文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1000-1041)/1770

 男女の区別こそありませんが、都会の銭湯にしてもよいほど、広々とした浴槽、ガランとした洗い場、高い天井、その中央に白々と下った電燈、全体の様子が、夏ながら異様にうそ寒げで、ふとそこのたたきに、人体切断の光景など見える様な気もするのでした。

There is no distinction between men and women, but enough to make a public bath in the city, a spacious bathtub, a galling washing place, a high ceiling, a white electric lamp in the center, and the whole appearance lie cold in summer I felt like I could see the scene of the human body being cut off.

 私はさびしきまま、先日来|顔馴染の三造が、壁一重向うの焚き場にいることを思い出して、例の小さな覗き穴のふたをあけて彼の姿をさがしました。

】 I'm lonely, the other day | Recalling that the three-faced face-maker is in the front of the wall, I looked for him with a small peephole lid.

「三造さん」

"Sanzo-san"

 声をかけると、

Talk to me

「ヘイ」

"Hey"

 と答えて、大きな焚き口の一角から、彼のボンヤリした顔が現れました。

And his face was revealed from one corner of the big mouth.

それが、石炭の強い火気に照し出されて、赤黒く光っているのが、これもまた異様な感じのものでありました。

It was also a strange feeling that it was shining red and black in the strong fire of coal.

「いい湯だね」

"It's a nice hot spring"

「エヘヘヘヘヘヘ」

"Ehehehehehehehe"

 三造は暗い所で、愚ものらしく笑いました。

Sanzo laughed like a fool in a dark place.

 私は変な気持になって、穴のふたをとじ、そこそこに浴槽を出ると、洗い場に立って体を拭き初めました。

】 I felt strange, closed the hole, got out of the bathtub and started standing in the washing area and wiping my body.

ふと気づくと、目の前の窓の擦りガラスが少しばかり開いて、先夜曲者の逃げ込んだという深い森の一端が見え、その真暗な所に、ただ一点白く光ったものがチラチラと動いていました。

When I suddenly noticed, the rubbing glass in the window in front of me opened up a little, and I saw a deep forest end that the musician escaped last night. It was.

 何かの見違いではないかと、暫く拭く手を休めて、じっと見ている内に、今度は少し位置を換て、又チラチラと光るのです。

¡While resting your hands for a while and wondering if it is a mistake, you change the position a little while shining again.

その様子がどうやら、何者かが森の中を、さまよっている様に思われるのでした。

Apparently, it seems that someone is wandering in the forest.

 そうした際のことですから、私は直に先夜の曲者を聯想しました。

】 Because of that, I immediately pondered the musician last night.

もしあの男の正体を明かにすることが出来たなら、すべての疑問は氷解する訳です。

If you can reveal the identity of that man, all the questions will be solved.

私は湧き上る好奇心を押えかねて、大急ぎで着物を着ると、迂回して庭から森の方へと進みました。

I couldn't hold up the curiosity, and when I wore a kimono in a hurry, I went around from the garden to the forest.

途中河野のところへ寄って見ましたけれどどこへ行ったのか、彼の部屋はからっぽでした。

I stopped by Kono on the way, but his room was empty where I went.

 星もない暗夜です。

It ’s a dark night without stars.

その中を、幽に明滅する光るものをたよりに、探り足に進むのです。

In it, I will go on a search foot, using something that flashes in a ghostly manner.

臆病者の私に、よくあの様な大胆な真似が出来たと、あとになっては不思議に思う程でしたが、その時は、私は一種の功名心で殆ど夢中だったのです。

When I was a coward, I often wondered if I could do such a bold imitation, but at that time I was almost crazy about a kind of merit.

といって、曲者を捉えようなどと、考えた訳ではありません。

However, I didn't think about catching the composer.

ただ危険のない程度で、彼に近づいて、その正体を見極める積りでした。

It was just a riskless approach, approaching him and identifying its identity.

 先にもいった通り、湖畔亭の庭を出ると、すぐに森の入口でした。

As I said before, when I left the lakeside garden, it was the entrance to the forest.

私は大木の幹から幹へと身を隠しながら、恐る恐る、光りの方へ近づいて行きました。

I hid from the trunk of a large tree to the trunk and approached the terrifying and light.

 暫く行くと、案の定おぼろに人の姿が見えて来ました。

After a while, I was able to see the person in a tentative way.

彼は懐中電燈を照しながら、熱心に地上を見廻っているらしく思われます。

He seems to be eagerly looking around the ground while flashing his flashlight.

何かこう、探し物でもしている形です。

Something like this, looking for something.

しかしそれが何者であるか、まだ遠くてよくは分りません。

But it's still far away and I don't know who it is.

 私は更に勇気をふるって、男の方へ近づいて行きました。

】 I approached the man with more courage.

幸、樹の幹が重なり合っている為、音さえ立てねば気づかれる心配はないのです。

Fortunately, because the trunks of the trees overlap, there is no worry of being noticed unless you make a sound.

 やがて私は相手の着物の縞柄から、顔形まで、ボンヤリと見える程に、間近く忍びよりました。

Soon I was sneaking up so close that I could see everything from the striped pattern of the opponent's kimono to the face shape.

二十五

twenty five

 怪しげな男は、老人の様に背をかがめて小さな懐中電燈をたよりに、何を探すのか叢を歩き廻っていました。

The dubious man was walking around the flora of what he was looking for, leaning back like an old man and looking at a small flashlight.

電燈の位置によって、彼は真っ黒な影法師になったり、白っぽい幽霊に見えたりします。

Depending on the position of the electric light, he can become a black shadowman or look like a whitish ghost.

そして、ふと電燈を持ち換る時などには、あたりの木の枝が、不気味な生きものの様に、ゆらめき、時としては、私自身が燈光の直射にあって、思わず樹幹に身を隠すこともありました。

And when you suddenly change the light bulb, the branches of the trees flicker like an eerie creature, and sometimes I am in direct sunlight and hide myself in the trunk. There was also.

 しかし、何をいうにも、豆の様な懐中電燈の光で、しかも彼自身それをふりかざしているのですから、その姿を見極めることは、非常に困難でありました。

However, in any case, it was very difficult to determine the appearance of the light because of the flashlight light like a bean.

私は絶対安全の地位を選んで、丁度敵に近づいた兵士達が、地物から地物へと、身を隠して行く様に、木の幹を縫って、少しずつ少しずつ進みました。

I chose an absolute safety position, and sewed the trunk of the tree and proceeded little by little, just as soldiers approaching the enemy were hiding themselves from feature to feature.

 この夜ふけに、森の中で探し物というのも変ですし、それが一向この辺で見かけた事のない都会風な男であるのも合点が行きません。

In this night dawn, it is strange to look for things in the forest, and it is impossible to see that it is an urban man who has never been seen in this area.

私は当然、先夜のあやしい男、河野が追跡して見失った男を思い浮べました。

Naturally, I thought of a dumb man from last night, a man that Kono chased and lost sight of.

あれとこれとが同一人物ではないかと考えたのです。

I thought that was the same person.

 しかし、どうしてもその顔形を見極めることが出来ません。

However, the face shape cannot be determined by any means.