文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1042-1094)/1770

殆ど一間ばかりの所まで近づいていながら、暗の中のことですから、もどかしくも、それが叶わないのです。

It's in the dark while approaching almost an interval, so it's frustrating but it doesn't come true.

その晩は、ひどい風で、森全体がざわめいていましたので、少し位物音を立てても聞える気づかいはなく、そのためか相手は少しも私を悟らず、探し物に夢中になっています。

That night was a terrible breeze and the whole forest was awkward, so I couldn't hear it even if I made a little noise, so the other party didn't realize me and was crazy about what I was looking for.

 永い時間でした。

It was a long time.

右往左往する懐中電燈の光をたよりに、私は根気よく男の行動を見守っていました。

I watched the man's behavior patiently, with the flashlight going all the way.

すると、いくら探しても目的の品物が見つからぬらしく、男はついにあきらめて、背を伸すと、いきなり懐中電燈を消して、ガサガサとどこかへ立去る気勢です。

Then, no matter how much you look for, you can't find the item you want. The man finally gives up, and when he stretches his back, he suddenly turns off the flashlight and moves away.

見失ってはならぬと、私はすぐ様彼のあとをつけ始めました。

If I didn't lose sight, I immediately started following him.

つけるといっても、暗闇のことで、僅に草を踏む跫音によって相手の処在を察する外はなく、それが今いうひどい風の音だものですから、なかなかうまく聞き取れず、怖さは怖し、物慣れぬ私にはどうしていいか分らないのです。

Although it is dark, it is the darkness, there is no other way to sense the whereabouts of the other party by a roaring grass, and it is the sound of the terrible wind now, so it can not be heard well, the fear is afraid, things I don't know what to do for me.

そして、まごまごしている内に、幽な跫音も聞えぬ様になり、私は遂に、その闇の中へ、たった一人でとり残されてしまいました。

And while I was playing, I couldn't hear the ghostly roar, and I was finally left alone in the darkness.

 ここまで漕ぎつけて、相手をとり逃しては、折角の苦心が水の泡です。

】 If you hit this far and miss the opponent, the pain of water is water bubbles.

まさか森の奥へと、逃げ込んだ訳ではないでしょう。

I don't think I escaped to the back of the forest.

彼奴は私に見られたことなど少しも気づいていないのですから、きっと街道筋へ出るに相違ありません。

He isn't aware of anything that I saw, so I'm sure he will be on the road.

そこへ気がつくと、私はやにわに、湖畔亭の前を通っている村道に駈つけました。

When I noticed it, I found a village road in front of Kohan-tei.

 山里のことですから、宿の外には燈火の洩れる家とてもなく、まっくらな街道には、人影もありません。

Because it is a mountain village, there are no houses that can be lit by fire outside the inn, and there are no people on the plain road.

遠くの方から、村の青年が吹き鳴しているのでしょう、下手な追分節の尺八が、それでも何とやら物悲しく、風の音にまじって聞えて来ます。

From a distant place, the village youth is screaming, and the shakuhachi of a poor divide is still sadly heard by the sound of the wind.

 私はその往還に佇んで、暫く森の方を眺めていましたが、そうして離れて見れば、怪物の様な巨木達が、風のために波打っている有様は、一層物凄く、ますます私に里心を起させるばかりで、さっきの異様の人物は、いつまで待っても出て来る様子がありません。

I waited for the return and looked at the forest for a while, but if I looked away, the monster-like giant trees were waving because of the wind, I'm just getting more frustrated and I don't see the strange guys just waiting to come out.

 十分もそうしていたでしょうか、もういよいよ駄目だとあきらめて、あきらめながら、でも何となく残り惜く、この間にもう一度河野の部屋を尋ねて、もし彼がいたら一緒に森の中を探して見ようと、大急ぎで、息せき切って宿の玄関へ駈込み、下駄を脱ぐのももどかしく、廊下を辷り彼の部屋に達するといきなりガラリと襖を開きました。

Probably did it enough, I finally gave up, gave up, but somehow left, I asked Kono's room again during this time, and if he was there, I tried to look in the forest together In a hurry, breathing into the inn's entrance and taking off the clogs was frustrating.

二十六

Twenty-six

「ヤア、お入りなさい」

"Yaah, please enter"

 仕合せと河野は帰っていて、私の顔を見ると、いつもの様に笑顔で迎えました。

Assortment and Kono are back, and when I look at my face, I greet me with a smile as usual.

「君、今森の中にね、又変な奴がいるのですよ。

"You are in the forest now, there is a strange guy again.

一寸出て見ませんか」

Would you like to see it a little longer? "

 私はあわただしく、しかし囁き声でいいました。

I was busy, but it was nice.

「この間の男でしょう」

“It ’s a man during this time.”

「そうかも知れません。

“That ’s right.

森の中で懐中電燈をつけて、何だか探していたのです」

I was looking for something with a flashlight in the woods. ''

「顔を見ましたか」

"Did you see your face?"

「どうしても分らないのです。

“I just do n’t know.

まだその辺にうろうろしているかも知れません。

You may still be walking around.

一寸出て見ませんか」

Would you like to see it a little longer? "

「君は前の街道の方へ出たのですか」

"Did you go to the previous highway?"

「そうです。

"That's right.

外に逃げ道はありませんからね」

There's no way out. "

「じゃ、今から行って見ても無駄でしょうよ。

"Now it's useless to go and see now.

曲者は街道の方へ逃げる筈はありませんから」

The composer is not willing to escape to the streets. "

 河野は意味あり気にいうのです。

Kono has a meaning and care.

「どうして分ります。

“Why do you know?

君は何か知っているのですね」

You know something. ''

 私は思わず不審を打ちました。

I was suspicious.

「エエ、実はある点まで範囲をせばめることが出来たのです。

“Eh, in fact, I was able to narrow the range to a certain point.

もう少しです。

A little more.

もう少しですっかり分ります」

I know a little more. ''

 河野はいかにも自信のある様な口調でいいます。

Kono has a very confident tone.

「範囲をせばめたというのは」

“It ’s a range fit”

「今度の事件の犯人は、決して外から来たものでないということです」

"The culprit of this incident is never from outside."

「というと、宿の人の中に犯人がいるとでも……」

“That ’s why there ’s a criminal in the inn…”

「まあそうですね。

“Well so.

宿の者だとすると、森から裏口へ廻ることが出来ますから、街道の方なんかへは逃げないと思うのです」

If you're an inn, you can go from the forest to the back door, so I don't think I'll run away on the road. "

「どうしてそんなことが分りました。

“Why did you know that?

それは一体誰です。

Who is it?

主人ですか、傭人ですか」

Are you a master or a servant? "

「もう少しですから待って下さい。

"Please wait a little longer.

僕は今朝からそのことで夢中になっていたのです。

I was crazy about that from this morning.

そして、大体目星をつけることが出来ました。

And I was able to get a general star.