文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

踊る一寸法師:江戸川 乱歩(1-52)/287

踊る一寸法師

One dimensioner who dances

江戸川乱歩

Edogawa Rampo

「オイ、緑さん、何をぼんやりしてるんだな。

"Oi, Mr. Midori, what are you doing vaguely?

ここへ来て、お前も一杯|御相伴にあずかんねえ」

Come here, you are full |

 肉襦袢の上に、紫繻子に金糸でふち取りをした猿股をはいた男が、鏡を抜いた酒樽の前に立ちはだかって、妙に優しい声で云った。

A man wearing a monkey's crotch with a purple cocoon cut off on a meat jar stood in front of a sake barrel with a mirror and said in a strangely gentle voice.

 その調子が、何となく意味あり気だったので、酒に気をとられていた、一座の男女が一斉に緑さんの方を見た。

】 Because the tone was somehow meaningful, the men and women who were paying attention to the sake looked at Mr. Midori.

 舞台の隅の、丸太の柱によりかかって、遠くの方から同僚達の酒宴の様子を眺めていた一寸法師の緑さんは、そう云われると、いつもの通り、さもさも好人物らしく、大きな口を曲げて、ニヤニヤと笑った。

Mr. Midori, a dimension teacher who was hanging on a log pillar in the corner of the stage and looking at the spree of his colleagues from a distance, said that, as usual, it looks like a good person and has a big mouth Bent and laughed grinningly.

「おらあ、酒は駄目なんだよ」

"Oh, you can't use sake."

 それを聞くと、少し酔の廻った軽業師達は、面白そうに声を出して笑った。

Listening to it, the light workers who got a little drunk laughed out loud.

男達の鹽辛声と、肥った女共の甲高い声とが、広いテント張りの中に反響した。

The harsh voices of men and the high-pitched voices of discerning women echoed in a wide tent.

「お前の下戸は云わなくったって分ってるよ。

"I know you didn't need your lower door.

だが、今日は特別じゃねえか。

But isn't it special today?

大当りのお祝いだ。

A big hit celebration.

何ぼ不具者だって、そうつき合いを悪くするものじゃねえ」

`` Even a disabled person doesn't make that bad.

 紫繻子の猿股が、もう一度優しく繰返した。

繻 Murasaki's monkey crotch gently repeated once more.

色の黒い、脣の厚い、四十|恰好の巖乗な男だ。

He is a dark-colored, thick-skinned, fortunate man.

「おらあ、酒は駄目なんだよ」

"Oh, you can't use sake."

 やっぱりニヤニヤ笑いながら、一寸法師が答えた。

After all, laughing grinning, the one dimensioner answered.

十一二歳の子供の胴体に、三十男の顔をくっつけた様な怪物だ。

It's a monster that looks like the twelve boy's face stuck to the body of a 12-year-old child.

頭の鉢が福助の様に開いて、らっきょう型の顔には、蜘蛛が足を拡げた様な、深い皺と、キョロリとした大きな眼と、丸い鼻と、笑う時には耳までさけるのではないかと思われる大きな口と、そして、鼻の下の薄黒い無精髯とが、不調和についていた。

The bowl of the head opens like Fukusuke, and on the face of the raccoon-shaped face, you don't avoid the deep heels, the big eyes, the round nose, and the ears when you laugh. The large mouth that seems to be, and the dark stubble under the nose were inconsistent.

青白い顔に脣だけが妙に真赤だった。

Only the cocoon on the pale face was strangely red.

「緑さん、私のお酌なら、受けて呉れるわね」

"Mr. Midori, if you are my mom, you can get it."

 美人玉乗りのお花が、酒の為に赤くほてった顔に、微笑を浮べて、さも自信ありげに口を入れた。

The flower of a beautiful ball rider smiled on the face that was reddish for sake, and put her mouth with confidence.

村中の評判になった、このお花の名前は、私も覚えていた。

I remembered the name of this flower, which became popular throughout the village.

 一寸法師は、お花に正面から見つめられて、一寸たじろいだ。

】 One dimensioner was staring at the flower from the front and was one inch at ease.

