文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1235-1281)/1770

「この事件には疑うべき人物が沢山あります。

“There are many people in this case that should be doubted.

第一はトランクの男、第二は松村という若者、第三はこの宿の主人。

The first is a trunk man, the second is a young man named Matsumura, and the third is the master of this inn.

第一の嫌疑者については警察でも全力を尽くして捜索を行われた様ですが、今の所全く行方不明です。

It seems that the police tried their best to find the first accused, but so far it is completely missing.

が、あの二人を疑うことは根本的に間違っています」

But it is fundamentally wrong to doubt those two people. ''

 そこで河野は嘗て私に解きあかした時間的不合理について説明しました。

So Kono hurriedly explained to me the time irrationality.

「第二の松村青年は、これも警察で一応取調べた様ですが、何等疑うべき点のないことが分りました。

"The second Matsumura youth seems to have investigated with the police for the time being, but I found that there was no doubt.

芸者〆治と一つ自動車で帰宅して、それ以来疑わしい行動がないのですから、彼に死体を処理する余裕がなく、従って犯人でなかったことは明かです。

It's clear that he was unable to handle the corpse and therefore was not a criminal because he went home with Geisha Eiji and had no suspicious behavior since then.

第一惚れ抜いている女を殺す様なそれ程の動機もないのでした。

There was no such motive as to kill the first drowning woman.

それから例の怪しい人物が落して行った財布は、なる程、この家の主人の所持品でしたが、ただそれだけのことで、その後取調べて見ますと、彼は事件発生の時刻には、自分の部屋で寐ていたことが明かになりました。

Then, the wallet that the suspicious person of the example dropped was indeed the possession of the owner of this house. It became clear that I was singing in my room.

妻君を初め傭人の口うらがチャンと一致していたばかりでなく、子供までがそれを裏書きしてくれました。

Not only my wife but also Hayato's mouth was consistent with Chang, and even the children endorsed it.

子供は嘘をいいません」

Children don't lie "

 ここで又、河野は先夜の怪人物について、一応の説明を加えました。

Here again, Kono added a brief explanation about the mysterious figure from last night.

「つまり、われわれの疑った嫌疑者達は、皆本当の犯人ではないことが分ったのです。

"In other words, we found that all the suspected suspicious people were not real criminals.

われわれは往々にして余り間近かなものを、間近かであるがゆえに見落すことがあります。

We often overlook things that are too close because they are close.

たとえ白痴に近いおろか者であるとはいえ、警察の人達はなぜ風呂焚き三造を疑って見なかったのでしょう。

Even though they were close to idiots, why didn't the police suspiciously look at the bathhouse Sanzo?

三助だって湯殿に附属した道具ではありません、やっぱり人間です。

Even Sansuke is not a tool attached to the Yudono.

浴場の出入口は両方にあるのです。

There are both entrances to the bathhouse.

焚場からでも自由に脱衣場へ来ることが出来るのです。

You can come to the dressing room freely from the dressing area.

そして、あの短時間に、十時三十分から五分か十分の間に、死体を処理することの出来る立場にあるものは、三造を措いて他にないのです。

And in that short time, there is nothing else in the position that can deal with the corpse in ten to thirty to five minutes or ten minutes.

彼は一応、焚場の石炭の山のうしろへ死体を隠して置いて、深夜を待って、ゆっくり人肉料理を行うことが出来たかも知れません」

`` He might have been able to slowly cook human meat, hiding the corpse behind the coal pile in Kayaba, waiting for midnight. ''

 河野は段々演説口調になって、得意らしく喋るのでした。

Kono was speaking in tone and was good at speaking.

「しかし、あのおろか者です。

“But it ’s that lonely person.

その上、正直で通った三造です。

On top of that, it is Sanzo who was honest.

私もまさかと思っていました。

I also thought it was true.

彼を疑い初めたのはごく最近のことなのです。

It was only recently that he began to doubt him.

昨日浴場の裏で三造に行逢った時、ふと気がつくと、彼の手の甲に黒い筋がついている、当然私は例の犯人の手の傷痕を思い出さない訳には行きませんでした。

When I went to Sanzoku at the back of the bath yesterday, I suddenly noticed that the back of his hand had black streaks. Of course I couldn't remember the scars of the criminal hands.

ハッキリと、太く一文字にひかれた筋が、君のお話しのものとよく似ているのです。

Clearly, the thick line drawn in one letter is very similar to what you are talking about.

私はハッとあることに思い当って、しかし何気なく『どうしたのだ』と聞きますと、『ヘエ』と例の間の抜けた返事をして、三造はしきりに手の甲をこすりましたが、なかなかその筋が消えない。

I thought of a certain thing, but casually heard "What's wrong", and Sanzo rubbed the back of his hand all the time with an unanswered answer between "Hee" and the example. The line doesn't disappear easily.

どうも焚場の煤のついた品物に強く触った跡らしいのです」

It seems to have been a strong touch on the item with the basket in the hall. ''

 河野はここでも又、巡査のために覗き眼鏡の像について、詳しい説明をつけ加える必要がありました。

Again, Kono needed to add a detailed explanation about the image of the peeping glasses for the patrol.

「その鏡に見えた傷痕というのは、実はこれと同様の煤の汚れに過ぎなかったのではないか。

“The scars that looked in the mirror were actually just the same stains on the eyelids.

私はそこへ気がついたのです。

I realized there.

そんなぼんやりした像ですから、煤の一本筋がどうかして傷痕に見えなかったとはいえません。

Because it is such a vague image, it cannot be said that a single streak of a spider did not appear to be a scar.

ね、君はどう思います?」

What do you think? "

 河野に意見を聞かれて私は少し考えました。

I thought a bit when I asked Kono for his opinions.

「一刹那の出来事だったから、或は見違えたかも知れませんが」

“It might have been a mistake because it was an event in a moment.”

 私の頭からは、まだ例の傷痕の印象が消えていない。

The impression of scars has not disappeared from my head.

従って、どうも煤の汚れだなどとは思えぬのです。

Therefore, I don't think it's dirty.

「鏡に映ったのは、こんな手ではなかったですか」

"Isn't it like this that was reflected in the mirror?"

 すると、河野はいきなり彼の右手の甲を私の目の前に差し出しました。

Then Kono suddenly put the back of his right hand in front of me.

見るとそこには、手の甲一杯に、斜かけの黒い線が引かれています。

As you can see, there is a shaded black line across the back of the hand.

それが余りに鏡で見たものと似ているため、私は思わず叫ばないではいられませんでした。

I couldn't help crying because it was too similar to what I saw in the mirror.

「それです、それです。

“That ’s it.

君はどうして、そんな傷痕があるのです」

Why are you scared like that? "

「傷じゃない。

“It ’s not a wound.

やっぱり煤ですよ。

After all it is spear.

妙に似ていますね」河野は感心した様に自分の手を眺めながら「そういう訳で、三造を疑わしく思ったものですから、私はさっきいった焚場の棚を調べて見ました。

“It ’s strangely similar.” Kono looked at his hand as if he was impressed. “That ’s why I thought Sanzo was suspicious.