文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1728-1770)/1770

「そういう訳ですから、どうかこのことは君の腹だけに納めて、誰にも話さないで下さい。

"That's why, please keep this in your stomach and don't talk to anyone.

もしこれがばれて、元の雇い主に呼び戻される様なことがあれば、長吉はきっと生きてはいないでしょう。

Nagayoshi would not be alive if this was to be called back to the original employer.

僕も世間に顔むけの出来ないことになります。

I will not be able to face the world.

どうかこの僕の願いを聞き入れて下さい。

Please listen to my wish.

誰にも話さないと誓って下さい」

Please swear that I will not tell anyone. "

「承知しました」私は河野の態度に引入れられ、さも沈痛な調子で答えました。

“I understand.” I was drawn into Kono's attitude and replied in a sorrowful tone.

「決して他言しません。

“Never say anything else.

どうか御安心下さい。

Please rest assured.

そして一刻も早く長吉のいる所へ行って、あの人をも安心させて上げて下さい。

And go to the place where Nagayoshi is as soon as possible, and raise that person with peace of mind.

僕は蔭ながらお二人の幸福を祈っています」

I'm praying for the happiness of both of them. "

 そして、私は一種の感激を以て河野と別れを告げたのです。

And I said goodbye to Kono with a kind of excitement.

河野は私の汽車の出るのを。

Kono is getting my train out.

感謝をこめたまなざしで、永い間見送ってくれました。

Thank you for watching me for a long time.

 それ以来私は彼等を見ません。

Since then I have not seen them.

河野とは二三度文通はしましたけれど、彼等の恋がどの様な実を結んでいたかは知る由もないのです。

I have been communicating with Kono a couple of times, but I have no way of knowing what kind of fruit their love has brought.

ところが最近河野から珍しく長文の手紙を受け取りました。

However, I recently received an unusually long letter from Kono.

彼は長々と私の往年の好意を謝した上、愛人長吉の死を告げ、彼自身も友人の事業に関係して南洋のある島へ旅立つことを知らせて来たのです。

He apologized for my long-standing favors, told the death of mistress Nagakichi, and informed him that he would also travel to an island in the South Ocean in relation to his friend's business.

その文面によれば、彼は恐らく再び日本の土を踏むことはありますまい。

According to the sentence, he will probably not step on the soil of Japan again.

もはや事件の真相を発表しても差支えない時が来たのです。

Now is the time to announce the truth of the incident.

 読者諸君。

Readers.

以上で私の退窟なお話は終りをつげました。

This is the end of my leaving story.

例の莫大な紙幣が本物であったかどうかは、つい聞く機会がありませんでしたが、恐らく贋造紙幣ではなかったかと思います。

I didn't have a chance to ask if the huge banknote of the example was genuine, but I think it was probably a forged banknote.

 ただ一つ、ここにある重大な疑問が残されています。

There is only one serious question left here.

私は河野に別れて以来、日をふるにつれて色濃くなって来るその疑問に、形容の出来ない悩ましさを感じ初めました。

Since I broke up with Kono, I began to feel uncomfortable about the question that became more intense as the day went on.

もし私の想像が当たっているとすれば、私はにくむべき殺人者を、ゆえなく見逃がしたことになるのです。

If my imagination is correct, then I have missed the murderer to be killed.

でも、今はまだその疑いをあからさまにいうべき時機ではありません。

But now isn't the time to reveal that suspicion.

河野は生きているのです。

Kono is alive.

しかも、彼はお国のために海外に出稼ぎをしているのです。

What's more, he is working overseas for his country.

数年前に死んでしまったおろか者の三造の故に、何を好んで、今更犠牲者を出す必要がありましょう。

Whatever you like, you need to give more victims now, because of the three of the idiots who died a few years ago.

底本:「江戸川乱歩全集 第2巻 パノラマ島綺譚」光文社文庫、光文社

Sokomoto: “Edogawa Ranpo Complete Works Vol.2 Panorama Island Kirin” Kobunsha Bunko, Kobunsha

   2004(平成16)年8月20日初版1刷発行

Issued the first edition of the first edition on August 20, 2004

底本の親本:「創作探偵小説集第四巻『湖畔亭事件』」春陽堂

Masterpiece of Sukomoto: “Creative Detective Novels Vol.4“ Kokotei Incident ””

   1926(大正15)年9月

September 1926 (Taisho 15)

初出:「サンデー毎日」大阪毎日新聞社

First appearance: “Sunday Mainichi” Osaka Mainichi Shimbun

   1926(大正15)年1月3日~5月2日

January 3rd to May 2nd, 1926 (Taisho 15)

※底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

* The bottom of the book is made up of “months” (division number 5-86) used for counting things and place names.

※「旦那」と「檀那」の混在は、底本通りです。

* Mixing of “husband” and “danna” is the bottom street.

入力:nami

Input: nami

校正:北川松生

Proofreading: Matsuo Kitagawa

2017年5月14日作成

Created on May 14, 2017

青空文庫作成ファイル:

Blue sky library creation file:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by the internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers are responsible for input, proofreading, and production.