文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(959-999)/1770

「そうですわね。

"That's right.

いつも長吉さん一人切りで、それに、三味線も弾かせないで、陰気らしく、お話ばかりしていたのですって。

I always talked with Mr. Nagayoshi alone, and I couldn't play the shamisen.

毎日部屋にとじ籠っていて、散歩一つしない変なお客だって、番頭さんがいってましたわ」

There was a stranger who stayed in the room every day and didn't take a walk.

 トランクの紳士については、それ以上別段の話もありませんでした。

There was no more talk about the gentleman of the trunk.

そこで私は今度は、長吉自身の身の上に、話頭を転じて行きました。

So this time, I turned my head over Nagayoshi himself.

「どうせ、長吉には、いい人というのがあったのだろうね」

“Anyway, there was a good person in Nagayoshi.”

「エエ、それですわ」〆治は目で笑って「長吉さんという人は、至って黙り屋さんで、それにこちらへ来てから日が浅いので、あたしにしたって、あの人の心の中なんて、まるで分りゃしません。

“Eh, that ’s it.” Eiji laughed with his eyes. “A man named Mr. Nagayoshi was a silent man, and since he came here, it ’s been so short. I do n’t know.

どっかこう、うちとけない所があるんですの。

There is a place where I can't get away.

損なたちね。

It's a loss.

ですから深いことは分らないけれど、あたしの見た所じゃ、そんないい人なんてなかった様ですわ。

That's why I don't know anything deep, but in my view, there seems to be no such good person.

こんな商売にも似合わない、まるで堅気の娘さんの様な子でしたわ」

I didn't look good in this kind of business, it was like a solid daughter. ''

「極った旦那という様なものは」

"What is the ultimate husband?"

「まるでこの間の刑事さん見たいね」〆治は大業に笑いながら「それはありましたわ。

“I want to see a criminal during this time,” says Tsuji.

松村さんていうの。

Mr. Matsumura.

この近くの山持の息子さんで、それや大変なのぼせ様でした。

It was a nearby son of Yamamochi, and it was a serious hot flash.

いいえ、その息子さんの方がよ。

No, my son is better.

でね、この頃長吉さんをひかしてやるなんて話しまで持上っていたのですが。

I was talking about talking about Nagayoshi at that time.

それを長吉さんの方では、又ひどく嫌って、どうしてもウンとはいわなかったのですよ」

Nagayoshi-san hated it too much and didn't say it.

「そんなことがあったのかい」

"Is there such a thing?"

「エエ、あの晩にも、長吉さんの殺された晩ね。

“Eh, that night, Nagayoshi-san was killed.

二階の大一座のお客様の中に、その松村さんがいて、平常はおとなしい人なんですが、お酒が悪くって、皆の前で長吉さんをひどい目に合せたりしたのです」

`` Mr. Matsumura is one of the guests on the second floor, and he is a quiet person, but his alcohol was bad and he met Nagayoshi in front of everyone. ''

「ひどい目って」

"Terrible eyes"

「そりゃもう、田舎の人は乱暴ですからね。

"That's because people in the countryside are violent.

ぶったり叩いたりしましたの」

I hit or hit it. ''

「まさかその人が」私は常談の様にいいました。

“That ’s the person,” I said as usual.

「長吉を殺したんではあるまいね」

"It doesn't matter if you kill Nagayoshi."

「まあ、びっくりするじゃありませんか」私のいい様が悪かったのか、〆治はひどくおじた様で、「それは大丈夫ですわ、あたし刑事さんにもいいましたの、松村さんは宴会のおしまいまで、一度も席をはずしたことはなかったのです。

"Well, aren't you surprised?" Whether my good was bad, Osamu said, "That's okay, I told my detective, Matsumura-san until the end of the banquet. I never missed a seat.

それから、帰りには、あたしと同じ車に乗っていたのですから、疑う所はありませんわ」

And on the way home, I was in the same car as me, so I have no doubts. ''

 私が〆治から聞き得た所は、大体以上に尽きております。

There are more than I can hear from Osamu.

かくして、私は又もや、一人の疑わしき人物を発見したのです。

Thus, I found another suspicious person again.

松村という男は〆治の証言によれば、宴会の間に一度も座をはずさなかったというのですが、酒に乱れた大一座で、彼女とても多分酔っていたのでしょうから、〆治の言葉はそのまま信用していいかどうか、疑い出せば際限がないのです。

A man named Matsumura said he had never left his seat during the banquet, but she was so drunk that she was probably drunk, If you question whether you can trust it as it is, there is no limit.

 食事を済して、〆治を帰してしまうと、私は荒されたちゃぶ台を前に、ボンヤリと坐っていました。

After finishing the meal and returning to Osamu, I sat down in front of the roughed table.

脳裏には、トランクの男を初めとして、河野に追われた影の男、湖畔亭の主人、今聞いた松村青年、はてはあの河野の姿までが、走馬燈の様に浮かんでは消えるのです。

In the back, the man of the trunk, the shadow man chased by Kono, the master of Kohan Tei, the youth of Matsumura you just heard, and the appearance of that Kono floats like a running horse and disappears. .

それらの人には、無論これという証拠がある訳ではないのですが、それぞれ何となく疑わしく、妙に不気味に感じられるのでありました。

Of course, there is no evidence of this for them, but they seemed somewhat suspicious and strangely eerie.

二十四

Twenty-four

 さて、その夜のことでした。

Well, that night.

一時出入を禁じられていた問題の浴場は、客商売にさわるからという湖畔亭の主人の歎願が容れられて、丁度その日から湯が立つことになったのですが、〆治を帰してから、しばらく物思いに耽っていた私は、もう九時頃でもあったでしょうか、久しぶりでその浴場へ入って見る気になりました。

The bathhouse in question, which was forbidden for temporary access, was filled with a petition by the owner of Kohan Tei because it touched customer business, and the hot water was set up from that day. I had been pondering for a while, and I thought it was about nine o'clock, or entered the bath after a long time.

 脱衣場の板の間の血痕は、綺麗に削りとられていましたが、その削り跡の白々と木肌の現れた様は、かえって妙に気味悪く、先夜の血なまぐさい出来事を、まざまざと思い起させるのでした。

The blood stains between the boards at the dressing room were cut off beautifully, but the appearance of the white and bark of the shavings was rather weird and reminiscent of the bloody events of the last night. did.

 客といっても、多くは殺人騒ぎにきもをつぶして、宿を立ってしまい、あとに残っているのは、河野と私の外に三人|連の男客だけです。

Even if it is called a guest, many of them killed the murderous noise, left the inn, and the only remaining ones are Kono and three outside of me.

例の覗き眼鏡の花であった都の娘さんの一家などは、事件の翌日、匆々出立してしまいました。

The family of daughters in the city, which were the flowers of the peeping glasses of the example, were often left the day after the incident.

そんなに客が少い上、多人数の傭人達はまだ入浴していないのですから、浴槽は綺麗に澄んで、その中に体を投げ出していますと、足の爪までも、一つ一つ見分けられるのです。

There are so few customers, and a large number of people have not taken a bath yet, so the bathtub is clean and the body is thrown into it, and even the toenails can be distinguished one by one It is.