文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(911-958)/1770

では、それは河野ではなくて湖畔亭の主人だったのではありますまいか。

Isn't it the master of Kohantei, not Kono?

 考えて見れば、あの影の男が落して行った財布も、その主人の持物でありました。

If you think about it, the wallet that the shadow man dropped was also the possession of the master.

尤も召使達が、主人の財布の紛失したことを知っていた位ですから、影の男と主人とが同一人物だと想像するのは無理でしょうけれど、三造の言葉といい、彼の一くせありげな人柄といい、そこに、何とやら疑わしい影がないでもありません。

However, since the servants knew that the master's wallet was lost, it would be impossible to imagine that the shadow man and the master are the same person, but it is said that Sanzo's words are all about him. It's a good personality, and there is no doubtful shadow there.

 しかし、何といっても最も怪しいのは例のトランクの紳士です。

However, the most suspicious thing is the gentleman of the trunk.

死体の処分……二つの大トランク、……そこに恐しい疑いが伏在します。

Disposition of the corpse ... two large trunks ... there are terrible doubts.

では、三造の聞いた人のけはいは、河野でも、宿の主人でもなくて、やっぱりトランクの男だったのでありましょうか。

So, isn't the person who Sanzo heard that he was a man in the trunk, not Kono or the innkeeper?

 そのトランクの紳士については、警察の方でも唯一の嫌疑者として、手を尽くして調べたのですけれど、深夜湖畔亭の玄関を出てから、彼等がどの様な変装をして、どこをどう逃げたものやら、少しも分らないのです。

As for the gentleman of the trunk, as the only suspect in the police, I did my best to investigate, but after leaving the door of late night Kohantei, what kind of disguise they did, where I don't know how I escaped.

トランクを下げた洋服男を見たものは、一人としてないのです。

No one has ever seen a man with a trunk down.

彼等はすでに遠くへ逃げのびたのでしょうか。

Have they already fled far away?

それとも、まだこの山中のどこかに潜伏しているのでしょうか。

Or is it still hidden somewhere in this mountain?

先夜の怪しい人影などから想像しますと、或は潜伏している方が本当かも知れません。

If you imagine from the suspicious figures of the last night, you might be true if you are hiding.

何かこう、えたいの知れぬ怖さです。

It ’s an unknown scary thing.

どこかの隅に(ごく間近な所かも知れません)人殺しの極悪人がモゾモゾしているのです。

There is a murderous villain in a corner (maybe very close).

二十三

twenty three

 その夕方のことでした。

It was that evening.

私はふと思いついて、ふもとの町から蔦屋の〆治という芸者を呼びました。

I suddenly came up and called a geisha from the base town of Tsujiya Koji.

別段三味線の音が聞きたかった訳でも、〆治という女に興味を持った訳でもありませんが、女中などの話によると、彼女が死んだ長吉と一番の仲よしであったという所から、少し長吉の身状について尋ねて見ようと考えたのです。

I didn't want to hear the sound of the shamisen, nor did I get interested in a woman named Eiji, but according to the story of a maid, she was the best friend of Nagayoshi where she died, I wanted to ask and see about Nagayoshi's personality.

「暫くでしたわね」

"It was a while"

 一度以前に呼んだことのあるのを覚えていて、年増芸者の〆治は、親げな笑顔で、無造作な口を利きました。

覚 え I remember that I had called it before, and the old-time performer, Koji, used a friendly smile and a clever mouth.

私の目的にとっては、それが何よりの幸でした。

For my purposes, that was the happiest thing.

「三味線なんかそちらへかたづけて置いて、くつろいで、今日は御飯でもたべながら話そうじゃないか」

“Let's talk about the shamisen and leave it, relax and eat today.”

 私は早速そんな風に切り出しました。

I cut it out like that.

それを聞くと〆治は一寸笑顔を引込ませて、不審らしい表情を浮かべましたが、やがて、およそ私の目的を察したらしく、今度は別種の笑顔になって、遠慮なくちゃぶ台の向う側に坐るのでした。

When I listened to it, Aji brought a smile and a suspicious expression, but eventually I thought about my purpose, this time it became a different kind of smile and I sat on the other side of the table without hesitation. did.

「長吉さん、ほんとうに可哀相なことしましたわ。

“Nagakichi, you were really sad.

あたしとはそりゃ仲よしでしたの。

That was my friendship.

あの湯殿の血の痕は、こちらと河野さんとで、見つけなすったのですってね。

You and Kono-san have found the blood traces in that bath hall.

あたし、気味が悪くて、とても見られませんでしたわ」

I was so weird that I couldn't see it very much. ''

 彼女自身も私と同じ様に、殺人事件について話したい様子でした。

«She seemed to want to talk about the murder case, just like me.

彼女は被害者の朋輩であり、私は事件の発見者なのです。

She is a victim and I am a discoverer of the incident.

私はそうして彼女と杯のやり取りをしている間に、何の不自然もなく、当初の目的を達することが出来ました。

I was able to achieve my original goal without any unnaturalness while having a cup of conversation with her.

「君は嫌疑者の、トランクを持っていた二人づれの男を知っているだろう。

“You know the accused, two men who had trunks.

あの客と長吉とはどんな関係だったかしら」

What kind of relationship was that customer and Nagayoshi? ''

 頃を見て私はそんな風に要点に入って行きました。

At that time, I entered the main point like that.

「あの十一番さんは、長吉さんに極ってましたわ。

“That Ichiban-san was the best at Nagayoshi-san.

しょっちゅう呼ばれてた様ですの」

It seems that he was called all the time. "

「泊って行ったことなんかは」

"What I have stayed at"

「それは一度もないんですって。

“It ’s never been.

私は長吉さんの口から、よくあの人達の噂を聞きましたが、殺される様な深い関係なんて、ちっともありはしないのです。

I often heard rumors about them from Mr. Nagayoshi's mouth, but there is no such deep relationship as to be killed.

第一あの人達はここへは始めての客で、それに来てから一週間になるかならないでしょう。

The first people are the first customers here, and it will be a week since they came.

そんな関係の出来よう道理がありませんわ」

There's no reason to make that relationship. ''

「僕は一寸顔を見た切りだが、どんな風な男だろうね、あの二人は。

"I looked at the face, but what kind of guys are they?

何か長吉から聞いたことはないの」

I've never heard of anything from Nagayoshi. ''

「別にこれといって、まああたりまえのお客さまですわね。

“Aside from this, it ’s a natural customer.

でも大変なお金持らしいということでした。

But it seemed to be very rich.

きっと財布でも見たのでしょう。

You must have seen it in your wallet.

お金がザクザクあるって、長吉さんびっくりしてましたわ」

Mr. Nagayoshi was surprised that there was a lot of money. "

「ホウ、そんな金持だったのか。

"Hou, was that rich?

それにしては、大して贅沢な遊びもしていなかった様だが」

It seems that it wasn't a very luxurious play for it. ''