When this happens, I am not worried about the secret mechanism of the example.

今の内に取りはずしてしまいたいのですが、何だかまだ、その辺に人殺しが潜伏している様な気がして、気味が悪いのですよ」

I want to remove it now, but somehow, it feels like a murderer is hiding there, and it's creepy. ''

「やっぱり秘密にして置くのですか。

"Is it kept secret after all?

非常にいい手掛りですがね。

It's a very good clue.

しかしまあ、僕だけにでも教えて下すってよかったですよ。

However, it was nice to tell me just me.

実はね、僕はこの事件を自分で探偵して見ようと思っているのです。

Actually, I'm trying to detect this incident myself.

突然こんなことをいうと変に聞えるかも知れませんが、僕は以前から犯罪というものに、一種の興味を持っているのですよ」

Suddenly this may sound strange, but I've always had a kind of interest in crime. ''

 そして、これは私の邪推かも知れませんけれど、河野は寧ろ、覗き眼鏡の秘密をその筋に知らせないで、彼の独占にして置くことを望んでいる様に見えました。

And this may be my guess, but Kono, rather, seemed to want to keep his monopoly without letting him know the secret of the peeping glasses.

その証拠には「そんなにおっしゃるのなら、僕も手伝って上げましょう」といって彼は私のレンズ装置取外しの作業を助けてくれたほどでありました。

The proof was that if you say that, let me help, and he helped me to remove the lens device.

 それは非常に危険な仕事でした。

It was a very dangerous job.

真夜中の事ですし、附近に人のいる部屋とてもありませんので、その点は安心ですけれど、先程の手首の男が、庭の暗闇に潜伏していて、危害を加えないとも限らず、又その筋の刑事などが、張込んでいまいものでもありません。

It's midnight, and there aren't many rooms in the immediate vicinity, so that's safe, but the man on the wrist is hidden in the darkness of the garden and doesn't have to do any harm. The criminal, etc. are not obscene.

私達は猿の様に木の枝を伝いながら、絶えず庭の方を注意して、ビクビクもので仕事を続けました。

As we traveled along the branches of a tree like a monkey, we kept on working in the garden, constantly paying attention to the garden.

 ボール紙の筒が、所々簡単に取りつけてあるに過ぎないのですから、取り外すのに面倒はありません。

∙ Since the cardboard tube is simply attached in some places, there is no trouble in removing it.

やがて私達はスッカリ仕事を終って、部屋の方へ引返そうと、屋根伝いに這っている時でした。

Eventually, we finished the job and went to the roof to return to the room.

「誰だッ」

"Who is it?"

 私のうしろで、突然、低いけれど力の籠った叫声がしました。

S suddenly there was a low but powerful scream behind me.

河野が何かを見つけて怒鳴ったのです。

Kono shouted when he found something.

 見ると、庭の向うの隅の所に湖水の薄明りを背景にして、一つの黒影が蹲まっていました。

As you can see, there was a black shadow in the corner of the garden against the background of the twilight of the lake.

「誰です」

"Who is"

 河野がもう一度怒鳴りました。

Kono yelled again.

 すると影の男は、物をもいわず立上り、つと建物の蔭にかくれると、一散ににげ出した様に思われます。

Then, it seems that the shadow man stood up without needing anything and suddenly began to baldly when he approached the base of the building.

別段厳重な塀などがある訳ではなく、湖水の岸を伝って行けば、どこまでも逃げることが出来るのです。

There are no strict droughts, but if you go along the shore of the lake, you can escape to anywhere.

それを見ると、河野は矢庭に屋根から飛おりて、男のあとを追い駈ました。

Looking at it, Kono flew from the roof to Yaba and chased after the man.

 ほんの一瞬間の出来事です。

It ’s just a moment.

アッと思う間に、逃げる者も追う者も、姿が見えなくなってしまいました。

While I was thinking, the person who fleeed and chased disappeared.