文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1535-1575)/1770

一体どうしたというのでしょう。

I wonder what happened.

この事件には、何か根本的な大錯誤があったのではないでしょうか。

There may have been some fundamental mistakes in this incident.

「長吉は死んでやしないのですよ。

“Nagakichi does n’t die.

かすり傷一つ負っていません。

There is no scratch.

ただ姿を隠した切りなんです。

It's just a hidden cut.

僕は自分のことばかり考えていたものだから、つい大切のことをお話しするのを忘れてしまったのですよ。

I just thought about myself, so I forgot to talk about what was important.

死んだのは三造一人です」

Sanzo alone died. ''

 この事は、覗き眼鏡の影に驚かされた時、私も一応は考えぬではなかったのです。

[This was something I wasn't thinking about when I was surprised by the shadows of my peeping glasses.

あれはただ狂言に過ぎぬのではないかと。

That is just kyogen.

しかしその節も説明して置いた通り、様々の事情が到底そんな想像を許さなかったではありませんか。

However, as I explained in that section, various circumstances could not have allowed such imagination.

それ故、今河野の事もなげな言葉を聞いたばかりでは、却て馬鹿にされた様な気がして、俄に信じる気にもなれません。

Therefore, if I just listened to the words of Kono, I feel like I was stupid, and I can't believe it.

「本当ですか」私は半信半疑で聞き返しました。

"Is that true?"

「そんな死にもしないものの為に、警察があの様な大騒ぎをやったのですか。

"Did the police make such a fuss for something that wouldn't kill you?"

僕には何が何だかさっぱり訳が分りません」

I have no idea what it is. "

「御尤もです」河野は恐縮し切っていいました。

“It ’s just right” Kono was afraid.

「僕がつまらない策略を弄したために、何でもない事が、飛んだ大問題になってしまったのです。

“Because I played with boring tricks, nothing has become a big problem.

そして人間一人の生命を奪うようなことが起ったのです」

And something happened that took the life of one human being. ''

「初めから話してくれませんか」

"Would you tell me from the beginning?"

 私はどこから問いかけていいのか、見当さえつき兼ねるままに、彼にこう頼むより外はありませんでした。

There was nothing better than asking him to ask him where he could ask, where he had no idea what to ask.

「無論それをお話ししようと思っているのです。

“Of course I'm going to talk about it.

先ず僕と長吉との深い関係についてお話ししなければなりません。

First of all I have to talk about my deep relationship with Nagayoshi.

あの女と僕とは実は幼馴染なんです。

That woman and I are actually childhood friends.

これ丈いえば君には十分想像がつきましょう。

If this is enough, you can imagine enough.

幼馴染を忘れ兼ねた僕は彼女が外の町で勤めに出てからもしばしばおう瀬を重ねていました。

I had forgotten my childhood friend, and even after she went to work outside the town, she was often stuck.

尤も貧乏な僕には(ここで私は彼の鞄の中の莫大な紙幣を思い出さない訳には行きませんでした)そうそう彼女の所へ通う自由がありません。

The poorest servant here (I didn't go back to remembering the huge banknotes in his bag) so there is no freedom to go to her.

のみならず私はこうして旅から旅を歩いている身ですから、時には半年も一年も顔を見ないで過す時もありました。

Not only that, but I am walking from trip to trip, so sometimes I had to look at my face for half a year or a year.

今度がやはりそれで、一年ばかり前にこの地方へ住み換えて来たという噂は耳にしていたのですが、(それが僕をこの山の中へ導いた一つの動機に相違ありません)どの町に何という名で出ているか、少しも知りませんでした。

I heard the rumors that this time, and that I moved to this region just a year ago, no matter which town (which is the one motivation that led me into this mountain). I didn't know what it was called.

長吉が外ならぬ私の恋人であることを知ったのは、事件のたった一日前のことでした。

It was only a day before the incident that I realized that Nagayoshi was my lover.

それまでもあの女は度々湖畔亭へ来ていた筈ですが、どうした訳か一度も出あわなかったのです。

Until then, she had been to Kohan-tei often, but she never met.

それがあの日の前日、ふと廊下ですれ違って、お互に気がつくと、御免下さい、私はそっとあの女を自分の部屋に連れ込んで、まあ積る話をした訳なんです。

The day before that day, I suddenly passed in the corridor, and when I noticed each other, please give me away. I gently brought the woman into my room and talked about it.

詳しいことは時間がありませんから省きますが、その時あの女はいきなり泣き出して「死にたい死にたい」といい、遂には私に一しょに死ぬことを迫るのです。

I don't have time for details, so I will omit it. At that time, she suddenly started crying and said, "I want to die. I want to die."

一体に内気な女で多少ヒステリーも手伝っていたのでしょうが、最初から芸者稼業がいやであった所へY町へ住みかえて以来、友達らしい友達はなく、朋輩にもいじめられる様なことが多かったらしいのです。

She was a shy woman who helped with some hysteria, but since she moved to Y town to the place where she was unhappy with geisha from the beginning, she didn't have any friends and seemed to be bullied by her. It is.

そこへ抱主が因業で、最近持上った例の松村という物持の身受話が段々うるさくなり、うんというか、借金を倍にして外へ住み換でもするか、二つに一つののっぴきならぬ場合にさし迫っているのでした。

One of the two is whether the husband is a cause and the personal conversation of Matsumura, the example he recently raised, is becoming noisy. It was approaching when it wasn't easy.

死にたいというのも、あの女の気質にしては、まあ尤もなのです。

The desire to die is also quite likely for her temperament.

そんな事情も事情ですが、何よりも私を夢中にしたのはあの女が未だに私を思い続けていてくれる誠意でした。

That was also the situation, but most of all, it was sincerity that the woman still kept me thinking.

私は出来ることなら、女の手をとって、この世の果てまでも落ちのびたく思ったことでした。

I was able to take a woman's hand if I could, and to feel the end of the world.

 ところが丁度そこへ、幸か不幸か妙な出来事が突発したのです。

However, there was just a fortunate event, fortunate or unfortunate.

たとえ、その突発事件が起ったところで、もう一つの条件がなかったらあんな騒動にもならないで済んだのでしょうが、どうも不運な(といっては虫のいい話ですけれど)事情が揃っていたのですね。

Even if the outbreak happened, it would have been like that if there were no other conditions, it wouldn't have been such an uproar, but it was unfortunate (although it was a good story about insects) Shin

もう一つの事情というのは、実は君の覗き眼鏡です。

Another situation is actually your peeping glasses.

あの仕掛を僕は前以て知っていたのです。

I knew that mechanism in advance.

これが僕の悪い癖なんですが、他人の秘密を探る、探偵|癖とでもいうのでしょうか、その性質が多分にあって、あの装置なども殆ど最初から知っていたばかりか、君の留守中に部屋へ忍び込んであの鏡を覗いて見さえしたのです」

This is my bad habit, but it's a detective that searches for the secrets of others. It's probably a habit, and it's probably the nature, and I knew the device from the very beginning. I even sneaked into the room and looked into the mirror. ''