文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1576-1611)/1770

「一寸待って下さい」

"Please wait a minute"

 私は河野の言葉の切れ目を待ち構えて、口をはさみました。

I waited for a break in Kono's words and pinched my mouth.

彼の告白がいつまでたっても、私の疑問の要点に触れぬもどかしさに絶えかねたのです。

No matter how long he confessed, I couldn't touch the point of my doubts.

「長吉が死んでいないというのは、どうも不合理な気がして仕様がありません。

“Nagakichi isn't dead, so it feels irrational and there is no specification.

あの脱衣場の夥しい血潮は誰のものなんです。

The unrelenting blood of that dressing room belongs to everyone.

人間の血液だということは医科大学の博士が証明しているじゃありませんか。

Isn't it that the doctor of the medical university proves that it is human blood?

あれ程の血潮を一体全体どこから持って来たというのです」

Where did the whole blood come from? ”

「まあそうあせらないで下さい、順序を追ってお話ししないと、僕の方がこんぐらかってしまうのです。

"Well, don't let that go, if you don't talk in order, I'll be more confused.

その血のことも直に御話しますから」

I will talk about the blood directly. "

 河野は私の中言を制して置いて、更に彼の長々しき告白を続けるのでありました。

Kawano kept my word and continued his long confession.

三十三

Thirty-three

「そういう訳で、僕は、脱衣場の大姿見のどの辺の所へ立てば、身体のどの部分が覗き眼鏡に映るかということを知っていたのです。

“That's why I knew which part of the big-viewer in the dressing room was going to see what part of my body was reflected in the peeping glasses.

丁度あの当時、覗き眼鏡が望遠鏡の様な装置になっていて、姿見の中央の部分だけが、大きく映るのでしたね。

At that time, the peeping glasses became a telescope-like device, and only the central part of the figure was big.

僕は君の留守中に入浴者の裸体姿の大映しを、盗み見たことがあります。

I've seen a big picture of the bather's naked figure while you are away.

そして、恐らく君もそうだったのでしょうが、僕はあの夢の様な無気味な影像に、一種異様の魅力を感じたのです。

And, as you probably did, I felt a kind of strange charm in that spooky image like that dream.

そればかりか、もしあの水底の様に淀んだ鏡の面に、何かこう血腥い光景が、例えば豊満な裸女の肩先へ、ドキドキ光る短刀がつきささって、そこから真赤な血のりが流れ出す光景などが、映ったならば、どんなに美しいだろう、という様な空想さえ描いたのでした。

Not only that, there is something like a bloody sight on the surface of a mirror that looks like the bottom of the water, for example, a sight of a red-blooded blood flowing from there with a throbbing short sword on the shoulder of a plump nude woman. I even drew the fantasy of how beautiful it would be if it was reflected.

いうまでもなく、それはほんの気まぐれな思いつきに過ぎないもので、さっきいったもう一つの突発事件がなかったなら、それを僕自から実演しようなどとは思いも寄らぬことでした。

Needless to say, it was just a whimsical idea, and if there was no other sudden incident, I wouldn't have thought of trying to demonstrate it myself.

 あの晩、十時過ぎでもあったでしょうか、兎も角殺人事件のすぐ前なんですが、もう床についていた僕の部屋へ、突然長吉が駈込んで来ました。

That evening, it was past 10 o'clock, right before the Kakuno Murder case, Nagakichi suddenly came into my room on the floor.

そして隅っこの方へ小さくなって『かくまって下さい。

And it gets smaller towards the corner, “Please keep it.

かくまって下さい』と上ずった声で頼むのです。

"Please keep it."

見れば顔面は青ざめ、激しい呼吸のために肩が波打っています。

If you look, your face is pale and your shoulders are waving due to intense breathing.

余り唐突のことで、僕はあっけに取られてぼんやりしていましたが、間もなく廊下にあわただしい跫音がして『長吉はどこへ行った』などと聞いている声も聞えます。

It was too abrupt and I was taken abruptly and vaguely, but soon I heard a roaring roar in the corridor, saying "Where did Nagayoshi go?"

声の主はどうやらトランクの二人連の一人らしいのです。

The main voice seems to be one of the two trunks.

 それから随分|方々探し廻っていた様ですが、まさか長吉と僕とが馴染の間柄で、僕の部屋に逃げ込んだとは、女中にしたって想像もしなかったでしょう。

Since then, there seemed to be a lot of people searching around, but it wasn't even imagined that a maid was running into my room because Nagayoshi and I were familiar.

トランクの男はとうとう空しく引返した様子でした。

The man in the trunk finally turned back.

僕は何が何だかさっぱり訳が分らず、やっと安心したのか部屋の真中へ出て来た長吉を捉えて、兎も角も事の仔細を問いただしました。

I didn't understand what was at all, and I was finally relieved to catch Nagakichi, who came out to the middle of the room, and asked the details of both the corner and the corner.

すると、長吉がいいますには、丁度その晩も例の旦那の松村なにがしが宴席に来ていて、酔ったまぎれに余りひどい事をいったりしたりするので、長吉は座にいたたまらず、その場をはずして、あてもなく廊下を歩き廻っていたのだそうですが、通りすがりに、トランクの男の部屋の襖があいていて、中に誰もいないのを見ると、長吉はふとある事を思いついたのです。

Then, to say Nagakichi, exactly that evening, Matsumura Nanaga, who is an example of her husband, came to the banquet and did something terrible with a drunk fool, so Nagakichi wouldn't stay in the seat, It seems that he was walking around the hallway without going out of place, but when he saw that there was a trap in the trunk's man's room and no one in the street, Nagakichi suddenly I came up with.

それは、御承知でしょう、長吉は度々トランクの男に呼ばれていたのですが、何かの機会にあのトランクの中に大金の隠されているのを知ったのです。

You know, Nagayoshi was often called by a trunk man, but at some point, he knew that a lot of money was hidden in that trunk.

手の切れ相なお札の束が幾万円とも知れず入っているのを見たのです。

I saw a bunch of hand-drawn bills with tens of thousands of yen.

マア待って下さい。

Please wait.

おっしゃる通りこの鞄の中にあるのがその金ですが、どうして私の手に入ったかはこれから追々お話しますよ。

As you say, the money is in this cage, but I will tell you why I got it.

 長吉はその金のことを思い出し、あたりに人のいないのを見て、悪心を起したのです。

Nagayoshi remembered the money and saw the absence of people around him, causing nausea.

その内のほんの一束か二束で、明日からでも自由の身になり、いやな松村の毒手をのがれることが出来る。

With only one or two of them, you can become free from tomorrow, and you can get rid of the bad man of Matsumura.

そう思うと、松村の乱暴でいくらか取りのぼせていたのでしょうね。

I think that Matsumura's violence was somewhat overwhelming.

彼女はいきなり部屋へ入って、トランクを開こうとしました。

She suddenly entered the room and tried to open the trunk.

しかし、無論錠前が卸してあるのだから、女の細腕で開くはずがない。

However, since locksmiths are wholesale, it cannot be opened with a woman's thin arms.