文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

踊る一寸法師:江戸川 乱歩(176-224)/287

 白痴の様に見える一寸法師だけれど、流石に商売柄、舞台の口上はうまいものだ。

Although it looks like an idiot, it is a sculptor, but it has a good business pattern and the mouth of the stage is delicious.

いつも八字髭の手品使いがやるのと、口調から文句から、寸分違わない。

There is always no difference between the use of magical characters and the complaining from the tone.

 やがて、美人玉乗りのお花は、あでやかに一揖して、しなやかな身体を、その棺桶様の箱の中へ隠した。

Eventually, the flower of the beautiful ball rider glamorously and concealed her supple body in the box.

一寸法師はそれに蓋をして、大きな錠前を卸した。

One dimensioner put a lid on it and wholesaled a large lock.

 一束の日本刀がそこに投げ出されてあった。

A bunch of Japanese swords were thrown there.

緑さんは、一本、一本、それを拾い、一度ずつ床につき立てて、偽物でないことを示した上、箱の前後左右に開けられた小さな孔へ、つき通して行った。

Mr. Midori picked it up one by one, stood it once on the floor, showed that it was not a fake, and went through small holes opened on the front, back, left and right of the box.

一刀|毎に、箱の中から物凄い悲鳴が――毎日|見物達を戦慄させたあの悲鳴が――聞えて来た。

One sword | Every time I heard a tremendous scream from inside the box-every day |

「キャー、助けて、助けて、助けて、アレー、こん畜生、こん畜生、こいつは本当に私を殺す気だよ。

"Kah, help, help, help, array, brute, brute, this guy really kills me.

アレー、助けて、助けて、助けて…………」

Array, help, help, help ... "

「ワハハハハハハ」「あざやかあざやか」「そっくりだ」見物達は大喜びで、てんでんに怒鳴ったり、手をたたいたりした。

The “wahahahahahaha”, “brightly vivid” and “just like” spectators were delighted and shouted and clap their hands.

 一本、二本、三本、刀の数は段々増して行った。

】 The number of one, two, three and swords increased gradually.

「今こそ思い知ったか、このすべた奴」一寸法師は芝居がかりで始めた。

“This is the perfect guy that I think now.” One dimensioner started with a play.

「よくもよくもこの俺を馬鹿にしたな。

“Well, I made this idiot ridiculous.

不具者の一念が分ったか、分ったか、分ったか」

`` Do you know the conceit of the disabled?

「アレー、アレー、助けて、助けて、助けて――」

"Array, array, help, help, help ..."

 そして、田楽刺しにされた箱が、生あるものの様に、ガタガタと動いた。

And the box that was stabbed in the country moved rattlingly like a living thing.

 見物達は、この真に迫った演出に夢中になった。

Sightseeing was obsessed with this real approach.

百雷の様な拍手が続いた。

The applause like a hundred thunder continued.

 そして、遂に十四本目の一刀がつきさされた。

And finally, the 14th sword was attached.

お花の悲鳴は、さも瀕死の怪我人の様なうめき声に変って行った。

The flower screams turned into a moan like a drowning injured person.

最早文句をなさぬヒーヒーという音であった。

It was the sound of no hesitation.

やがて、それも絶え入る様に消えて了うと、今|迄動いていた箱がピッタリと静止した。

Eventually, it disappeared as if it was constantly entering, and the box that had been moved up to this point |

 一寸法師はゼイゼイと肩で呼吸をしながら、その箱を見つめていた。

】 One dimensioner was staring at the box while breathing with Zeisei.

彼の額は、水に漬った様に、汗でぬれていた。

His forehead was soaked with sweat as if dipped in water.

彼はいつまでもいつまでも、そうしたまま動かなかった。

He did not move indefinitely.

 見物達も妙に黙り込んだ。

Sightseeing was also strangely silenced.

死んだ様な沈黙を破るものは、酒の為に烈しくなった、皆の息づかいばかりだった。

The only thing that broke the dead silence was the breathing of everyone who became fierce because of sake.

 暫くすると、緑さんは、そろりそろりと、用意のダンビラを拾い上げた。

After a while, Mr. Midori picked up the prepared Dambila.

それは青龍刀の様にギザギザのついた、幅の広い刀だった。

It was a wide sword with a jagged edge like a blue dragon sword.

彼はそれを、も一度床につき立てて、切れ味を示したのち、さて、錠前を脱して、箱の蓋を開けた。

He once stood on the floor, showed sharpness, then took off the lock and opened the box lid.

そして、その中へ件の青龍刀を突込むと、さも本当に人間の首を切る様な、ゴリゴリという音をさせた。

And when I inserted the Seiryu sword into it, it made a sound that really cut my head.

 それから、切って了った見得で、ダンビラを投げ出すと、何物かを袖で隠して、かたえのテーブルの所まで行き、ドサッという音を立てて、それを卓上に置いた。

Then, when I threw Dambila with a good idea of cutting, I hid something with my sleeves, went to the table, made a slam, and placed it on the table.

 彼が袖をのけると、お花の青ざめた生首が現れた。

When he pulled off his sleeve, a flowered green head appeared.

切り口の所からは真赤な生々しい血潮が流れ出していた。

A fresh red blood flowed from the cut end.

それが紅のとき汁だなどとは、誰にも考えられなかった。

No one thought that it was soup when it was red.

 氷の様に冷いものが私の背中を伝って、スーッと頭のてっぺんまで駈け上った。

氷 An ice-cold thing ran down my back and climbed up to the top of my head.

私は、そのテーブルの下には二枚の鏡が直角にはりつめてあって、その背後に、床下の抜け道をくぐって来た、お花の胴体があることを知っていた。

I knew that under the table there were two mirrors stuck at a right angle, and behind that there was a flower body that had passed through a passage under the floor.

こんなものは大して珍しい手品ではなかった。

Such a thing was not a very unusual magic trick.

それにも拘らず、私のこの恐しい予感はどうしたものであろう、それは、いつもの柔和な手品使と違って、あの不具者の、不気味な容貌の為であろうか。

Despite this, what is my fearful premonition, because of the creepy appearance of the crippled man, unlike the usual mediocre magician?

 まっ黒な背景の中に、緋の衣の様な、真赤な道化服を着た一寸法師が、大の字に立ちはだかっていた。

A one-dimensional teacher wearing a bright red clown like a spear on a black background stood out in a large shape.

その足許には血糊のついたダンビラが転っていた。

At the foot of it was a dambira with blood paste.

彼は見物達の方を向いて、声のない、顔一杯の笑いを笑っていた。

He turned to the spectators and laughed at the voiceless, full face laughter.

……だが、あの幽な物音は一体何であろう。

But what is that ghost thing?

それは若しや、真白にむき出した、不具者の歯と歯がカチ合う音ではないだろうか。

Isn't it the sound that the teeth of the disabled people ticked out, barely exposed to whiteness?

 見物達は、依然として鳴りをひそめていた。

Sightseeing was still frowning.

そして、お互が、まるで恐いものでも見る様に、お互の顔をぬすみ見ていた。

And they looked at each other's faces as if they were looking at scary things.

やがて、例の紫繻子がヌックと立上った。

Eventually, the example purple lion stood up with Nook.

そして、テーブル目がけて、ツカツカと二三歩進んだ。

And then I went a few steps toward the table.

流石にじっとしていられなかったのだ。

I couldn't stay still.