文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1427-1471)/1770

 鞄は丁度私の足下へ転がり落ちました。

鞄 just rolled down my feet.

そして驚くべき在中品が、目の前に開いた鞄の口から危くこぼれ出す所でした。

And the amazing items were dangerously spilled out from the mouth of the spear that opened in front of you.

いやある品物は、コロコロと私の足の下へころがり出しさえしました。

An unpleasant item even rolled under my feet and my feet.

 読者諸君、それがまあ何であったと思います。

Readers, I think that was what it was.

細く切り離した長吉の死骸(?)

Nagayoshi's carcass (?)

いやいやまさかそんなものではありません。

No, no, not that.

実は何万円とも知れぬ莫大なお札の束だったのです。

Actually, it was a huge bundle of bills that was not known for tens of thousands of yen.

それから足の下へころがった品は、これが又妙なもので、医者の使うガラス製の注射器でありました。

Then the product that rolled under my feet was a strange one, a glass syringe used by doctors.

 その時の、河野の慌て様といったらありませんでした。

At that time, there was no such thing as Kono's panic.

ハッと赤くなり、次ぎの瞬間には真青になって、大急ぎで落ちたものを拾い込み、鞄の蓋を閉じると、腰かけの下へ押込んでしまいました。

It turned red and turned blue at the next moment, picking up something that fell in a hurry, closing the lid of the bag and pushing it under the stool.

私は今まで、河野という男は、理智ばかりで出来上った、鉄の様な人間かと思っていましたのに、このうろたえ様はどうでしょう。

Up until now, I thought that a man named Kono was an iron-like man who was made with just wisdom.

彼はきわどい所で弱点を暴露してしまいました。

He exposed the weakness in a critical place.

 河野がどの様な手早さで鞄のふたをとじたとて、その中のものを私が見逃そうはずはありません。

How fast Kono would close the lid of the kite, I can't miss anything inside it.

河野も無論それを知っているのです。

Of course Kono knows that.

知りながら、彼はやがて顔色を取り直すと、さも平気な様子で、前の会話の続きを話し出すのでした。

He knew that when he regained his complexion, he seemed ok and started talking about the continuation of the previous conversation.

 莫大な紙幣と注射器。

Huge banknotes and syringes.

これが一体何を意味するのか、余りの意外さに、私は暫く物もいわないで思いまどっておりました。

I was wondering what this really meant, without thinking about anything for a while.

三十一

Thirty-one

 しかし河野がどんなに沢山の金を所持していようと、又は商売違いの医療器械を携帯していようと、それはただ意外だというに止まり、別段とがむべき筋のものではありません。

However, no matter how much Kono possesses a lot of money or carrying a medical device with a different business, it is just surprising and is not a matter of struggle.

といって、このまま謎を謎として別れてしまうのも、非常に心残りです。

However, it is very unfortunate that the mystery is separated as a mystery.

私は、どんな風にしてこの困難な質問を切り出したものかと、とつおいつ思案に暮ました。

I was wondering how this difficult question was cut out.

 河野は非常な努力を以て、何気ない体を装い続けていました。

Kono continued to disguise himself with great effort.

少くとも私にはそんな風に見えたのです。

At least it looked like that to me.

「君、覗き眼鏡は忘れずに持って来たでしょうね」

“You must have brought your peep glasses without forgetting.”

 彼はそんな突拍子もないことを尋ねたりしました。

He asked that there was no such sudden momentum.

これは無論彼自身の狼狽を隠すための無意味な言葉に過ぎなかったのでしょうが、取り様によっては「君だってそんな秘密を持っているんだぞ」というおどし文句の様にも考えられないことはありませんでした。

Of course, this was only a meaningless word to hide his own dismay, but depending on the style, it can't be thought of as an idiot complaining that you have such a secret. There was no.

 私達の無言の葛藤を乗せて、汽車はいつの間にか数十里の山河を走っていました。

】 With our mute conflict, the train ran through dozens of miles of mountain rivers.

そして、間もなく河野の下車すべき駅に到着したのです。

Soon after, I arrived at the station where Kono should get off.

ところが、私はその駅をうっかり忘れていて、発車の笛が鳴ってから、やっと気がつくと、どうしたものか、河野は泰然として下車する模様も見えません。

However, I accidentally forgot about the station, and when I finally noticed after the whistle of the departure sounded, I couldn't see Kono's going to get off.

「君、ここで降りるのじゃありませんか」

"You, do you get off here?"

 私としても、そこで降りてしまわれては困るのですが、咄嗟の場合思わずこう声をかけますと、河野はなぜか一寸赤くなって、

I don't want to get off there, but in the case of Samurai, when I say unintentionally, Kono becomes a little red for some reason,

「ああそうだった。

"Oh yes.

なにいいです。

What is good

この次まで乗り越しましょう。

Let's get over to this next.

もう、とても降りられないから」

I ca n’t get off anymore. ”

 と弁解がましくいいました。

And excuse me.

いうまでもなく彼はわざと降りそくなったのです。

Needless to say, he fell on purpose.

それを思うと、私は幾らか無気味に感じないではいられませんでした。

Given that, I couldn't help feeling a little weird.

 二マイル何十チェンの次の駅は、またたくひまにやって来ました、その駅の信号標が見え初めた頃、河野はもじもじしながら妙なことをいい出したものです。

The next station after two miles dozens of Cheng came to Hakama again, and when he started to see the signal sign at that station, Kono did something strange while stirling.

「君、折入ってお願いしたいことがあるんですが、一汽車遅らせて下さる訳に行きませんか。

“You have something to ask for, but why don't you delay the FAW?

この駅で下車して、つぎの上りが来るまでの間、三時間程ありますね、その間僕のお願いを聞いて下さることは出来ないでしょうか」

It takes about three hours to get off at this station and the next ascension comes. Can you hear my request during that time? "

 私は河野の不意の申出に、面くらいもし、気味悪くも思いましたが、彼が余り熱心に頼むので、まさか危険なこともあるまいと考え、それに好奇心を押え兼ねた点もあって、兎も角彼の提案を容れることにしました。

I thought that Kawano's unexpected offer was too bad and creepy, but because he relied heavily on it, he thought it would never be dangerous, and he also held down curiosity. Tsuji also decided to accept his proposal.

 私達は汽車をおりると、駅前のとある旅籠屋に入り、少し休ませて貰いたいといって、奥まった一室を借り受けました。

When we left the train, we entered a certain travel shop in front of the station, wanted to rest a little, and borrowed a deep room.

隣室に客のいる様子もなく、密談にはおあつらえ向きの部屋です。

There is no guest in the next room, and it is a room that is tailor-made for secret talks.

 註文の酒肴を運んで、女中が立去ると、河野は非常にいいにく相に、もじもじして、てれ隠しに私に酒をすすめなどしていましたが、やがて、青ざめた頬の筋肉を、ピリピリと痙攣させながら、思い切った体で初めました。

When the maiden passed away carrying the sake cake of Kobun, Kono was reluctantly reluctantly to recommend me alcohol in a secret manner, but eventually, her cheeks turned pale I started off with a drastic body, cramping my muscles.