文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1612-1651)/1770

それを、彼女はもう夢中で、蓋の隅の方を無理に持上げて、そのすき間から指を入れ、やっとの思いで数十枚のお札を抜き出すことが出来ました。

She was already crazy, forcibly lifted the corner of the lid, put her finger in the gap, and finally pulled out dozens of bills.

が、そうした事に不慣れの彼女は僅一束の紙幣を抜きとるのに可成の時間を費したらしく、ふと気がついた時には、いつの間にか、うしろにトランクの主が恐しい剣幕で立ちはだかっていたのです。

However, she was unfamiliar with such things and spent a good deal of time to pull out a bunch of banknotes. It is.

 長吉が僕の部屋へ逃げ込んで来たのは、まあそういう訳だったのです。

That's why Nagayoshi ran into my room.

が、ここに不思議なのは、トランクの持主の態度でした。

But what was strange here was the attitude of the owner of the trunk.

普通だったら、長吉の行方が分らぬとなれば、早速その事を宿の帳場に通じて、詮議させるべきですが、一向その様子がない。

If it is normal, if you don't know where Nagayoshi is, you should immediately let that go through the inn's bookstore and let the debate go, but there is no way.

長吉が余り心配するものですから、僕はそっとトランクの男の部屋へ忍んで行って様子を見ましたが、妙なことに彼等は大あわてで出発の用意をしているじゃありませんか。

Since Nagayoshi is too worried, I gently sneaked into the trunk man's room and watched the situation.

こんな辻褄の合わぬ話はありません。

There is no such a bad story.

これは何か彼等の方にも秘密があるに相違ない。

There must be some secret to them.

長吉に金を盗まれたことを怒るよりも、彼女にトランクの中味を知られたことの方を恐れているのかも知れない。

Rather than being angry that Nagayoshi has stolen the money, she may be more afraid that she knew the contents of the trunk.

長吉が見たという莫大な紙幣の束、しかもそれをトランクの中へ入れて持ち歩いている。

He carried a huge bundle of banknotes that Nagayoshi saw, putting it in the trunk.

考えて見れば変なことばかりです。

If you think about it, it's all strange.

彼等はひょっとしたら大泥坊か、さもなくば紙幣|贋造者ではないだろうか。

Maybe they are big mud or else banknotes |

当然僕はこんな風に考えました。

Naturally I thought like this.

 部屋へ帰って見ると、長吉はもう身も世もあらず泣きふしています。

When I go back to my room, Nagayoshi is crying with no body or world.

そして持前のヒステリー発作を起して、例の『一緒に死んでくれ』を初めるのです。

Then, start with the example of “Die with me” with a hysterical seizure.

それが、僕までも、どうにも取返しのつかない、いやにせっぱつまった、狂気めいた気分にして了いました。

That ended up in me feeling crazy, irretrievably irretrievably frustrated.

そして、この悪夢の様な気分から、僕はふと途方もないことを考えついたのです。

And from this nightmare-like mood, I suddenly came up with something tremendous.

『そんなにいうなら、殺して上げよう』僕はそういって長吉を湯殿へつれ込みました。

“Tell me that, let's kill it.” That's why I brought Nagakichi into the bath.

焚場を覗いて見ると、幸三造はいない。

Kozozo is not found when looking into the yard.

そこの棚の上には彼の短刀がのっかっている。

His dagger is on the shelf.

(これは前から見て置いて知っていました)で御承知の兇行が演じられた訳なんです」

(This was something I knew from the past.)

三十四

thirty four

「そういう際ながら、僕にはあの激情的な美しい光景を、君に見せて上げたい気持があったのです。

“At that time, I had the feeling that I wanted to show you that passionately beautiful sight.

ひょっとしたら、長吉を逃すことよりも、その方が重な動機だったかも知れませんよ。

Perhaps that might have been a more important motive than missing Nagakichi.

しかし丁度その時、君が眼鏡を覗いていてくれたかどうか、もし覗いていなかったとすると、折角のお芝居が何の甲斐もないことになります。

However, at that time, if you were looking into your glasses, if you weren't looking into it, there would be no worthwhile play.

そこで、僕はもっと現実的な証拠として、前以って脱衣場の板の間に血を流して置くことを考えつきました。

So I came up with more realistic evidence to shed blood between the dressing boards in advance.

でも、これとても本当に気まぐれな、お芝居気たっぷりな咄嗟の思いつきに過ぎなかったのです。

However, this was just the idea of a very quirky, playful kite.

 僕はある旅先で、友達から注射器を貰っていました。

I was getting a syringe from a friend on a trip.

僕の癖としてそういう医療器械などにいうにいわれぬ愛着を感じるのですね。

I don't know what to say about such medical instruments as my nephew.

おもちゃの様に、しょっちゅう持ちあるいていたのですよ。

I always had it like a toy.

で、其注射器によって、長吉の腕からと、私の腕からと、両方合せて茶碗に一杯程の血潮を取り、それを海綿で以て板の間へぬりつけた訳なのです。

So, with the syringe, both from the arm of Nagayoshi and from my arm, I took a cup of blood from the teacup and glued it between the boards with sponge.

恋人の血を取って自分の血に混ぜ合せる、その劇的な考えが僕を有頂天にしてしまったのです」

The dramatic idea of taking the lover's blood and mixing it with my own blood made me ecstatic. ''

「でもたった茶碗に一杯の血が、どうしてあんなに沢山に見えたのでしょう。

“But why was so much blood in a bowl?

人一人が死ぬほどの量に見えたのでしょう」私は思わず口をはさみました。

It seemed that it was enough to kill one person. ”I caught my mouth unintentionally.

「そこですよ」河野はいくらか得意らしく答えました。

“That's right,” Kono responded somewhat nicely.

「それはただ、拭き取るのと、塗りひろげるのとの相違です。

“It ’s just the difference between wiping and spreading.

誰にしても、まさか、血潮を塗りひろげた者があろうとは考えませんからね、拭きとったとすれば、あれだけの痕跡は、確に人一人殺すに足る分量ですよ、ところが本当は、さも拭き取た跡らしく見せかけて、その実出来るだけ広く塗り廻したのです。

Anyway, I don't think there is anyone who has spread the blood, so if you wipe it off, that much trace will be enough to kill one person, but in fact, They looked like they had been wiped off and applied as widely as possible.

商売の絵心で以て、柱や壁のとばっちりまで、極念入りに拵え上げ、余ったのを短刀の先に塗りつけて、例のブリキ箱に入れて置いたのです。

With the business mind of the business, he raised it up to the pillars and walls, and painted the remainder on the tip of a dagger and put it in the tin box of the example.

無論長吉はその場から逃がしてやりました。

Of course, Nagayoshi escaped from the spot.

彼女にしては、泥坊の汚名を着るか、自由の身になるかの瀬戸際ですから、怖がっている場合ではありません。

For her, it ’s not the case that she ’s scared because she ’s on the brink of wearing a stigma of thief or becoming free.