文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1282-1330)/1770

無論三造のいない時にですよ。

Of course, when there is no Sanzo.

すると例のブリキ箱です。

This is an example tin box.

短刀を初め三造に似合わしくない品々です。

These items are not suitable for Sanzo, such as a dagger.

で、その棚を捜す時にですね、あすこには二段に棚があって、その間隔が狭いものだから、下の棚の奥へ手を入れると、上の棚の裏側の桟で手の甲を擦る様になる、それが桟の角だったりすると、そこに溜った煤のために、こんな跡がつく訳なんです」

So when searching for that shelf, Asuko has two shelves and the distance between them is narrow, so when you put your hand in the bottom of the lower shelf, rub the back of the hand on the back of the upper shelf If it is the corner of a pier, this is because of the traps that have accumulated there.

 河野は手真似をまぜて話し続けます。

Kono continues to speak with imitation.

「これで愈々三造が疑わしくなるでしょう。

“Now Sanzo will be suspicious.

それからもう一つ、私は三造の性癖について誰も知らないことを知っていました。

Then I knew that no one knew about Sanzo's propensity.

もう大部以前です。

It is already before the majority.

私がここへ来て間もなくのことです。

Shortly after I came here.

偶然三造が見かけによらない悪人であることを発見しました。

Coincidentally, I discovered that Sanzo was a bad villain.

奴はあれで手癖が悪いのです。

He is bad at that.

脱衣場に忘れ物などをして置くと、こっそり取ってしまうのです。

If you leave something left behind in the dressing room, you will sneak it away.

私はその現場を見たことがある。

I have seen the scene.

でも、その時は大した品物でもなかったので、あばきもしないでそのまま見すごしたことですが、ブリキ箱を見て驚きました。

But at that time, it wasn't a big deal, so I wasn't surprised, but I was surprised to see the tin box.

これじゃ大泥坊です。

This is a great thief.

馬鹿正直者なんて油断していると、往々こんな奴があります。

There is often such a guy if you're upset about an idiot honest person.

その油断が彼を邪道に導く一つの動機にもなったのでしょう。

That alertness may have been one of the motives that led him to the wicked path.

それに白痴などにはよく盗癖の伴うことがありますからね」

And idiots are often accompanied by stealing. ''

二十九

XXIX

「それならそれで、早く三造をとらえなければ」私は、浴場の方へ気が走って、河野の長々しい説明をもどかしく思いました。

“That's why, if I don't catch Sanzo as soon as possible,” I moved to the bathhouse and felt uneasy about Kono's long explanation.

田舎の巡査なんて暢気なもので、一向平気で腰を据えています。

A country police officer is ridiculous.

河野も河野です。

Kono is also Kono.

説明はあとでもよさそうなものを、まだ長々と喋りつづけるつもりです。

The explanation is going to continue to beat what seems to be good later.

「死体の処理に最も便利な地位に居ること、手の甲の煤跡、血のついた短刀、数々の贓品、つまり彼が見かけによらぬ悪人であること、これだけ証拠が揃えば、もう彼を犯人と見る外はないでしょう。

`` Being in the most convenient position for the treatment of the corpse, the traces of the back of the hand, the bloody sword, and the various crafts, that he is an unseen villain. You would n’t miss it as a criminal.

あの朝脱衣場を掃除しながら、マットの位置のちがっているのを直さなかった点なども、数えることが出来ます。

You can count the points that you did not fix the wrong mat position while cleaning the dressing room that morning.

ただ殺人の原因は、私にもよく分りませんが、ああした白痴に近い男のことですから、我々の想像も及ばない様な動機がなかったとは限りません。

The cause of the murder is not well understood by me, but it is a man who is close to idiots, so there is no guarantee that there was no motive that we could not imagine.

酒にみだれた女を見て、咄嗟の衝動を圧え兼ねたかも知れない。

Perhaps the woman who was drunk in the sake might have pressed the urge of the frog.

それとも例の悪事を長吉に知られて、彼女の口から発覚することを恐れた余りの無分別かも知れない。

Or it may be that there is too much indiscretion that Nagayoshi knew the bad example of the case and was afraid to detect it from her mouth.

それは想像の限りではありませんが、動機の如何に拘らず、彼が犯人であることは、疑う余地がない様に見えます」

That's not what I imagined, but regardless of motives, it seems like there's no doubt that he's a criminal. ''

「それで、彼は長吉の死体を、浴場の竈で焼いてしまったとおっしゃるのですか」

"So he says that he burned Nagayoshi's corpse in a bath tub?"

 巡査が信ぜられないという顔で、口をはさみました。

み I caught my mouth with a face that the policeman could not believe.

「そうとより外には考えられません。

“I ca n’t think of it outside.

普通の人には想像も及ばぬ残酷ですが、ああした男にはわれわれの祖先の残忍性が多量に残っていないとはいえません。

It's cruel beyond normal imagination, but it can't be said that the man who did it doesn't have much of the brutality of our ancestors.

その上発覚を危む理智において欠けています。

Moreover, it is lacking in reason that threatens the discovery.

存外やりかねないことです。

It ’s something you can do.

彼は風呂焚きですからね。

He is bathing.

死体を隠す必要に迫られた場合、考えがそこへ行くのはごく自然ですよ。

When you need to hide a corpse, it's natural that your thoughts go there.

それに犯人が死体隠蔽の手段として、それを焼却した例は乏しくないのです。

Moreover, there are not a few cases where criminals burned it as a means of concealing corpses.

有名なウエブスター教授が友人を殺して実験室のストーヴで焼いた話、青髭のランドルーが多数の被害者をガラス工場の炉や田舎の別荘のストーヴで焼いた話などは、あなた方も多分御聞き及びでしょう。

The story of the famous Professor Webster killing a friend and burning it in a laboratory stove, and the story of Aomori Landrou burning many victims in a glass factory furnace and countryside villa stove I will ask you.

ここの浴場の竈は本式のボイラーですから、十分の火力があります。

The bathhouse here is a boiler of this type, so it has enough firepower.

一度に焼くことは出来なくても、三日も四日もかかって、手は手、足は足、頭は頭と少しずつ焼いて行けば不可能なことではありません。

Even if you can't burn it all at once, it takes 3 or 4 days, and it's not impossible to burn it with your hands, your feet and your head.

幸いに強い南風が吹いていました。

Fortunately, a strong south wind was blowing.

(白痴の彼はそんなことさえ考えなかったかも知れません)時は皆の寐静まった真夜中です。

(The idiot he may not have even thought about that.) At times, everyone's calm midnight.

彼は滅多に人の来ない彼自身の部屋にとじ籠って、少しの不自然もなくそれをやってのけることが出来たのです。

He rarely went into his own room and was able to do it without any unnaturalness.

この考えは余りに突飛過ぎるでしょうか。

Is this idea too outrageous?

では、あの対岸の村人が感じた火葬場の匂を何と解釈したらいいのでしょう」

So what should we interpret the smell of the crematorium felt by the villagers on the opposite bank? ''

「だが、ここで少しも匂のしなかったのが変ですね」

"But it's strange that I didn't smell a little here."

 巡査は半信半疑で更に問いかけました。

The policeman asked further questions with half-trust.

私とても、何となくこの説には服し兼ねました。

I somehow couldn't take this theory.