文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1141-1190)/1770

 一方警察の方では、先にもいった、大仕掛けなトランク捜索の仕事を初め、森の中、湖水の岸と洩れなく探し廻ったのですが、結局何の得る所もない様子でした。

On the other hand, the police first started searching for a large-scale trunk, and searched around the forest and the shore of the lake without any leakage.

そんな無駄な手数をかけさせるまでもなく、ただ一こと、例の時間の錯誤について申出ればよかったのかも知れませんが、河野が「死体の捜索にもなることだから、止めるにも及ぶまい」というので、私もその気になって、警察に対してはあくまで秘密を保っていた訳です。

There was no need to spend such a wasteful time, but it would have been just a matter of telling us about the mistakes of the time of the example, but Kono said, “Because it will also be a search for corpses, it will not stop.” That's why I was worried and kept secret to the police.

 私は機会がある毎に宿の主人の様子に注意するのと、河野の部屋を訪ねるのを日課の様にしていました。

Whenever I had a chance, I was careful about the inn's husband and visiting Kono's room as a daily routine.

しかし主人の挙動にはこれといって疑うべき所もなく、河野は多くの場合留守なのです。

However, the behavior of the master is unquestionable, and Kono is often absent.

何とも待ち遠しく、退屈な数日でした。

It was a long and boring day.

 その晩も、どうせ又いないのだろうと高を括って、河野の部屋の襖を開いたのですが、案外にも、そこには主人公の河野ばかりでなく、村の駐在所の巡査の顔も見え、何か熱心に話し込んでいる様子でした。

That evening, he opened a trap in Kono's room, saying that he would n’t have anyway. It looked like she was talking eagerly.

「アア、丁度いい所です。

“Ah, that ’s exactly the right place.

お入りなさい」

Please enter "

 私がモジモジしているのを見ると、河野は如才なく声をかけました。

】 Kono shouted without hesitation when he saw me muzzing.

私は普通なら遠慮すべき所を、どうやら事件に関する話しらしいので、好奇心を圧え難く、いわれるままに部屋の中へ入りました。

I seemed to be talking about the incident in a place that would normally be withheld.

「僕の親しくしている人です。

“I ’m a close friend.

大丈夫な人ですから、どうかお話しを続けて下さい」

Please continue talking about it because you are okay. ''

 河野は私を紹介しながらいいました。

Kono said while introducing me.

「今もいう様に、この湖水の向うの村から来た男の話なのですよ」巡査は語りつづけました。

“As I said, this is the story of a man from the village across the lake,” the policeman continued.

「私はここへ来る途中、偶然そこを通り合せて、村の人達と話しているのを聞いたのですがね。

“I heard that while I was here, I happened to pass by and talk to the villagers.

何でもこの二日ばかり前の真夜中時分だということです。

Anything is just midnight just two days ago.

妙な匂がしたのだ相です。

It ’s a strange smell.

気がついたのは、その男ばかりでなく、同じ村に沢山あったといいます。

I noticed that there were many people in the same village.

何の匂といって、それが火葬場の匂なんです。

What smell is that of the crematorium.

この辺には火葬場なんてないのですからね。

There is no crematorium around here.

どうもおかしいのですよ」

It ’s funny. ”

「人間の焼ける匂なんですね」

"It's a human burning smell"

 河野は非常に興味を起したらしく、目をかがやかして問い返しました。

Kono seemed very interested and asked her questions with her eyes open.

「そうです。

"That's right.

人間の焼ける匂です。

It is a human burning odor.

あの変な何ともいえない臭い匂ですね。

It ’s that strange smell.

それを聞きますと、私はふと今度の殺人事件のことを思い浮べたのです。

When I heard that, I suddenly came up with the murder case.

丁度死体が紛失して困っている際ですからね。

It ’s just when you ’re in trouble because the body is lost.

人間の焼ける匂というと、何か聯絡があり相な気がするものですから」

The scent of human burning is something that is intertwined and feels like that. ''

「この二三日ひどい風が吹いてますね」河野は何か思い当る節でもあるのか、勢込んで「南風ですね。

“This is a terrible wind for a couple of days.” Kono is also a section that comes to mind.

そうだ南風が吹き続いていたという点が問題なのだ」

The problem is that the south breeze was blowing. ''

「どうしてです」

"Why is it?"

「その匂のした村というのは、丁度この村の南に当りはしませんか」

“Isn't the village where you smelled just hit the south of this village?”

「丁度南です」

"It's just south"

「では、この村で人を焼けば、それは烈しい南風のために、湖水を渡って、向うの村まで匂って行く筈ですね」

“Then, if you burn people in this village, it's going to cross the lake and smell to the other village because of the intense south wind.”

「でも、それなら、向うの村よりは、ここでひどい匂がしそうなものですね」

“But then, it seems that it smells terrible here than the village over there.”

「いや、必ずしもそうではありませんよ。

“No, not necessarily.

たとえば湖水の岸で焼いたとすれば、風が激しいのですから、匂は皆湖水の方へ吹き飛ばされてしまって、この村では却て気がつかないかも知れません、風上ですからね」

For example, if it is baked on the shore of the lake, the wind is intense, so all the odors are blown off towards the lake and you may not notice it in this village, because it is windward. ''

「それにしても、誰にも気づかれない様に人を焼くなんて、そんなことが出来るとは考えられませんが」

“But it's hard to believe that it would be possible to burn people so that no one notices it.”

「ある条件によっては出来ますよ。

“You can do it under certain conditions.

例えば湯殿の竈の中などでやれば……」

For example, if you do it in the wall of a hot spring ... "

「エ、湯殿ですって」

“E, it ’s a hot spring”

「エエ、湯殿の竈ですよ。

“Eh, it ’s the bath of the Yudono.

……僕は今日まであなた方とは別に、僕だけでこの事件を探偵していたのです。

... I have been investigating this incident by myself alone, up to today.

そして殆ど犯人をつき止めたのですが、ただ一つ死体の仕末が分らないために、その筋に申出でることを控えていた訳でした。

And I almost stopped the criminal, but because I didn't know the end of the corpse, I refrained from making an offer to the source.

それが今のお話しですっかり分った様な気がします」

I feel like I have understood that in the current story. "

 河野は私達の驚く様を満足げに眺めながら、後を向いてかばんを引寄せると、その中から一挺の短刀を取り出しました。

Kono sat down looking at our surprise and sat at the back and pulled a bag out of it.

鞘はなくて、真っ黒によごれた五寸程の白木のつかのものです。

There is no sheath, and it is only about 5 inches of Shiraki, which is completely black.

それを見ると、私はハッとある事に気がつきました。

When I looked at it, I realized that there was a sudden.

鏡の表に殺人の影を見た時、男の手に握られていたのが、矢張りその様な短刀であったのです。

When I saw the shadow of the murder on the front of the mirror, it was a dagger that was held in the man's hand.