文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

踊る一寸法師:江戸川 乱歩(107-175)/287

そして、常談の様な調子で、

And, like the usual story,

「ひでえなあ」

"Hideena"

 とつぶやいたばかりだった。

I just muttered.

「オー、鞠投げをやろうじゃねえか」

"Oh, can't I throw a spear?"

 突然、鉄棒の巧みな青年が立上って叫んだ。

Suddenly, a skillful youth of a horizontal bar stood up and shouted.

皆が「鞠投げ」の意味を熟知している様子だった。

It seemed that everyone was familiar with the meaning of “throwing a kite”.

「よかろう」

“Good”

 一人の軽業師が答えた。

”One light worker answered.

「よせよ、よせよ、あんまり可哀相だよ」

“Yose, Yose, it ’s very sad.”

 八字髭の手品使いが、見兼ねた様に口を入れた。

”The magician of the eight-letter jar entered his mouth as if he had not seen it.

彼|丈けは、綿ネルの背広を着て、赤いネクタイを結んでいた。

He | Length was wearing a cotton flannel and a red tie.

「サア、鞠投げだ、鞠投げだ」

"Saa, throwing a spear, throwing a spear"

 手品使いの言葉なんか耳にもかけず、彼の青年は一寸法師の方へ近いて行った。

Listening to the words of magic, his young man went closer to the dimension teacher.

「オイ、緑さん始めるぜ」

“Oy, Mr. Midori will start”

 そういうが早いか、青年は不具者を引っぱり起して、その眉間を平手でグンとついた。

[It was early, but the young man pulled out the disabled and shook his eyebrows with his hands.

一寸法師は、つかれた勢で、さも鞠の様にクルクル廻りながら、後の方へよろけて行った。

The one-dimensional mechanic went around and swayed around like a frog in a desperate manner.

すると、そこにもう一人の青年がいて、これを受けとめ、不具者の肩を掴んで自分の方へ向けると、又グンと額をついた。

Then there was another young man, and when he received it, grabbed the shoulder of the disabled person and turned it towards him, and he again gave his forehead.

可哀相な緑さんは、再びグルグル廻りながら前の青年の所へ戻って来た。

Ms. Midori, who was sad, came back to the previous youth while going around again.

それから、この不思議な、残忍なキャッチボールが、いつまでもくり返された。

Then this mysterious, brutal catch ball was repeated forever.

 いつの間にか、合唱は出雲拳の節に変っていた。

[Sometimes, the chorus was changed to Izumo Ken's section.

拍子木と三味線が、やけに鳴らされた。

The beat and shamisen were struck.

フラフラになった不具者は、執念深い微笑を以て、彼の不思議な役目を続けていた。

The disabled person who became hungry continued his mysterious role with a tenacious smile.

「もうそんな下らない真似はよせ。

"Imitations that won't go down anymore.

これからみんなで芸づくしをやろうじゃないか」

Let ’s do the arts together. ”

 不具者の虐待に飽きた誰かが叫んだ。

Screamed someone who got tired of the abuse of the disabled.

 無意味な怒号と狂気の様な拍手が、それに答えた。

The meaningless anger and applause like madness answered it.

「持ち芸じゃ駄目だぞ。

“You ca n’t do it by hand.

みんな、隠し芸を出すのだ。

Everyone will do the hidden tricks.

いいか」

OK? "

 紫繻子の猿股が、命令的に怒鳴った。

繻 Shiretoko's crotch shouted on command.

「まず、皮切りは緑さんからだ」

“First of all, Mr. Midori is the first.”

 誰かが意地悪くそれに和した。

Someone was reluctantly reconciled with it.

ドッと拍手が起った。

Applause suddenly occurred.

疲れ切って、そこに倒れていた緑さんは、この乱暴な提議をも、底知れぬ笑顔で受けた。

Mr. Midori, who was exhausted and fell there, received this rough proposal with an unfathomable smile.

彼の不気味な顔は泣くべき時にも、笑った。

His spooky face laughed even when he should cry.

