文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1385-1426)/1770

そして、今では別の旅館が建ち、さしも有名であった湖畔亭は見るかげもなく寂れはてているという事です。

Now, another ryokan is built, and the famous Kohan-tei is lonely.

 読者諸君、以上が湖畔亭事件の表面上の物語りです。

Reader readers, the above is the narrative on the surface of the Kohan Tei incident.

A湖畔の村人の噂話や、Y町の警察署の記録に残っている事実は、恐らくこれ以上のものではありません。

The rumors of the villagers on the shore of Lake A and the facts left in the records of the police station in Y town are probably no more.

それにも拘らず、私のお話の肝要な部分は、実はこれから後にあるのです。

Nevertheless, the essential part of my story is actually the future.

といっても、うんざりなさるには及びません。

But that does n’t mean you're tired.

その肝要な部分というのは、ほんの僅の、原稿紙でいえば二三十枚でかたづく事柄なのですから。

The important part is that there are only a few of the manuscripts that are covered with twenty-three pages.

 事件が落着すると、私達は早速この気味悪い場所を引上げることにしました。

When the incident settled, we decided to pull up this creepy place.

事件以来一層親くなった河野とは、方向が同じだというので、一緒の汽車に乗りました。

Kono, who became closer since the incident, has the same direction, so I took the train together.

私はいうまでもなくT市まで、河野はそのずっと手前のIという駅で降りる予定でした。

Needless to say, Kono was going to get off at the station I before that, until T city.

 二人は銘々相当大型の鞄を下げていました。

二 The two had lowered their large-sized bags.

私のは例の覗き眼鏡を秘めた角鞄、河野のは古ぼけた横に長い奴、服装は両人共和服でしたけれど、そうして湖畔亭を出発する光景が、何とやら彼のトランクの二人づれに似ている様に思われました。

I was a horned man with a peeping eyeglass, Kono's old guy next to him, and his clothes were Japanese clothes, but the scene of leaving Kohan-tei was somehow on his trunk. It seemed similar to two people.

「トランクの男はどうしたのでしょうね」

"What happened to the man in the trunk?"

 私はその聯想から思わず河野に話しかけました。

I talked to Kono unintentionally from that idea.

「さあ、どうしましたかね。

"Now what did you do?

偶然人目にかからないで、この村を出たという様なことではないでしょうか。

Isn't it like leaving this village without accidental eyes?

いずれにしても、あの連中の詮議立てはもう必要がありませんね。

In any case, there's no need for that party's filing.

今度の犯罪にはちっとも関係がない筈ですから」

It ’s not related to the upcoming crime. ”

 そして、私達の上り列車は、思出多き湖畔の町を離れるのでした。

And our up train left the town on the lakeside.

三十

Thirty

「アア、やっと清々した。

“Ah, I ’m finally refreshed.

美しい景色じゃありませんか。

Isn't it a beautiful view?

あんな事件にかかわっている間、僕達はすっかりこういうものを忘れていましたね」

While we were involved in such an incident, we forgot all this. "

 窓外を過ぎ行く初夏の景色を眺めながら、河野はさも伸々といいました。

】 While watching the view of early summer past the window, Mr. Kono said that he was growing.

「ほんとうですね。

“That ’s true.

まるきり違った世界ですね」

It ’s a completely different world. ”

 私は調子を合せて答えました。

I responded in tune.

しかし、私には、この事件の余りにもあっけない終局に、何となく腑に落ち兼ねる所がありました。

However, I had a place where I could somehow fall into the trap at the very end of this incident.

例えば、死体焼却という様な世の常ならぬ想像に、それを裏書する火葬場の匂いがちゃんと用意されていたり、犯人が見つかったかと思うと、その時には彼はすでに死骸になっていたり、トランクの男の(少くともトランクそのものの)行方が絶対に分らなくなったり、考えれば考えるほど、異様な感じがします。

For example, in the unusual imagination of the world like corpse incineration, the smell of the crematorium that endorses it is prepared properly, or if the criminal was found, then he was already dead or a trunk man The more you think about whereabouts (or at least the trunk itself), or the more you think about it, the more strange it feels.

もっと手近な事柄をいえば、今私の前に腰かけている河野自身の古ぼけた手提鞄で、その中には恐らく数冊の古本と、絵の道具と、幾枚かの着類が入れてあるに過ぎないその鞄を、彼はなぜなればあんなに大切相にしているのでしょう。

The more familiar thing is Kono's own old lantern that sits in front of me, probably containing several secondhand books, painting tools, and some clothes. I wonder why he has such an important aspect.

一寸開くたび毎に、一々錠前を卸して、その鍵をポケットの中へ忍ばせるのでしょう。

Each time you open it, you will have to unlock the lock and put the key in your pocket.

私は妙に河野の古鞄が気になりました。

I was curious about Kono's old tomb.

それに連れては、河野自身の態度までも、何とやら気掛りです。

At the same time, even Kono's own attitude is somewhat noticeable.

 従って、私の様子に幾らか変な所が見えたのでしょう。

So, I'm sure there was something strange in my appearance.

河野の方でも、何となく警戒的なそぶりを見せ初めました。

Even Kawano began to show some warning.

そして、一層おかしいのは、非常に巧にさりげない風を装ってはいますけれど、私には彼の目が(というよりも彼の心そのものが)頭の上の網棚にのせた古鞄に、恐しい力で惹きつけられていることが分ります。

And even more strangely, it looks like a very subtle breeze, but for me, in an old burial mound with his eyes (rather than his heart) on a net on his head, You can see that they are attracted by terrible power.

 それは実際奇妙な変化でした。

It was actually a strange change.

湖畔亭での十数日、当の犯罪事件に関係している間には、曾てその様な疑いの片鱗さえも感じなかった私が、今事件が兎も角も解決して、帰京しようという汽車の中で、ふと変な気持になったのです。

While I was involved in the criminal case for more than a dozen days at Kohan-tei, I never felt even the scales of such a suspicion, but now I'm going to return to Tokyo, where the case is resolved I suddenly felt strange in the train.

しかし、考えて見れば、世に疑いというものは、多くはそうした唐突なきっかけから湧き出すのかも知れません。

However, if you think about it, many of the suspicions in the world may come from such a sudden chance.

 でも、もしあの時、河野の古鞄が棚の上から落ちるという偶然の出来事がなかったなら、私のそのあるかなきかの疑念は、時と共に消え去ってしまったかも知れません。

However, if there was no accident that Kono's burial mound fell off the shelf at that time, my suspicion might have disappeared with time.

それは多分急なカーヴを曲った折でしょう。

It's probably a turn of a sharp curve.

あのひどい車体の動揺は、河野に取って全く呪うべき偶然でした。

That terrible body sway was a coincidence that Kawano had to curse.

それにしても、その古鞄の転落した時、折悪く卸したと思った錠前が、どうかしたはずみでうまくかかっていなかったというのは、よくよくの不運といわねばなりません。

Even so, it must be said that it is a good luck that the lock that I thought was badly sold when the tomb fell was not applied properly.