文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(771-824)/1770

 併しよく見れば、それは怪しい者ではなくて、湖畔亭の風呂焚男三造であることが分りました。

If you look closely, it turns out that it is not a suspicious person, but a bath lantern of Sanko Tei.

「お早うございます。

"Good morning.

エヘヘヘヘ」

Hehehehehe "

 彼は私の顔を見ると、愚な笑顔で挨拶をしました。

When he saw my face, he greeted with a stupid smile.

「ヤア、お早う」

"Yaah, come soon"

 私は言葉を返しながら、ふと「この男が何か知っているかも知れない」という気がしたものですから、そのまま立去ろうとする三造を呼び止めて、何気なく話しかけました。

I returned with words and suddenly felt that "this man might know something", so I stopped calling on Sanzo trying to leave and talked casually.

「湯が立たないので、ひまだろう。

“Since the hot water does n’t stand, let ’s do it.

しかし大変なことになったものだね」

But that was a tough thing. ''

「ヘエ、困ったことで」

"Hey, in trouble"

「君はちっとも気がつかなかったのかい、人殺しを」

"Did you not notice at all, murder?"

「ヘエ、一向に」

"Hey, all in one"

「一昨日の晩、湯殿の中で何か物音でもしなかったのかい。

“Did you make any noise in the bath the night before yesterday?

焚場とは壁一重だし、中を覗ける様な隙間も拵えてある位だから、何か気がつきそうなものだね」

`` The place is a single wall, and there is a gap that allows you to peek inside, so it seems something you will notice. ''

「ヘエ、ついうっかりしておりましたので」

“Hey, I was disappointed.”

 三造はかかり合いになることを恐れるものの様に、きのうから何を問われても、一つとしてハッキリした返事をしないのです。

三 Sanzo does not give a clear answer as one, no matter what you asked yesterday, like someone who fears getting involved.

思いなしか、私には彼が何事かをかくしている様にも見えます。

To my heart, it seems to me that he is doing something.

「君はいつもどこで寝ているの」

"Where are you always sleeping"

 私はふとある事を思いついて、こんな風に問いかけて見ました。

I came up with something suddenly and asked it like this.

「へえ、そこの焚き場の側の、三畳の部屋なんで」

"Hey, why is the room of the tatami mat on the side of that yard?"

 彼が指さすのを見ますと、浴場の建物の裏側に、焚き場の石炭などを積み上げた薄暗い土間があって、その隣に障子も何もない、まるで乞食小屋の様な畳敷きの所が見えます。

When I look at him, on the back of the bathhouse building, there is a dimly lit pile of firewood coal, and there is no shoji next to it, a place like a beggar hut. I can see.

「昨夜もあすこで寝たんだね」

“I slept in Asuko last night.”

「ヘエ」

"Hey"

「じゃ、夜なかの二時頃に何か変ったことはなかったかい。

"Then, hasn't anything changed around two o'clock in the night?

僕は妙な音がした様に思うのだが」

I think it sounds strange. ''

「ヘエ、別に」

"Hey, separate"

「眼を覚さなかったの」

"I didn't wake up"

「ヘエ」

"Hey"

 彼のいう所が本当だとすると、あの曲者追跡の騒ぎも、この愚者の夢を破らなかったと見えます。

Suppose he is true, it seems that the pursuit of the musician did not break this fool's dream.

 最早や尋ねて見ることもなくなったのですけれど、私は何となくその場を去り難い気持で、三造の姿をジロジロと眺めていました。

I no longer asked and looked at it, but I had somehow felt that it was difficult to leave, and I was watching Giziroro's appearance.

不思議なことには、相手の三造の方でも、何かモジモジしながら、そこに突立っているのです。

Strangely, the other party's Sanzo also stands out there while doing some stuffiness.

 彼は、襟に「湖畔亭」と染抜いた、古ぼけた半纒を着て、膝の所のダブダブになったメリヤスの股引をはいているのですが、そのみすぼらしい風体に似げなく、顔を綺麗に剃っているのが、妙に私の注意をひきました。

He wears an old pendant with “Kokotei” printed on his collar and wears a crotch of knitted hair that has become a dubbed dub at the knee. Shaving it neatly attracted my attention strangely.

この男でも髭を剃ることがあるのだな。

Even this guy can shave his beard.

私はふとそんなことを考えていました。

I suddenly thought about that.

彼は愚者にも拘らず、そうしておめかしをすれば、のっぺりとした好い男でした。

Despite the fool, he was a nice and laid-back man if he did so.

狭い富士額が、一寸気にはなりましたけれど。

The small amount of Fuji was a bit of a concern.

二十

twenty

 どういう訳か、それから私は、彼の手首に目をやりました。

Somehow, then I looked at his wrist.

しかし、そこには別に傷痕などはありません。

However, there are no other scars.

私は事件以来、妙に人の手首に注意する様になっていたのです。

Since the incident, I have become strangely aware of human wrists.

その癖が出たのでしょう。

That trap would have come out.

無論この愚ものの三造を疑う気持があった訳ではありません。

Of course, I didn't feel like suspicious of the three of the fools.

 ところが、そうして相手を眺めている内に、私はふとこんなことを考えました。

However, while I was looking at the other party, I suddenly thought about this.

「昨日からたびたび聞かれても、この男は何も知らないといっているけれど、それは尋ね方が悪いのではなかろうか、尋ねる人は誰も時間をいわない。

“Even if asked frequently since yesterday, this man says that he doesn't know anything, but it doesn't matter if he asks, no one asks.

殺人の行われた時間をいわないで、ただ何か物音がしなかったかと聞いている。

I don't know the time when the murder took place, I just asked if there was any noise.

それでは答えの仕様もない訳だ。

Then there is no answer specification.

もし時間さえハッキリ示し得たならば、この男は、もっと別な答えをすることが出来るのではないだろうか」

If this time is clear, this man could give a different answer. ''

 そこで、私は思い切って、三造にだけ時間の秘密を打ちあけて見ることにしました。

So, I decided to take a plunge and look at the secret of time only for Sanzo.

「人殺しがあったのは、一昨日の夜の十時半頃ではないかと思うのだよ」私は声を低めていいました。

“I think there was a murder around 10:30 the night before yesterday,” I said with a low voice.

「というのはね、丁度その頃、僕は湯殿の方で変な叫声の様なものを聞いたのだよ。

“That ’s why I just heard something like a strange scream at Yudono.

君は気がつかなかったかい」

Did you not notice it? "

「ヘエ、十時半頃」すると三造は何か思い当った様に、いくらか、表情をハッキリさせて、「十時半といえば、ああそうかも知れない。

“Hey, about half past ten,” Sanzo made something clear, just like he thought of something, “Speaking about half past ten, it might be right.

旦那、丁度その時分、私は湯殿にいなかったでございますよ。

Husband, I wasn't in the hot water just that time.

台所の方で夜食を頂いておりましたですよ」

I had a late night meal in the kitchen. ''

 聞けば、彼は仕事の性質上、就寝時間が遅くなるので、従って食事も他の雇人達よりは、ずっとおくれて、泊り客の入浴が一順すんだ頃を見はからって、とることになっているのだそうです。

If you ask him, his bedtime will be delayed due to the nature of his work. It seems to have become.