文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(688-736)/1770

 私は驚きの余り、屋根の上に腹這いになったまま、無様な恰好で、永い間じっとしておりましたが、考えて見ますと、さっき河野の飛おりた地響きが、宿の人達に聞えたかも知れません。

I was too surprised to be hungry on the roof. You may have heard.

もしそうだとすると、私は一刻も早く自分の部屋へ帰らなければなりません。

If so, I must return to my room as soon as possible.

この変なボール紙の筒が人の目にかかっては、折角の苦心が水の泡です。

If this strange cardboard tube hits the human eye, the pain of the corner is water bubbles.

いや、それよりも、真夜中に屋根を這っていたことを、何と弁明が出来ましょう。

No, rather than that, I can make an excuse to cite the roof at midnight.

 私は大急ぎで部屋に入ると、抱えていた品物を、トランクの底深く押し隠し、いきなりそこにしいてあった蒲団の中へもぐり込みました。

When I entered the room in a hurry, I squeezed the items I had deeply into the bottom of the trunk and suddenly went into the group that was there.

そして、今にも宿の人達が騒ぎ出しはしないかと、ビクビクもので聞き耳を立てておりました。

And the people of the inn were listening to the sound of excitement as if the people of the inn were still making noise.

 しかし、しばらくそうしていても、別段物音も聞えません。

However, even if you do so for a while, you will not be able to hear the extraordinary sounds.

仕合せにも、誰も気がついたものはない様です。

There seems to be nothing in the assortment that anyone has noticed.

私はやっと安心して、その代りに、俄に気がかりになり出した河野の身の上を、又しても案じ煩うのでありました。

I was finally relieved, and instead, I was worried about Kono's body, which started to become anxious about my niece.

「駄目でしたよ」

"It was useless."

 間もなく、木の枝をガサガサいわせて、窓の所に、河野の無事な姿が現れました。

Soon, we saw the branches of the tree, and the safe figure of Kono appeared at the window.

彼は部屋へ入ると、私の枕許に坐って、追跡の結果を報告するのでした。

When he entered the room, he sat down at my pillow and reported the results of the chase.

「馬鹿に逃げ足の早い奴で、とうとう見失ってしまった。

“I was a fool of a fool, and I finally lost sight.

しかし、その代りにいいものを拾いましたよ。

However, I picked up something good instead.

又一つ証拠品が手に入ったというものです」

Another piece of evidence is available. ''

十八

XVIII

 河野はそういいながら、さも大切そうに、懐の中から一個の品物を取り出しました。

Kono took out one item from his pocket, so that was good, but also important.

「これですよ。

"This is it.

この財布ですよ」

This wallet. ''

 見ると、金金具のついた、可也上等の二つ折り紙入れです。

As you can see, it is a two-fold origami box, such as Kaya, with a metal fitting.

それがかさ高くふくらんでいるのです。

It's bulky.

「これが、あいつの逃げたあとに落ちていたのですよ。

“This was falling after he escaped.

まっ暗で、曲者の風体なぞはよく見極められませんでしたが、この財布は丁度運よく、浴場の裏口から明りのさしている地面に、落ちていたものですから、気がついたのです。

It was dark and I couldn't discern the composer's style, but I noticed that this wallet was just lucky and had fallen from the back door of the bathhouse to the lighted ground.

無論あいつが落したものに相違ありません」

Of course, there is no difference in what he lost. "

 そこで、私達は非常な好奇心を以て財布をあらためました。

So we renewed our wallet with great curiosity.

そして何気なくその中味を取り出して見た時、私達は更に一驚を吃しないではいられませんでした。

And when we casually took out the contents and looked at them, we couldn't help but be surprised.

そこには、予期した様な、名刺その他の所有主を示す様なものは何一つなく、紙幣ばかりが、それも手の切れそうな十円札で約五百円入っていたのです。

There was nothing like a business card or other owner as expected, and only the banknotes were about 500 yen in a ten-yen bill that seemed to be out of hand.

「これで見ると今の男は、ひょっとしたら例のトランクの紳士かも知れませんね。

“If you look at this, the current man may be the gentleman of the trunk.

あの男ならこの財布の持主として相当していますからね」

That man is the owner of this wallet. ''

 何だかえたいの知れぬものが、私の頭の中でモヤモヤしていましたが、咄嗟の場合まずそんな想像が浮ぶのでした。

What I didn't know was something that was frustrating in my head.

「しかし、妙ですよ。

“But it ’s strange.

あれが人殺しの本人だったとすると、今頃何のためにこの辺をうろついているのでしょう。

If that was the murderer, what are you wandering around for now?

逃げ出した所を見れば、刑事なんかでなくて、犯罪に関係のある者には違いないのですけれど、それにしても妙ですよ」

If you look at the place where you escape, you must be a criminal and not a criminal.

 河野は、考え考えいいました。

Kono thought and thought.

「曲者の姿形は少しも分りませんでしたか」

"Did you understand the figure of the composer?"

「エエ、アッと思う間に逃げ出したのですからね。

“Eh, I escaped while I was thinking.

暗闇の中を蝙蝠かなんかが飛んで行った感じでした。

It was a feeling that something was flying in the darkness.

そんな感じを受けたというのが、つまり和服を着ていたからではないかと思います。

I think that was because I was wearing Japanese clothes.

帽子は冠っていなかった様です。

It seems that no hat was worn.

脊恰好は、馬鹿に大男の様でもあり、そうかと思うと、非常に小さな男の様でもあり、不思議に覚えていません。

Shiho is also an idiot like a big man, and when he thinks so, he is also a very small man, and I don't remember it.

湖水の岸を伝って庭の外へ出ると、向うの森の中へ逃げ込んだ様でした。

When we went out of the garden along the shore of the lake, it seemed to escape into the forest on the other side.

あの深い森ですからね。

Because it ’s that deep forest.

追駈て見た所で、とても分るものではありませんよ」

It ’s a memory that I ’ve never seen before. ”

「トランクの男は(松永とかいいましたね)肥え太った男でしたが、そんな感じはしませんでしたか」

“The trunk man (like Matsunaga) was a fat man, did you feel that way?”

「はっきりは分りませんが、どうも違うらしいのです。

“I don't know for sure, but it seems to be different.

これは僕の直覚ですが、この事件には我々の知らない第三者がいるのではないかと思いますよ」

This is my intuition, but I think there are third parties that we don't know about in this incident. ''

 河野は何事かを、薄々感づいている様な口調でした。

Kono's tone was as if she had a slight sense of something.

それを聞くと、妙な悪寒を覚えながら、私もまた彼と同じ感じを抱かないではいられませんでした。

When I heard it, I couldn't help but feel the same chills as I did.

この事件には、何人もまだ知らない様な恐しい秘密が伏在しているのではないでしょうか。

There may be a scary secret that no one knows yet in this case.