文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1652-1691)/1770

山伝いに闇にまぎれて、Y町とは反対の方へ走りました。

In the darkness over the mountain, I ran to the opposite of Y town.

無論落ちつく先きはちゃんと申し合せてあったのです」

Of course, the point that settled down was properly informed. "

 私はあまりあっけない事実に、いくらかがっかりしないではいられませんでした。

I couldn't help but be disappointed by the fact that it wasn't so good.

しかし、疑問はこれですっかり解けたのでしょうか。

However, has the question been solved completely?

いやいやあれが単なるお芝居であったとすると、益々不可解な点が出来て来ます。

If that was n’t just a play, there are more and more mysterious things.

「それじゃ例の人間を焼く匂いはどこから来たのでしょう」私は性急に問いかけました。

“Then, where did the smell of burning humans come from?” I asked quickly.

「又、三造はどうして変死をとげたのでしょう。

“And why did Sanzo die?

そして、それがなぜ君の責任なのか、どうもよく分りませんね」

And I don't know why it's your responsibility. ''

「今お話ししますよ」河野は沈んだ調子で続けました。

“I will tell you now,” Kono continued in a depressed condition.

「それからあとは、君も大概御承知の通りです。

“After that, you are generally aware.

幸トランクの男が、想像に違わず何かの犯罪者であったと見え、夜の内に姿をくらまし、あれほど探しても行方が分らないものですから、僕のお芝居が一層本当らしく見え、被害者長吉、加害者トランクの男と極めてしまって、警察を初め少しも疑う者がないのです。

Yuki Trunk's man seems to have been a criminal somehow without imagination, and he disappeared in the night, so even if he searches for it, he can't find whereabouts, so my play looks more realistic, The victim, Nagayoshi, and the perpetrator's trunk man, are extremely suspicious of the police.

しかし、事件の発頭人である僕にしては、騒ぎが大きくなればなるほど、もう心配でしようがありません。

However, for me who is the founder of the incident, the greater the commotion, the more I can't worry.

今更あれはいたずらだったと申出る訳にも行かず、そうかといって黙っていれば、いつトランクの男が捉えられて真相が暴露しないとも限りません。

There is no reason to say that it was mischievous now, and if you are silent about it, there is no guarantee that the trunk man will be caught and the truth will not be revealed.

一時の出来心に任せて、とんでもないことを仕出かしてしまったと、僕はどれ程後悔したことでしょう。

How much I regretted that I was left with a temporary workmanship and made a ridiculous thing.

そんな訳で、長吉が約束の場所で首を長くして待っているにも拘わらず、そこへ行くことが出来ません。

That's why you can't go there even though Nagayoshi waits with a long neck at the promised place.

事件がどちらかにかたづいてしまうまでは、どうしても湖畔亭を立去る気になれません。

I don't feel like leaving Kohan-tei until the incident is over.

この十日ばかりというもの、表面に苦しい平気を装いながら、僕がどんな地獄を味わっていたか、とても局外者には想像出来ないだろうと思います。

I think it would be hard for outsiders to imagine what hell I had tasted while wearing a painful and uncomfortable atmosphere on these days.

 僕は探偵を気取って、君と一緒に色々なことをやりましたが、実はどこから僕のお芝居がばれてくるか、ビクビクものでそれを待っていた訳なんです。

I was preoccupied with a detective and did a lot of things with you, but in fact, I was waiting for it with a thrilling thing about where my play came from.

ところが、例の覗き眼鏡をとり外していた時、突如として新しい登場者が現れました。

However, when I took off my peeping glasses, a new character suddenly appeared.

あの晩の怪しい人影は僕はわざと隠していましたけれど、風呂番の三造だったのです。

I had hidden the suspicious figure of that night on purpose, but it was a bathhouse.

彼が宿の主人の財布を落して行ったのは、前にもいった彼の盗癖から考えてさして驚くにも当らぬことですが、おかしいのは中にあった五百円です。

It is not surprising to think of his stealing that he dropped the innkeeper's wallet, but the strange thing is the 500 yen that was inside.

主人は自分の金だといいます。

The master is said to be his own money.

けれど、どうもそぶりが変です。

However, the appearance is strange.

彼は評判の慾ばり爺ですから、当てになったものではありません。

He's a reputable player, so it's not a guess.

そこで、僕は三造がこの事件に関聯して何か秘密を持っているに相違ないと目星をつけ、彼の身辺につき纒って探偵を始めました。

So I made a point that Sanzo must have some secret about this incident, and started his detective by hitting him.

そして、その結果驚くべき事実を発見したのです」

And as a result, we found amazing facts. ''

三十五

Thirty five

「三造は例の大トランクを二つ共、どこから拾って来たのか、焚場の石炭の中に隠していたのです。

“Sanzo hid the two large trunks of the example in the coal of Kayaba, where they came from.

トランクの男達は、多分目印しにされることを恐れて、トランクを山の中に隠し、身をもって逃げ去ったのでしょうが、三造はそれを見ていたのかも知れません。

The men of the trunk probably hid the trunk in the mountains and fled away with fear, perhaps afraid of being marked, but Sanzo might have seen it.

或は後になって、森の中へ枯枝を集めに行った時に偶然発見したのかも知れません。

It may have been discovered by chance when we went to collect dead branches into the forest.

兎も角、中味の莫大な紙幣もろとも、彼はトランクを盗んでいたのです。

He was stealing the trunk, both in the corner and in the vast banknotes.

これであの財布の中の五百円も解釈がつく訳ですね。

That's why you can interpret 500 yen in your wallet.

しかし、トランクの持主が、たとえ危急の際であったとはいえ、あの大金を惜げもなく捨てて行ったというのは、少々変です。

However, it is a little strange that the owner of the trunk has thrown away the big money without hesitation even though it was in an emergency.

やっぱり贋造紙幣だったのでしょうか。

After all was it a forged bill?

それとも後日取りに来る積りで、人目につかぬ所へ埋めてでも置いたのでしょうか。

Or did you place it buried in an unseen spot on the piles that came later?

あの大風の晩に懐中電燈で森の中を探し廻っていた男は、ひょっとしたら、彼等の命を受けてトランクを探しに来た一味の者だったかも知れませんね。

The man who was searching around the forest with a flashlight on that stormy night was probably the one who came to look for the trunk with their lives.

 事件は段々複雑になって来ました。

The incident has become increasingly complex.

どうなることか少しも見当がつきません。

I have no idea what will happen.

僕の向う見ずないたずらが、この様な大事件になろうとは、全く予想外で、随って心配は益々強くなるばかりです。

It is totally unexpected that my mischievous mischief overcoming me will become such a big incident, and my worries are only getting stronger.

ところが、四五日以前、警察の大がかりなトランク捜索がはじまる頃には三造も自分の所業に恐れを抱きはじめました。

However, before the 45th, Sanzo began to be afraid of his work when the police began a large trunk search.