文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

踊る一寸法師:江戸川 乱歩(53-106)/287

下品な調子で彼を読込んだ万歳|節が、次から次へと歌われた。

The verse that sang him in a vulgar tone was sung one after another.

 てんでんに話し合ったり、ふざけ合ったりしていた連中が、段々その歌の調子に引き入れられて、遂には全員の合唱となった。

The guys who were talking and joking about Tenden were gradually drawn into the tune of the song, and finally became the chorus of everyone.

気がつかぬ間に、さっきの若い軽業師が持って来たのであろう、三味線、鼓、鉦、拍子木などの伴奏が入っていた。

It was accompanied by accompaniments such as the shamisen, drums, koto, and beats that the younger lighter had brought before.

耳を聾せんばかりの、不思議なる一大交響楽が、テントをゆるがした。

A mysterious grand symphony with all my ears relaxed my tent.

歌詞の句切り句切りには、恐しい怒号と拍手が起った。

There was a terrible anger and applause for the lyrics.

男も女も、酔が廻るにつれて、漸次狂的にはしゃぎ廻った。

Both men and women gradually frolicked as they got drunk.

 その中で、一寸法師と紫繻子は、まだ争いつづけていた。

Among them, Isshiki and Shishiko were still fighting.

緑さんはもう丸太を離れて、エヘエヘ笑いながら、小猿の様に逃げ廻っていた。

Mr. Midori had already left the log and ran around like a little monkey laughing.

そうなると彼はなかなか敏捷だった。

Then he was very agile.

大男の紫繻子は、低能の一寸法師に馬鹿にされて、少々|癇癪を起していた。

The great man Shizuko was a little stupid by a low-caliber one-dimensional teacher, and a little |

「この豆蔵|奴、今に、吠面かくな」

"This bean warehouse |

 彼はそんな威嚇の言葉を怒鳴りながら追っかけた。

“He chased such a threatening word, yelling.

「御免よ、御免よ」

"Thank you, please"

 三十|面の一寸法師は、小学生の様に、真剣に逃げ廻っていた。

Thirty | One dimension master was running away like a primary school student.

彼は、紫繻子にとっつかまって、酒樽の中へ首を押しつけられるのが、どんなにか恐しかったのであろう。

He was so scared that he was caught by the purple lion and pushed his neck into the barrel.

 その光景は、不思議にも私にカルメンの殺し場を思出させた、闘牛場から聞えて来る、狂暴な音楽と喊声につれて、追いつ追われつしている、ホセとカルメン、どうした訳か、多分服装のせいであったろう、私はそれを聯想した。

The scene was mysteriously reminded me of the killing ground of Carmen, heard from the bullring, chasing after violent music and hoarseness, José and Carmen, why? Or maybe it was because of clothes, I meditate on it.

一寸法師は真赤な道化役の衣裳をつけていた。

The one-dimensional teacher wore a crimson costume.

それを、肉襦袢の紫繻子が追っかけるのだ。

It is followed by the purple lion of meat.

三味線と鉦と鼓と拍子木が、そして、やけくそな三曲万歳が、それを囃し立てるのだ。

The shamisen, koto, drums, and time lap trees, and the swanky tune of three songs, make up for it.

「サア、とっつかまえたぞ、こん畜生」

"Saa, I've caught you, livestock"

 遂に紫繻子が喊声を上げた。

Finally, Shizuko shouted.

可哀相な緑さんは、彼の巖乗な両手の中で、青くなってふるえていた。

The poor man, Mr. Midori, was turning blue and shaking in his sad hands.

「どいた、どいた」

"It was, it was"

 彼はもがく一寸法師を頭の上にさし上げて、こちらへやって来た。

’He came here with a swordsman on his head.

皆は歌うのを止めて、その方を見た。

Everyone stopped singing and looked at him.

二人の荒々しい鼻息が聞えた。

I could hear the violent nose of them.

 アッと思う間に、真逆様につり下げられた一寸法師の頭が、ザブッと酒樽の中に漬った。

間 に While I was thinking, the head of a one-dimensional teacher suspended in the opposite direction dipped into the barrel.

