文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1095-1140)/1770

だが、軽率に指名することは控えましょう。

However, refrain from appointing it casually.

もう少し待って下さい」

Please wait a little longer. "

 河野はいつになく思わせぶりな、妙な態度に出ました。

Kono came out with a strange and unusual attitude.

私は少からず不快を覚えましたけれど、それよりも好奇心が先に立ってなおも質問を続けるのでありました。

I felt a little uncomfortable, but I was still curious and continued to ask questions.

「宿の者というのは変ですね。

“The inn is strange.

僕も実はある人を、それが多分君の考えている人だろうと思いますが、一応疑って見たのですよ。

I actually thought of a certain person, maybe that you think, but I suspected it for the time being.

然しどうも分らない点があります。

However, there is a point I do not understand.

第一死体をどう処分したかが不明なのです」

It is unclear how the first corpse was disposed of. ''

「それです」河野も肯きながら「僕もその点だけがまだ分らないでいるのです」

“That ’s what Kono admits,“ I still do n’t know that point. ”

 言葉の調子では、彼もまた問題の財布の持主である所の、湖畔亭の主人を疑っている様子です。

In his words, he seems to be suspicious of the owner of the lakeside bower, who is also the owner of the wallet in question.

定めし彼は、私の知っている以上の確な証拠でも、握ったのでしょう。

He would have grasped more evidence than I knew.

「それに、例の手の甲の傷痕です。

“And the scars on the back of the hand.

僕は注意して見ているのですが、宿の人達にも、泊り客にも、誰の手にもそれがないのです」

I'm watching carefully, but it's not in the inns, the guests, or anyone else's hands. ''

「傷痕のことは、僕はある解釈をつけています。

“I have an interpretation of scars.

多分あたっていると思うのですが、でもまだハッキリしたことは分りません」

I think it's probably a win, but I still don't know it was clear. ''

「それから、トランクの男についてはどう考えます。

“And what do you think about the trunk man?

今の所誰よりもあの二人が疑わしくはないでしょうか。

Isn't that two people more suspicious than anyone so far?

長吉が彼等の部屋から逃げ出したことといい、トランクの男が長吉の所在を探し廻っていたことといい、彼等の不意の出立といい、そして二つの大型トランクというものがあります」

It is said that Nagayoshi escaped from their room, that the trunk man was searching around Nagayoshi's whereabouts, their unexpected departure, and two large trunks. ''

「いや、あれはどうも偶然の一致じゃないかと思いますよ。

“No, I think it ’s a coincidence.

僕は今朝その事に気づいたのですが、君が殺人の光景を見たのが十時三十五分頃でしたね。

I noticed that this morning, but it was around 10:35 that you saw the murder scene.

それから、階段の下で彼等にあった時まで、どの位時間が経過していたでしょう。

Then how much time had passed until the time they were under the stairs.

君の話しでは五分か十分の様ですが」

Your story seems like five minutes or enough. ''

「そうです。

"That's right.

長くて十分位でしょう」

It ’s long and enough ”

「ソレ、そこが間違いの元ですよ。

“Sole, that ’s the source of the mistake.

僕は念のために、彼等の出立した時間を番頭に聞いて見ましたが、番頭の答えもやはり同じことで、その間には五六分しかたっていないのです。

As a precaution, I asked them at the beginning of their time, but the answer at the beginning was the same, and there were only 56 minutes in between.

その僅の時間で、死体を処分して、トランクにつめるなんて芸当が出来るでしょうか。

Can you do tricks in such a short time to dispose of the corpse and put it in the trunk?

たとえトランクにつめないでも、人殺しをして、血のりを拭き取り、死体を隠し、出立の用意をする、それだけのことが五分や十分で出来る筈がありません。

Even if you don't pinch it in the trunk, you can kill yourself, wipe the blood, hide the corpse, and prepare to leave.

トランクの男を疑うなんて実に馬鹿馬鹿しいことですよ」

It's really ridiculous to doubt a trunk man. ''

 聞いて見れば、成程河野のいう通りです。

Listening to it, it's exactly what Naruno Kono says.

私はまあ、何という馬鹿馬鹿しい妄想を描いていたのでしょう。

Well, what a ridiculous delusion I was drawing.

警察の方では、私の錯覚なんか気がつきませんから、女中達の証言に照し合せて、てもなくトランクの男を疑ってしまった訳です。

The police don't realize my illusion, so I suspected the trunk man in the light of the testimony of the maids.

「長吉を追っかけたことなんか、芸者と酔客との間にはあり勝ちの出来事です。

“It was a win-win event between geisha and drunks that chased Nagayoshi.

妙な目で見るから事が間違うのです。

Things are wrong because they look with strange eyes.

不時の出立にしたって、彼等にどんな急用が出来たのか分りませんし、君と出くわして驚いたというのも、誰だってそういう不意の場合にはびっくりしようじゃありませんか」

`` I don't know what kind of urgent need they could have been when I was out of the office, and I was surprised to meet you and be surprised in such a surprise. ''

 河野は事もなげにいうのでした。

Kono said nothing.

 それから暫くの間、私達はその飛んでもない間違いについて語り合いました。

For a while, we talked about the mistake that wasn't flying.

私は余りの失策に、河野に対しても面目なく、馬鹿馬鹿しい、馬鹿馬鹿しいとくり返すばかりで、それから先は真犯人のせんさくをする余裕もなく、うやむやの内に自分の部屋へ引下りました。

I've been reluctant to go back to Kawano without being overwhelmed by my mistakes. It was.

 その時、私は河野の口吻から、彼の疑っているのは宿の主人に相違ないと極めてしまい、私もその積りで応対していたことですが、あとになって、実はそうでないことが分りました。

At that time, I knew from Kono's kiss that he was suspicious that he must be the master of the inn, and I was also responding to it. It was.

私という男は、この物語において、初めから終りまで、道化役を勤めていた訳です。

The man I was a clown in this story from beginning to end.

探偵気取りもないものです。

There is no sense of detective.

二十七

Twenty seven

 さてお話しは少し飛んで、それから三四日後の夜のことに移ります。

Now, the story flies a little, and then moves to the night after 34 days.

その間別段お話しする程の出来事もありません。

During that time, there is nothing much to talk about.

河野は毎日どこかへ出かけているらしく、いつ訪ねても部屋にいないので、その私を除外した態度に反感を持ったのと、一つは例の失策が面はゆくて、私はこれまでの様に、素人探偵を気どる気にもなれませんでした。

Kono seems to be going somewhere every day, and whenever he visits, he is not in the room. Like, I couldn't feel like an amateur detective.

が、そうかといって、この好奇的な事件を見捨て、宿を出発するのも残念だものですから、もう少し待てという河野の言葉を当てにして、やっぱり逗留を続けていました。

However, because it was unfortunate that he left this inquisitive case and left the inn, he continued to stay in Shiodome with Kono's words to wait a little longer.