文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(825-875)/1770

「しかし、食事といったって、大した時間でもあるまいが、その僅の間に、あれだけの兇行を演じることが出来るだろうかね。

“But there isn't much time for a meal, but in the meantime, can you perform that kind of lameness?

もし君が注意していたなら、食事の前かあとかに、何か物音を聞いているはずだよ」

If you were careful, you should have heard some noise before or after the meal. ''

「ヘエ、それが一向に」

“Hey, that ’s all.”

「じゃね、君が台所へ行くすぐ前か、台所から帰ったあとかに、湯の中に人のいる様な気はいはなかったかい」

“Just, did you feel like there were people in the hot water just before you went to the kitchen or after you left the kitchen?”

「ヘエ、そういえば、台所から帰った時に、誰か入っている様でございましたよ」

“Hey, that's right, when you came home from the kitchen, someone was in there.”

「覗いて見なかったのだね」

"You didn't look into it"

「ヘエ」

"Hey"

「で、それはいつ頃だったろう、十時半頃ではないかね」

“So, when would it be, not around 10:30?”

「よくは分りませんですが、十時半よりはおそくだと思います」

“I do n’t know well, but I think it ’ll be late at 10:30.”

「どんな音がしていたの、湯を流す様な音だったの」

"What kind of sound it was, it was like a flowing hot water"

「ヘエ、馬鹿に湯を使っている様でございました。

“Hey, it seems like you're using hot water in a fool.

あんなにふんだんに湯を流すのは、うちの旦那の外にはありませんです」

It ’s not outside my husband that so much water is poured. ”

「じゃその時のはここの旦那だったのかい」

“Then it was my husband at that time”

「ヘエ、どうも、そうでもない様で」

“Hey, it ’s not like that.”

「そうでもないって、それがどうして分ったの」

“Why not, why did you know that?”

「咳払いの音が、どうも旦那らしくなかったので」

"The sound of coughing wasn't like my husband."

「じゃ、その声は君の知らない人のだったの」

"The voice was from someone you didn't know."

「ヘエ、いいえ、何だか河野の旦那の声の様に思いましたですが」

“Hey, no, I thought it was something like Kawano ’s voice.”

「エ、河野って、あの二十六番の部屋の河野さんかい」

“Eh, Kono is Mr. Kono in the 26th room”

「ヘエ」

"Hey"

「それは君、本当かい。

“Is that true?

大事な事だよ。

It ’s important.

確に河野さんの声だったのかい」

Was it really Mr. Kono's voice?

「ヘエ、そりゃもう、確でございます」

"Hey, you're sure"

 三造は、昂然として答えました。

Sanzo responded stunnedly.

しかし、私はこの愚ものの言葉を、俄に信用していいかどうか、判断に苦しまないではいられませんでした。

However, I could not help deciding whether or not to trust this fool's words.

初めの曖昧な調子に比べて、今の断定は少しく唐突の様に見えないでしょうか。

Compared to the vague tone at the beginning, does the current assertion look a bit abrupt?

そこで、私は更に質問をくり返して、三造の危げな記憶を確めようと試みましたが、どういう訳か、彼はその時の入浴者が河野であったことを、むやみに主張するばかりで、それについて何の確証もなく、結局私を満足させることは出来ないのでした。

So I tried to repeat the question and try to ascertain Sanzo's dangerous memory. So I couldn't satisfy me without any confirmation about it.

二十一

Twenty one

 私はこの事件について、最初から一つの疑問を抱いておりました。

I had a question about this incident from the beginning.

それが、今三造の告白を聞くに及んで一層深くなったのです。

That became deeper now when I heard Sanzo's confession.

仮令相手が愚ものの三造であるとはいえ、そこには風呂番専用の小さな出入口もあれば、客に湯加減を聞く覗き穴もあるのですから、もし彼が焚き場にいたとすれば必ず兇行を悟られたに相違なく、それを知りながらあの大がかりな殺人を(或は死体切断を)やるというのは、余りに無謀なことではないでしょうか。

Even though the temporary partner is a fool's three structure, there is a small entrance dedicated to the bath number, and there is also a peephole to ask the customer about the hot water, so if he is in the dock Isn't it too reckless to do that massive murder (or corpse amputation) while knowing it, even though he was aware of lameness?

 或は犯人は、予め三造の不在を確めて置いて兇行を演じたのかも知れません。

Or, the culprit may have performed lameness with the absence of Sanzo in advance.

しかしそれにしても、夜食をとっていたという僅の時間に、どうしてあれだけの大仕事が出来たのでしょう。

But even so, why did you do so much work in the short time that you had a midnight snack?

その点が何となく変ではありませんか。

Isn't that strange somehow?

それとも、三造が聞いた湯を使う音というのは、犯人が風呂番の帰っているのも知らずに、浴場のタタキの血潮を流していた音なのでしょうか。

Or is the sound of using hot water heard by Sanzoku without the fact that the culprit is returning from the bathing ban, and the sound of the blood of the bathing bath?

そんな途方もない、悪夢の様な出来事が本当にあったのでしょうか。

Was there really such a nightmare-like event?

しかも一層不思議なのは、三造によれば、その湯を流していた男が、河野らしいというのです。

What's even more strange is that according to Sanzo, the man who shed the water seems to be Kono.

では、非常に馬鹿馬鹿しい想像ですけれど、犯人は外ならぬ河野であって、彼は彼自身を探偵しようとしているのでしょうか。

So, it's a very ridiculous imagination, but the criminal is Kono who is not outside, and is he trying to detect himself?

考えれば考える程、この事件は、ますます不思議なものに見えて来ます。

The more you think, the more this mysterious thing looks like a strange thing.

 私はそこに佇んだまま、長い間、奇怪な物思いに耽っていました。

I stayed there for a long time with a strange thought.

「ここでしたか、さっきから捜していたのですよ」

"I was here, I was searching for it a while ago."

 その声に驚いて顔を上げますと、そこには、いつの間に立去ったのか、三造の姿はなくて、その代りに河野が立っていました。

】 I was surprised by the voice, and when I left, there was no figure of Sanzo, and Kono stood instead.

「こんな所で、何をしていらしたのです」

“What did you do here?”

 彼はジロジロと私の顔を眺めながら尋ねました。

He asked Girojiro while looking at my face.

「エエ、ゆうべの奴の足跡をさがしに来たのですよ。

“Eh, I came to look for the footsteps of Yube.

しかし何も残っていません。

But nothing remains.

それで、丁度ここに風呂焚の三造がいたものですから、あれに色々と聞いていた所なのです」

That's why there were just three bath tubs here, and that was where I was listening. "

「そうですか、何かいいましたか、あの男」

"Yes, did you like something, that guy?"

 河野は、三造と聞くと非常に興味を覚えたらしく、熱心に聞き返しました。

Kono was very interested in hearing Sanzo and listened eagerly.

「どうも曖昧でよく分らないのですが」

“It ’s vague and unclear”