文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(737-770)/1770

「足跡が残っているかも知れませんね」

"There may be footprints left."

「駄目ですよ。

"No.

この二三日天気続きで土が乾いてますし、それに庭から外の方は一杯草が生えてますから、とても見分けられませんよ」

The weather has been dry for a couple of days, and the outside of the garden is full of grass.

「それでは、今の所、この財布が唯一の手掛りですね。

“Now, this wallet is the only clue so far.

これの所有者さえつきとめればいい訳ですね」

All you have to do is keep the owner of it. "

「そうです。

"That's right.

夜があけたら、早速|皆に聞いて見ましょう。

As soon as the night is up, let's ask everyone.

誰か見覚えているかも知れません」

Someone may know it. ''

 そうして、私達は、殆ど夜を徹して、この激情的な事件について語り合いました。

So we spent most of the night talking about this passionate incident.

私のはただ、子供が怪談を好むような、恐いもの見たさの好奇心にすぎませんでしたが、河野の方は犯罪事件の探偵に、深い興味を持っているらしく、言葉の端々にも、彼の判断力の異常なる鋭さがほの見えるのでした。

I was just a curiosity of seeing scary things that children like ghost stories, but Kono seems to be deeply interested in detectives of criminal cases. But he could see the unusual sharpness of his judgment.

 考えて見れば、私達は事件の発見者であるばかりでなく、覗き眼鏡の影といい、今夜の出来事といい、又財布という確実な物的証拠まで手に入れて、警察の知らない色々な手がかりを握っている訳でした。

If you think about it, we are not only the discoverer of the incident, but also the shadow of the peeping glasses, the event of tonight, and the solid physical evidence of the wallet. It was a translation that had a clue.

そのことが一層私達を興奮させたものです。

That made us more excited.

「愉快でしょうね。

“It ’s fun.

もしわれわれの手で犯人をつきとめることが出来たら」

If we can find the criminal with our hands. ''

 私は、覗き眼鏡という心配の種がなくなったので、いくらか調子づいた気味で、河野のお株を奪って、こんなこともいって見るのでした。

Since I no longer have the worry of looking into spectacles, I took some of Kono's stocks and looked at something like this.

十九

Nineteen

「じゃ、この財布は僕が預って置きましょう。

"Now let me keep this wallet.

そして、朝になったら早速番頭や女中に持主の心当たりを尋ねて見ましょう」

And in the morning, let's ask the owner and the maid about the owner's feelings immediately. ''

 そういい残して、河野が彼の部屋へ引取ったのは、もう殆ど夜あけに近い頃でした。

[It's a good time, Kono took over to his room when it was almost late at night.]

私としては、無論一切の探索を河野に任せて、ただその結果を聞けばいいのですから、彼が新しい報告を齎すまで、僅の時間でも寐て置こうと、話に夢中になって、寝衣のままふとんの上に坐っていたのを、元の様に枕について見ましたが、どうして一旦興奮してしまった頭は、睡ろうとすればするほど、冴え返って、その内にあたりは段々明るくなる、階下では女中共の掃除の音が聞え出す、とても寐られたものではありません。

As a matter of course, I can leave all the exploration to Kawano and just listen to the results, so I'm so enthusiastic about going to sleep for a short time until he makes a new report. I sat down on the futon and looked at the pillow like the original, but why did my head get excited once more, when I tried to sleep, it turned back, and the inside gradually increased It ’s not something that has been beaten, it ’s getting brighter and you can hear the cleaning sound of the maids downstairs.

 私はソワソワと起き上って、第一に、例の仕掛の取りつけてあった、窓の所へ行き、そこをあけて、何か人目につく様なレンズ装置の痕跡でも残っていはしないかと、朝の光でもう一度調べて見ました。

I got up with Soisawa, and first of all, I went to the window where the example device was attached, opened it, and there was something left behind in the lens device that could be noticed. I looked it up again in the morning light.

頭が疲れていたせいか、大丈夫だとは思いながら、ふと飛んでもない粗漏がある様な気がして、心配でたまらなかったのです。

I thought that it was all right because I was tired, but I felt like there was a rough leak that didn't fly, so I was anxious.

しかしそれは私の取越し苦労に過ぎないことが分りました。

However, I found that it was just a hard work for me.

ボール紙の筒を結びつけた針金さえ、一本残らず取去って、そこには何の痕跡も残ってはいないのです。

Even a wire with a cardboard tube is removed, leaving no traces.

 それで、すっかり安心した私は、今度は昨夜異様なる人物の佇んでいた場所へ目を移しました。

So, I was completely relieved, and this time I moved to the place where the stranger was standing last night.

二階の窓からでは、遠くてよくは分りませんけれど、河野のいった通り足跡などは残っていない様に見えます。

From the second floor window, it's far away, but it doesn't look good, but it looks like no footsteps are left.

「だが、ひょっとして、地面の柔かい部分があるかも知れない。

“But there may be a soft part of the ground.

そこに曲者の足跡がついていないとは限らない」

It doesn't have to be the footsteps of the composer. ''

 妙なもので、相手の河野が犯人の探偵に熱中しているのを見ると、私も彼にまけない気で、ふとその足跡を調べて見たくなったものです。

It was strange, and when I saw the opponent Kono being enthusiastic about the criminal detective, I felt like I couldn't help him, and suddenly wanted to look at the footsteps.

それに一つは、夜来の心遣いと睡眠不足のためにズキズキ痛む頭を、屋外のすがすがしい空気にさらしたくもあって、私はそのまま、顔も洗わないで、階下の縁側から、裏庭へと立出で、散歩の体を装いながら、浴場の裏口の方へとあるいて行きました。

For one thing, I wanted to expose my throbbing head to the refreshing air outdoors due to nighttime consideration and lack of sleep. I went to the back door of the bathhouse while posing as a walk.

 しかし失望したことには、成る程、地面はすっかり堅くなっていて、たまに柔かな所があるかと思えば草が生えていたりして、明瞭な足跡などは一つも発見することは出来ないのでした。

However, to my disappointment, the ground was so hard that it seemed that the ground was so hard that it sometimes grew grassy and I could not find any clear footprints etc. .

でも、私はあきらめないで、猶も湖水の岸を伝いながら、庭のはずれを目ざして進んで行きました。

However, I didn't give up, and I went forward aiming at the edge of the garden while passing along the shore of the lake.

 すると、塀代りに庭を囲んでいる杉木立の中に、人影が見え、ハッと思う間に、それがこちらへ近づいて来ました。

Then, I saw a figure in the cedar tree surrounding the garden instead of a niece, and it came close to me while I was thinking.

早朝のことではあり、こんな要もない場所に人がいようとは、思いもかけなかったものですから、私はそこへ立すくみ、何かその男が昨夜の曲者ででもある様に、おずおずと相手の挙動を眺めたものです。

It was early in the morning and I didn't expect people to be in places where I didn't need this, so I stood there, and as if the guy was a composer last night, It is what looked at the behavior.