文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1191-1234)/1770

「これに見覚えはありませんか」

“Do you know this?”

 河野は私の方を見ていいました。

Kono was good looking at me.

「エエ、そんな風な短刀でした」

“Eh, it was such a dagger.”

 私は思わず口を辷らせ、そこに巡査のいることに気づいて、しまったと思いました。

】 I thought that I had suddenly spoke and noticed that there was a police officer there.

覗き眼鏡の秘密がバレるかも知れないからです。

This is because the secret of the peeping glasses may be inferior.

「どうです、もう打開けてしまっては」河野は私の失言を機会に「いずれは分ることですし、それに、覗き眼鏡の一件から初めないと、私の話しが嘘になってしまうのですから」

“Well, I ’m going to open it up,” Kono took my remarks on the occasion. Because "

 考えて見れば、彼のいう所は尤もでした。

If you think about it, he was very likely.

この短刀に見覚えのあることを明かにするためにも、手の甲の傷痕にしても、トランクの男の無罪を証する時間のことにしても、或は覗き眼鏡を取りはずしている時に発見した怪しい人影についても、その他|種々な点で、あれを打開けてしまわないと工合が悪そうに思われます。

In order to clarify the familiarity of this dagger, whether it is a scar on the back of the hand, time to prove the innocence of a man on the trunk, or about a suspicious figure that was discovered while removing the peeping glasses Others | In various ways, it seems to be bad if you do not open up that.

「実はつまらないいたずらをしていたのです」

“I was actually doing a boring prank.”

 私はせっぱ詰ってこんな風に初めました。

I started out like this.

打開ける位なら河野の口からでなく、私自身で、せめて婉曲に話したく思ったのです。

I wanted to talk to Kyoku at least, not Kono's mouth, if I could open it up.

「この宿の湯殿の脱衣場に妙な仕掛を作ったのです。

“I made a strange device in the dressing room of this inn.

鏡とレンズの作用で、私の部屋からそこが覗ける様にしたのです。

The mirror and lens allowed me to see it from my room.

別に悪意があった訳ではありません。

It was n’t malicious.

余りひまだものですから、学校で習ったレンズの理窟を一寸応用して見たまでなのです」

It's still too much, so I just applied a lens cavern I learned at school.

 そんな風に、なるべく私の変態的な嗜好などには触れないで、あっさりと説明したのです。

In that way, I did not touch my metamorphic tastes as much as possible, and explained it easily.

巡査は余り突飛な事柄なので、一寸|腑におちぬ様子でしたが、繰返して説明する内に、話の筋だけは悟ることが出来ました。

The policeman was a bit extraordinary, so it seemed that it was n’t easy to understand.

「そういう訳で、大切な時間のことなどを、今までかくしていたのは、誠に申訳ありませんが、最初のお調べの時、ついいいそびれてしまったものですから、それに一つは、そんな変てこな仕掛けをしていたために、ひょっとして私が犯罪に関係のある様に誤解でもされては困ると思ったのです。

“That ’s why I had n’t really translated anything that was important to me so far, but when I first examined it, I was terribly at a loss. Because of the device, I thought it would be a problem if I was misunderstood as related to crime.

しかし、今の河野君のお話では、もう犯人も分ったというのですから、その心配はありません。

However, in the story of Mr. Kono, now that the criminal is already known, there is no worry about it.

何でしたらあとで実物をお目にかけてもいいのです」

You can see the real thing later. "

「そこで、今度は私の犯人捜索の顛末ですが」河野が代って説明を初めました。

“That's the end of my criminal search,” Kono started explaining.

「先ず第一にこの短刀です。

"First of all, this dagger.

御覧なさい。

Please look.

刃先に妙なしみがついて居ります。

There is a strange stain on the cutting edge.

よく見れば血痕だということが分るのです」

If you look closely, you can see that it is a blood stain. ''

 全体が汚れて黒ずんでいるため、よく見ないと分らぬ程でしたが、その刃先には黒く血痕らしいものが附着しています。

”The whole surface is dirty and dark, so it was hard to understand unless you look closely.

「鏡に映ったのと同じ型の短刀で、その先に血がついているのですから、これが殺人の兇器だことは明白です。

“It's obvious that this is a murderer ’s tool because it ’s the same type of dagger that ’s reflected in the mirror and has blood behind it.

ところで、私はこの短刀をどこから発見したと思います」

By the way, I think where I found this dagger. "

 河野は幾分|勿体ぶって、言葉を切ると、私達の顔をジロジロと見比べるのでした。

Kono is somewhat | When I cut my words, I was comparing our faces with Girojiro.

二十八

twenty eight

 河野が汚れた短刀を片手に、私達の顔を眺め廻した時、咄嗟の場合、私の頭には、その短刀の持主であるべき、嫌疑者の容貌が次々と現れては消えました。

When Kono looked around our face with a dirty sword in one hand, in the case of a spear, the appearance of a suspicious person, who should be the owner of the sword, appeared one after another and disappeared .

トランクの男、宿の主人、松村という長吉の檀那、懐中電燈の男……そして、最後まで残ったのはやっぱり彼の強慾なる湖畔亭のあるじでした。

The trunk man, the innkeeper, Matsukichi's Nagayoshi Danna, the flashlight man ... And all that remained was the man who had his strong lakeside bower.

今河野の口を洩れる名は、必ず彼に相違ないと信じていました。

I believed that the name that could leak Kono's mouth must be his.

ところが、河野は意外にも、私を初めかつて疑いをかけなかった飛んでもない一人の人物を名指したではありませんか。

Surprisingly, however, Kono has nominated a single person who has never questioned me at first.

「この短刀は、湯殿の焚き場の隅の、薄暗い棚の上で見つけたのです。

"I found this dagger on a dark shelf in the corner of the hot spring.

あすこの棚には、三造の持物が、ほこりまみれになって、つみ上げてある。

Tomorrow's shelf is covered with dust from three structures.

そこに汚いブリキの箱が隠してありました。

A dirty tin box was hidden there.

最も人目につきにくい場所です。

It's the most difficult place to see.

箱の中には、妙なものが這入っていました。

Inside the box, strange things were contained.

まだそのままにしてありますが、綺麗な女持の財布だとか、金の指環だとか、沢山の銀貨だとか、そして、この血なまぐさい短刀もです。

It's still left as it is, but it's a beautiful woman-owned wallet, a gold ring, a lot of silver coins, and this bloody dagger.

……いうまでもなくこの短刀の持主は風呂焚きの三造です」

...... Needless to say, the owner of this short sword is a three-story bather. "

 村の巡査も私も、黙って河野の話の続きを待っていました。

The village patrol and I were silently waiting for Kono's story.

その位の事実では、あのおろか者の三造が犯人だなどとは、とても信じられなかったのです。

With that fact, I couldn't believe that the third person of the stranger was the criminal.

「そして、犯人もその三造なのです」河野は落ちつきはらって続けました。

“And the culprit is that trio,” Kono continued calmly.