「それならいいことがあるわ」真赤に酔っぱらった美人玉乗りのお花が、フラフラと立上って叫んだ。

“That's good.” A flower of a beautiful dragon riding in the red screamed up and shouted.

「豆ちゃん。

"Mame-chan.

お前。

you.

髭さんの大魔術をやるといいわ。

I hope you'll do great magic.

一|寸だめし五|分だめし、美人の獄門てえのを、ね、いいだろ。

1 | Don't use it for 5 minutes.

おやりよ」

I ’ll do it.

「エへへへへへ」不具者は、お花の顔を見つめて笑った。

The disabled person laughed at the face of the flower.

無理に飲まされた酒で、彼の目は妙にドロンとしていた。

It was drunk forcibly and his eyes were strangely Delon.

「ね、豆ちゃんは、あたいに惚れてるんだね。

“Nee, Bean-chan is drowning.

だから、あたいのいいつけなら、何んだって聞くだろ。

So, if you ’re a good person, what would you ask?

あたいがあの箱の中へ這入ってあげるわ。

I'll put a bowl in that box.

それでもいやかい」

Still noisy "

「ヨウヨウ、一寸法師の色男!」

“You are the one-dimensional teacher!”

 又しても、破れる様な拍手と、笑声。

Again, a torn applause and laughter.

 豆蔵とお花、美人獄門の大魔術、この不思議な取合せが、酔っぱらい共を喜ばせた。

Mamezo and Ohana, the beautiful magic of Gokumon, and this mysterious arrangement delighted the drunks.

大勢が乱れた足どりで、大魔術の道具立てを始めた。

He started to build a large witchcraft tool with many confused legs.

舞台の正面と左右に黒い幕がおろされた。

Black curtains were dropped on the front and left and right of the stage.

床には黒い敷物がしかれた。

There was a black rug on the floor.

そして、その前に、棺桶の様な木箱と、一箇のテーブルが持出された。

Before that, a wooden box like a kite and a table were taken out.

「サア、始まり始まり」

"Saa, the beginning begins"

 三味線と鉦と拍子木が、お極りの前奏曲を始めた。

三 Shamisen, Sakai, and Kuregi started the perfect prelude.

その囃しに送り出されて、お花と、彼女に引立てられた不具者とが、正面に現れた。

Sent to the screen, a flower and a disabled person raised by her appeared in the front.

お花はピッタリ身についた肉色のシャツ一枚だった。

The flower was just a flesh-colored shirt.

緑さんはダブダブの赤い道化服をつけていた。

Mr. Midori was wearing a red clown of dabudab.

そして、彼の方は、相も変らず、大きな口でニヤリニヤリと笑っていた。

And he was laughing with a big mouth.

「口上を云うんだよ、口上を」

"I say my mouth, my mouth"

 誰かが怒鳴った。

Someone yelled.

「困るな、困っちまうな」

"Don't be in trouble, don't be in trouble"

 一寸法師は、ぶつぶつそんなことをつぶやきながら、それでも、何だか喋り始めた。

】 One dimensioner murmured such a thing, but still began to speak something.

「エー、ここもと御覧に供しまするは、神変不思議の大魔術、美人の獄門とござりまして、これなる少女をかたえの箱の中へ入れ、十四本の日本刀をもちまして、一寸だめし、五分だめし、四方八方より田楽刺しと致すのでござります。

“A, here we are going to see is the magic of the mysterious wonder, the prison of the beauty, put this girl into the box, hold 14 Japanese swords, It ’s no good, no good, and it ’s a sashimi from Shikata and Happo.

エーと、が、それのみにては御慰みが薄い様にござります。

A, but with that alone, comfort is thin.

か様に斬りさいなみましたる少女の首を、ザックリ、切断致し、これなるテーブルの上に、晒し首とござあい。

I cut off the neck of the girl who was slashing like this, cut it off, and exposed it to the exposed table.

ハッ」

Huh "

「あざやかあざやか」「そっくりだ」賞讃とも揶揄ともつかぬ呼声が、やけくそな拍手に混って聞えた。

I was able to hear the voices that weren't ridiculed or ridiculously mixed with ugly applause.