文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1331-1384)/1770

「焼いたのは人の寐ている真夜中に相違ありません。

“I baked it is no different in the middle of the night when people are crawling.

少々匂が残っていても、朝までには強い風に吹き飛ばされてしまいます。

Even if there is a little smell, it will be blown away by a strong wind by the morning.

竈の灰はいつも湖水の中へ捨てるのですから骨も何も残りません」

The ash ash is always thrown into the lake so there is no bone left behind. "

 実に途方もない想像でした。

It was a tremendous imagination.

なる程火葬場の匂がしたという動かし難い事実はありましたけれど、それだけの根拠で、河野のように断じて了うのは余りに突飛ではないでしょうか。

There was a fact that it was hard to move that the cremation odor smelled, but it would be too outrageous to end it like Kono on that basis.

私は後に至るまでこの疑問を捨てることが出来ませんでした。

I couldn't abandon this question until later.

それは兎も角、死体の処分|如何に拘らず、三造が犯人だということは、河野の検べ上げた事実だけで十分判明しました。

It ’s all about the fact that Sanzo is the criminal.

「早速三造を捉えて尋問して見ましょう」

"Let's see and interrogate Sanzo immediately"

 河野の演説が一段落つくと、村の巡査はやおら腰を上げたのです。

When Kono's speech came to an end, the village patrol lifted his back.

 われわれ三人は、庭づたいに浴場の焚場をめがけて近づきました。

The three of us approached the garden of the bathhouse to build a garden.

もう十時頃でした。

It was already around ten o'clock.

やっぱり風の強いやみ夜です。

After all it is a windy night.

私はいうにいわれぬ、恐怖とも憐憫ともつかぬ感情のために、胸の躍るのを禁ずることが出来ませんでした。

Needless to say, I couldn't forgive my heart for fear and emotion.

 焚場の戸口に来ると、田舎巡査にしろ、やっぱり御用を頂くお役人です、彼は専門家らしい一種の身構えと共に、手早くパッと戸を開き、いきなり内へ躍り込みました。

When I came to the doorway of Kayaba, it was an official who got me a favor as a country patrol, and he quickly opened the door quickly with a kind of attitude like an expert and suddenly jumped in.

「三造ッ」

"Three structures"

 低いけれども力の籠った声が響きました。

A low but powerful voice resonated.

ところが、折角の気構えが何の甲斐もなかったことには、そこには三造の影もなくて、見知り越しの使走りの爺さんが、赤々と燃える竈の前に、ツクネンと腰かけているばかりです。

However, the fact that there was no armor at the corner, there was no shadow of Sanzo, there was just a strange ambassador who was sitting with Tsukunen in front of the burning firewood is.

「三造けエ、三造なら夕方から姿が見えねえです。

“Sanzo-ke and Sanzo cannot be seen in the evening.

どけ行っただか、さっぱり行方が知れねえです。

I haven't been able to know where I went.

わしが代りにここの番をいいつかっちまってね」

I use the turn here instead. "

 爺さんは頓狂な顔をして巡査の問いに答えました。

爺 answered the question of the patrol with a crazy face.

 それから大騒ぎになりました。

Then it became a fuss.

巡査が麓の警察署へ電話をかける。

The police officer calls the Sakai police station.

捜索隊が組織される。

Search team is organized.

そして、それが街道の上下に飛ぶ。

And it flies up and down the road.

これでもう三造の有罪は愈々動かすことの出来ないものになった訳です。

This is why Sanzo's guilt is no longer able to move.

 本式の捜索は翌朝を待って行われました。

The search for this ceremony took place the next morning.

街道筋からそれて、森の中、渓の間、隈もなく探し廻ったのです。

I departed from the highway, and searched around in the woods, between the valleys, without hesitation.

河野も私も、行がかり上じっとしている訳には行きません。

Neither Kono nor I can go to the point where I'm on the go.

手を分って捜索隊に加わりました。

I joined my search team.

その騒ぎがお昼頃までも続いたでしょうか。

Did that fuss continue until noon?

やっと三造の所在が分りました。

At last I found the location of Sanzo.

 湖畔亭から街道を五六町行った所に、山路に向ってそれる細い杣道があります。

There is a narrow lane that goes to the mountain road where you go from Gohantei to Gorokucho.

それを幾曲りして半里もたどると、何川の上流であるか、深い谷に出ます。

If you turn it and follow it half a village, you will come to a deep valley of how many rivers are upstream.

谷に沿って危げな桟道が続きます。

A dangerous pier continues along the valley.

その最も危険な個所に少しばかり土崩れが出来ているのを、巡査の一人が発見したのです。

One of the patrols found a little landslide in the most dangerous part.

 幾丈の断崖の下に、問題の三造があけに染って倒れていました。

三 Under the cliff of the length, the three structures in question were dyed and fallen.

下は一面の岩です。

Below is a rock on one side.

恐らくは夕やみの桟道に足をすべらせて落ちたのでしょう。

Perhaps it slipped on the pier in the evening and fell.

岩にはドス黒い血が気味悪く流れていました。

Dos black blood was flowing in the rock.

肝心の犯人は、何の告白もせぬ内に、これが天罰でありましょうか、惨死をとげてしまったのです。

The culprit, who did not make any confession, died of death, whether this was a punishment.

 死体の懐中からは、河野がブリキ箱の中で見たという様々の贓品が発見されました。

From the corpse's pocket, various items that Kono saw in the tin box were discovered.

三造が逃亡の途中、不慮の死にあったことは明白です。

It is clear that Sanzo was inadvertently killed during his escape.

 死体の運搬、検事達の臨検、村一杯の噂話し、一日は騒ぎの内に暮れました。

«Carrying dead bodies, visiting the prosecutors, talking about the rumor of the village, and spending the day in a fuss.

三造の部屋であった、焚場も十分取調べた様です。

It seems that we have also thoroughly investigated Kayaba, which was a three-building room.

しかし、死体焼却の痕跡については遂に何物をも発見する事が出来ませんでした。

However, I couldn't find anything about the traces of incineration.

 事件は急転直下に落着したかと見えました。

It seemed that the incident had settled down immediately.

被害者の消失について、殺人の動機について、幾分曖昧な点があったにせよ、三造の犯行は何人も否定することは出来ません。

Despite some vague points about the disappearance of the victims and the motives of the murder, no one can deny Sanzo's crime.

大がかりなトランク捜索が何の甲斐もなくて、多少この事件をもて余していた裁判所は、三造の死によって、救われた様な気がしたかも知れません。

The court that had left this case somewhat without a major trunk search, may feel like being saved by Sanzo's death.

検事達は間もなく麓の町を引上げました。

The prosecutors soon raised the flea town.

警察は捜索をいつとなく中止した形となりました。

The police eventually stopped the search.

そして、湖畔の村は、又元の静寂に帰りました。

And the lakeside village returned to its original silence.

 最も馬鹿を見たのは湖畔亭です。

The most stupid thing I saw was Kohan-tei.

その当座は物好きな客達が、問題の浴場を見物かたがたやって来るのもありましたが、その内に、長吉の幽霊が出たとか、三造の呟き声が聞えたとか、噂は噂を生んで、附近の人でさえ湖畔亭を避ける様になり、遂には一人の客さえない日が続きました。

At that time, some lovers came to see the baths in question, but the rumors were rumored that the ghost of Nagayoshi came out and the whisper of Sanzo was heard. Even the people around me avoided the lakeside bower, and finally there was a day when there was not even one customer.