文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1692-1727)/1770

そして、その唯一の証拠品であるトランクを、風呂|竈で焼くことを思いつきました。

And I came up with the only proof of it, the trunk, which is baked in a bath |

人の寐静まった頃を見はからい、トランクをこわしては、少しずつ焼き捨てて行くのです。

It's hard to see when people are calm, and when you break the trunk, burn them up little by little.

僕は現にそれを隙見していたのですが、まさか対岸の村まで獣皮の匂いが漂って行こうとは思いませんでした。

I actually had a chance to do it, but I didn't want to smell the animal skin as far as the village on the opposite bank.

いうまでもなく、これが死体を焼く匂いと間違えられた訳です。

Needless to say, this was mistaken for the smell of burning dead bodies.

僕はかつて、外国にもこれと似た事件のあったことを聞いています。

I have heard that there was a similar incident in a foreign country.

何でも田舎の一軒家の煙突から盛んに黒煙が出て、火葬場の匂いがするものですから、村人が騒ぎ出し、てっきり死体を焼いているものと思って調べて見ると、あにはからんや、古靴かなんかをストーヴに投げ込んだものと分りました。

Anything from the chimneys of a house in the country is a lot of black smoke, and it smells like a crematorium. I knew it was throwing old shoes into the stove.

その家の主人がある殺人事件の嫌疑者だったために飛んだ騒ぎになったのです。

The house owner was a suspect in a murder case, so it became a fuss.

 しかし、僕はその当時そこまで考えた訳ではありません。

However, I did not think so much at that time.

ただもう途方に暮れてしまったのです。

I'm just at a loss.

もしこの愚者の軽挙から事の真相がばれる様なことがあってはと、それが先ず心配でした。

First of all, I was worried if there was something that would reveal the truth of this fool.

で、少しでも発覚を遅らせる意味で、僕は三造を逃亡させようと計りました。

So, in order to delay the detection even a little, I tried to escape Sanzo.

警察で彼を疑い出したことを、それとなくほのめかし、彼を怖わがらせたのです。

He allegedly suspected him at the police and scared him.

悪人にしろ、そこは愚ものの事です。

To the villain, it's a fool.

僕の計画を見破るどころか、トランクを盗んだということから、直に殺人の嫌疑までかけられるものと思い込み、丁度村の巡査が僕を訪ねて来た日です、彼は例の紙幣の束だけを風呂敷包みにして、彼の故郷である山の奥へと逃げ出したのです。

Rather than seeing my plan, it was the day that the village patroller visited me, thinking that he could have just been charged with murder because he stole the trunk, he just took a bunch of banknotes He wrapped up in a furoshiki and ran away to the depths of his home mountain.

僕は計画がまんまと成功したのを喜び、寧ろ彼を護衛する様な心持で、そのあとを尾行しました。

I was delighted that the plan was a success, and rather followed me with a spirit of escorting him.

 ところが、その途中、あの桟道の所で、思いがけぬ出来事が起ったのです。

However, an unexpected event occurred on the way along the way.

余りに道を急いだために、三造は崖から辷り落ちて変死をとげてしまったのです。

Too fast, Sanzo fell from the cliff and died.

僕は大急ぎで下におりて、介抱して見ましたが、最早や蘇生の見込みはありません。

I was in a hurry down and watched it, but there was no chance of resuscitation anymore.

考えて見れば可哀相な男です。

If you think about it, you are a poor man

悪人といっても、それは彼の白痴と同様、彼自身にはどうすることも出来ない生れつきだったのでしょう。

The bad guy, like his idiot, was a birth that he couldn't do.

それを僕の利己的な気持から逃亡を勧めたばかりに、彼はもっと活きられた命を、果敢なくおとしてしまったのです。

Just because he encouraged me to escape from my selfish feelings, he dared to live a more active life.

僕は非常な罪を犯した様な気がして、無慙な死骸を正視するに耐えず、兎も角、紙幣の風呂敷包みだけを拾って、急を知らせるために宿へ引返しました。

I felt like a very guilty crime, and I couldn't stand looking at an innocent carcass.

 ところが、その途中、僕はふとある妙案を思いついたのです。

However, on the way, I came up with a strange idea.

三造は可哀相だとはいえ、もう死んでしまった者だ。

Although Sanzo is sad, he is dead.

もしすべての罪を彼に着せることが出来たなら、長吉はいつまでも死んだものとして、全く自由な一生を送ることが出来、従って自分も最初夢想した様な幸福を味わい得るではないか、それには幸、短刀といい、手の甲の筋といい、三造の日頃の盗癖といい、都合のよいことが揃っている。

If he was able to dress him with all his sins, Nagayoshi could live a totally free life as if he had died indefinitely, so he could taste the happiness he had dreamed of at first, Fortunately, it is called a short sword, it is called the back of a hand, and it is called Sanzo's daily thief.

そこで僕は、俄に三造の変死を知らせることを中止して、彼に罪をなすりつける理窟を考えはじめたものです。

So I stopped informing the samurai about the death of Sanzo and began thinking about a cavern that would guilty him.

丁度そこへ、村の巡査が例の匂いのことを知らせてくれました。

Just there, the village patrol told me the smell of the example.

すっかり陣立てが出来上ったのです。

The formation was completed.

僕は巡査と君の前で、考えて置いた理窟を陳述すればいいのでした。

I had to describe the caves I had thought of in front of the police and you.

 紙幣は一寸見たのでは、贋造かどうか分りません。

Note: If you look at the banknotes for a while, you will not know whether they are forged.

もし本物であったら、僕は一躍大金持ちになることが出来ます。

If it is real, I can become a rich man.

そんな慾心から、お恥かしいことですが、つい焼きすてるのが惜くなり、兎も角も鞄の底に納めて置いたものです。

It's a shame because of such jealousy, but it wasn't easy to burn it, and it was placed in the bottom of the bowl with both the bowl and the horns.

それを君に見られてしまい、このまま分れてはどうしたことで君の口から真相がばれないものでもなく、いっそ本当のことを白状してしまった方が安全だと思ったものですから、こうしてお引留した訳です。

I think it's safer if you can see it, and it doesn't matter what you say, it's safer to confess the truth. That's why we stayed.

つまりこの事件には犯罪というほどのものは一つもなく、長吉のヒステリーと僕の気まぐれから出発して、幾つもの偶然が重なり合い、非常な血腥い大犯罪らしいものが出来上ってしまったのです」

In other words, there was nothing like a crime in this incident, and starting from Nagakichi's hysteria and my whim, a number of coincidences overlapped and a very bloody criminal crime was created. ''

 河野はため息と共に長物語を終りました。

Kono finished the long story with a sigh.

私は裏面の事実の意外さに、暫くは物をいうことも出来ませんでした。

I couldn't say anything for a while because of the facts on the back.