彼の顔には一刹那不思議な表情が現れた。

A strange expression appeared on his face.

あれが怪物の羞恥であろうか。

Is that a shame of a monster?

併し、暫くもじもじしたあとで、彼はやっぱり同じことを繰返した。

At the same time, after a while, he repeated the same thing.

「おらあ、酒は駄目なんだよ」

"Oh, you can't use sake."

 顔は相変わらず笑っていたが、それは咽喉にひっかかった様な、低い声だった。

“The face was laughing as usual, but it was a low voice like a throat.

「そう云わないで、まあ一杯やんなよ」

“Do n’t say that, it ’s pretty good.”

 紫繻子の猿股は、ノコノコと歩いて行って、一寸法師の手を取った。

繻 Shiriko's Monkey Crotch walked with Nokonoko and took the hand of a one-dimensional teacher.

「さあ、こうしたら、もう逃がしっこないぞ」

"Now, you can't escape anymore."

 彼は、そう云って、グングンその手を引っぱった。

He said that, and he pulled his hand.

 巧みな道化役者にも似合わない、豆蔵の緑さんは、十八の娘の様に、併し不気味な嬌羞を示して、そこの柱につかまったまま動こうともしない。

Mr. Midori from Mamezo, who doesn't look good even as a clown clown, does not try to move while holding on to a pillar there, like an eighteen daughter.

「止せったら、止せったら」

"If you can stop, if you can stop"

 それを無理に紫繻子が引張るので、その度に、つかまっている柱が撓って、テント張りの小屋全体が、大風の様にゆれ、アセチリン瓦斯の釣ランプが、鞦韆の様に動いた。

As the purple lion pulls it forcibly, the pillar that is being held is bent, and the entire tent hut is swayed like a wind, and the acetylene gas fishing lamp moves like a kite. .

 私は何となく気味が悪かった。

I was somehow weird.

執拗に丸太の柱につかまっている一寸法師と、それを又|依怙地に引きはなそうとしている紫繻子、その光景に一種不気味な前兆が感じられた。

I felt a kind of eerie sign in the sight of the one dimensioner who was relentlessly holding onto the pillar of the log, and Shishiko who was trying to pull it back to Yori.

「花ちゃん、豆蔵のことなぞどうだっていいから、サア、一つお歌いよ。

“Hana-chan, you can sing about Mamezo.

ねえ。

Hey you.

お囃しさん」

The old man "

 気がつくと、私のすぐ側で、八字髭をはやして、その癖妙ににやけた口を利く、手品使いの男が、しきりとお花に勧めていた。

When I noticed, a man with magic tricks, with a cleverly mellow mouth, immediately recommended me to the flowers.

新米らしいお囃しのおばさんは、これもやっぱり酔っぱらっていて、猥褻に笑いながら、調子を合せた。

The aunt like a new rice was also drunk, and tuned in with a laugh.

「お花さん、歌うといいわ。

“Oh, you should sing.

騒ぎましょうよ。

Let's make a noise.

今晩は一つ、思いきり騒ぎましょうよ」

Let's make one commotion tonight "

「よし、俺が騒ぎ道具を持って来よう」

"Okay, let me bring you the noise tool"

 若い軽業師が、彼も肉襦袢一枚で、いきなり立上って、まだ争っている一寸法師と紫繻子の側を通り越して、丸太を組合せて作った二階の楽屋へ走って行った。

】 A young junior stood up with a piece of meat but suddenly ran past the side of the still-conflicting one-dimension teacher and Shishiko and went to the second-floor dressing room made of logs.

 その楽器の来るのも待たないで、八字髭の手品使いは、酒樽のふちを叩きながら、胴間声をはり上げて、三曲|万歳を歌い出した。

で Don't wait for the instrument to come, and the magician of the eight-letter sword sang three songs |

玉乗娘の二三が、ふざけた声で、それに和した。

Twenty-three of the girl on board, mingled with a playful voice.

そういう場合、いつも槍玉に上るのは一寸法師の緑さんだった。

In such a case, Mr. Midori, the one-dimensional teacher, always climbed the jade ball.