文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(876-910)/1770

 そこで私は、態と河野に関する部分だけ省いて、三造との問答のあらましを繰返しました。

So, I repeated the questions and answers with Sanzo, omitting only the aspects related to the state and Kono.

「あいつおかしいですね。

“That ’s funny.

飛んだ食わせ者かも知れない。

It may be a frayed predator.

うっかり信用出来ませんよ」河野がいうのです。

"I can't trust you accidentally," says Kono.

「ところで、例の財布ですがね。

“By the way, this is an example wallet.

持主が分りました。

I understand the owner.

ここの家の主人のでした。

It was the master of the house here.

四五日前に紛失して、探していた所だということです。

It means that it was lost and searched for 45 days ago.

どこでなくなったのか、残念なことには、それをまるで覚えないそうですが、兎も角、女中や番頭などに聞いて見ても、主人の物には相違ない様です」

To my regret, I don't remember where it was gone, but even if I listened to my niece, horn, maid, or the head, it seems that it is no different from the master's thing. ''

「じゃ、それをゆうべの奴が盗んでいた訳ですね」

"Then, it was a reason that everyone was stealing it."

「まあそうでしょうね」

"Well so"

「そうして、それがあのトランクの男と同一人物なのでしょうか」

"So is that the same man as that trunk man?"

「サア、もしそうだとすると、一度逃げ出したあの男が、なぜゆうべここへ立戻ったか、……どうしてそんな必要があったのか、まるで分らなくなりますね」

"Saa, if that seems to be the case, then you'll never know why the man who had fled once returned to here, or why he needed it."

 そうして、私達は又、暫く議論を戦わしたことですが、事件は、一つの発見がある毎に、却てますます複雑に、不可解になって行くばかりで、少しも解決の曙光は見えないのでありました。

So, we also fought for a while, but every time there is a discovery, the incident is getting more and more complicated and incomprehensible. I couldn't see it.

二十二

twenty-two

 私はとうとう殺人事件の渦中に巻き込まれた形でした。

I was finally involved in the murder of a murder.

眼鏡の装置を取はずすまでは、予定の滞在期間など構わずに早くこのいまわしい場所を逃げ出したいと思っていたのですが、さて、その装置もなくなり、我身の心配が取のぞかれてしまうと、今度は持前の好奇心が勃然として湧き上り、河野と共に、私達だけの材料によって、犯人の捜索をやって見ようという、大それた願いをすら起すのでした。

Until I took off my eyeglass device, I wanted to get away from this confusing place as soon as possible, regardless of the length of my stay, but now that device is gone and my concern is overlooked. This time, the curiosity of his own nature erupted, and together with Kono, he made even a great desire to search for the criminal using our own materials.

 その頃には、近くの裁判所からかかりの役人達も出張し、浴場のしみが人間の血液に相違ないことも分り、Y町の警察署ではもう大騒ぎを演じていたのですが、捜索の仕事は、その大がかりな割には、一向に進捗せず、河野の知り合いの村の巡査の話を聞いて見ても、素人の私達でさえ歯痒くなるほどでありました。

At that time, officials from nearby courts also made business trips, and it was found that the bathing spots were no different from human blood. However, even though we were amateurs, even if we listened to the story of a police officer in Kono's acquaintance village, we couldn't make any progress.

その警察の無力ということが、一つは私をおだてたのです。

One of the powerlessness of the police was me.

そして、もう一つは、河野の熱心な探偵ぶりが少からず私の好奇心を刺戟したのは申すまでもありません。

And secondly, it goes without saying that Kono's enthusiastic detectives did not detract from my curiosity.

 私は部屋へ帰って、今風呂番三造から聞き込んだ事実について色々と考えて見ました。

I went back to my room and thought about the facts I just heard from Bath Bansanzo.

三造が食事から帰った時、浴場の中に何者かがいたことは間違いないらしく思われます。

It seems undoubtedly that someone was in the bath when Sanzo returned from the meal.

そして、その男が犯罪に関係のあることは、時間の点から考えて、殆ど確実であります。

And it is almost certain that the man is related to crime, considering time.

ところが、三造によれば、それが私と一しょに素人探偵を気取っている、あの河野であったらしいというのです。

However, according to Sanzo, it seems that it was that Kono who was feeling an amateur detective with me.

「では、河野が人殺しの本人なのだろうか」

"Then, is Kono the murderer?"

 ふと、私はいうにいわれぬ恐怖を感じました。

Suddenly, I felt a frightening fear.

もし浴場にあの様に多量の血潮が流れていず、或は流れていても、それが絵の具だとか他の動物の血液だとかであったならば、河野の風変りな性質と考え合せて、彼のいたずらだとも想像出来るのでしょうが、不幸にして血痕は明かに人間の血液に相違ないことが判明し、その分量も、拭き取った痕跡から推して、被害者の生命を奪うに十分なものだということが分っているのですから、その時浴場にいたのが河野に間違いないとすると、彼こそ恐るべき犯罪者なのであります。

If a lot of blood isn't flowing in the bathhouse, or if it's flowing, but it's a paint or blood from another animal, You can imagine that it is a mischievous, but unfortunately it turns out that blood stains are clearly different from human blood, and the amount is also enough to take the victim's life, guessing from the wiped traces I know that Kono has no doubt that he was in the bath at that time, and he is a terrible criminal.

 でも、河野は何ゆえに長吉を殺したのでしょう。

But why did Kono kill Nagayoshi?

又、その死体をいかに処分することが出来たのでしょう。

And how could the corpse be disposed of?

それらの点を考えると、まさか彼が犯人だとは想像出来ません。

Given these points, I can't imagine that he was the criminal.

第一先夜の怪しい人影だけでも、彼の無罪を証拠立てるに十分ではないでしょうか。

Isn't the first night's suspicious figure alone enough to prove his innocence?

それに、普通の人間だったら、殺人罪を犯した上、のめのめと現場に止まって、探偵の真似なんか出来るはずがないのです。

Besides, if you are a normal human being, you can't do a detective imitation by committing a murder crime and stopping at the spot.

 三造はただ咳払いの音を聞いて、それが河野であったと主張するのですが、人間の耳には随分聞き違いということもあり、まして、聞いた人が愚ものの三造ですから、これは無論何かの間違いでありましょう。

Sanzo just listens to the sound of coughing and insists that it was Kono, but the human ear can be quite misunderstood. Of course, it must be something wrong.

しかし、その時浴場に何者かがいたことだけは、事実らしく思われます。

However, it seems that only someone was at the bath at that time.

三造は「あんなに湯を使う人はここの檀那の外にありません」といっています。

Sanzo says, "There are no people who use hot water outside here."