緑さんの短い両手が、空に藻がいた。

Mr. Midori's short hands had algae in the sky.

パチャパチャと酒のしぶきが飛び散った。

Splashes of squirting and alcohol were scattered.

 紅白|段だら染の肉襦袢や、肉色の肉襦袢や、或は半裸体の男女が、互に手を組み膝を合せて、ゲラゲラ笑いながら見物していた。

Red and white | Dandy-colored meat jars, flesh-colored meat jars, or semi-naked men and women were watching each other with their hands together and kneeling together, laughing.

誰もこの残酷な遊戯を止めようとはしなかった。

No one tried to stop this cruel game.

 存分酒を飲まされた一寸法師は、やがて、そこへ横様に抛り出された。

One dimensioner who had drunk enough alcohol eventually struck out sideways.

彼は丸くなって、百日咳の様に咳入った。

He curled up and coughed like a whooping cough.

口から鼻から耳から、黄色い液体がほとばしった。

A yellow liquid spilled from the mouth, nose, and ears.

彼のこの苦悶を囃す様に、又しても三曲万歳の合唱が始った。

As if to repent of his anguish, a three-million-year-old chorus started again.

聞くに耐えぬ罵詈讒謗が繰返された。

The habit of unbearable listening was repeated.

 一しきり咳入った後は、ぐったりと死骸の様に横わっている一寸法師の上を、肉襦袢のお花が、踊り廻った。

後 After having a cough, a flower of meat flesh danced on the one-dimensional teacher lying like a dead body.

肉つきのいい彼女の足が、屡々彼の頭の上を跨いだ。

Her full-bodied legs often straddled his head.

 拍手と喊声と、拍子木の音とが、耳を聾するばかりに続けられた。

The applause, hoarseness, and the sound of the time-lapse trees continued as if they were listening.

最早そこには、一人として正気な者はいなかった。

There was no one who was sane there anymore.

誰も彼も狂者の様に怒鳴った。

Everyone and he yelled like a madman.

お花は、早調子の万歳節に合せて、狂暴なジプシー踊りを踊りつづけた。

Ohana continued to perform a violent gypsy dance in time for the early years.

 一寸法師の緑さんは、やっと目を開くことが出来た。

Mr. Midori, one dimensioner, finally opened his eyes.

不気味な顔が、猩々の様に真赤になっていた。

The eerie face was reddish like a lonely person.

彼は肩息をしながら、ヒョロヒョロと立上ろうとした。

He took a shoulder and tried to stand up.

と、丁度その時、踊り疲れた玉乗女の大きなお尻が、彼の目の前に漂って来た。

Just then, the big buttocks of a tired ball riding woman drifted in front of him.

そして、故意か偶然か、彼女は一寸法師の顔の上へ尻餅をついて了った。

And whether intentional or accidental, she put a butt on the face of one dimensioner.

 仰向きにおしつぶされた緑さんは、苦し相なうめき声を立てて、お花のお尻の下で藻がいた。

Mr. Midori, who was crushed on his back, groaned in pain and had algae under the flower butt.

酔っぱらったお花は、緑さんの頭の上で馬乗りの真似をした。

The drunk flower imitated a horse ride on Mr. Midori's head.

三味線の調子に合せて、「ハイ、ハイ」とかけ声をしながら、平手でピシャピシャと緑さんの頬を叩いた。

In response to the tone of the shamisen, he slammed the cheeks of Pishapisha and Mr. Midori with a screaming voice.

一同の口から馬鹿笑いが破裂した。

The ridiculous laughter burst from all the mouths.

けたたましい拍手が起った。

A big applause occurred.

だが、その時緑さんは、大きな肉塊の下じきになって、息も出来ず、半死半生の苦みをなめていたのだ。

At that time, however, Mr. Midori was under a large lump of meat, unable to breathe, and licking the half-dead half-life.

 暫くしてやっと許された一寸法師は、やっぱりニヤニヤと、愚な笑いを浮べて、半身を起した。

After a while, the one-dimensional teacher finally allowed him to laugh and laughed with a stupid smile.