文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

踊る一寸法師:江戸川 乱歩(225-287)/287

「ホホホホホホホホ」

"Hohohohohohohoho"

 突然|晴々しい女の笑声が起った。

Suddenly: A wonderful woman laughs.

「豆ちゃん味をやるわね。

“I ’ll do the beans.

ホホホホホホホ」

Hohohohohohoho "

 それは云うまでもなくお花の声であった。

Needless to say, it was a voice of flowers.

彼女の青ざめた首が、テーブルの上で笑ったのだった。

Her pale neck laughed on the table.

 その首を、一寸法師はいきなり又、袖で隠した。

】 One dimensioner suddenly hid his neck with a sleeve.

そして、ツカツカと黒幕のうしろへ這入って行った。

And I went into the back of Tsukatsuka and the mastermind.

跡には、からくり仕掛けのテーブルだけが残っていた。

Only the mechanism table remained in the trace.

 見物人達は、余りに見事な不具者の演戯に、暫くはため息をつくばかりだった。

Sightseeing people were just sighing for a while for the performances of the brilliantly disabled.

当の手品使いさえもが、目をみはって、声を呑んでいた。

Even the magician used to look up and cry out.

が、やがて、ワーッというときの声が、小屋をゆすった。

But in time, the voice of warping shook the hut.

「胴上げだ、胴上げだ」

"Turn up, rise up"

 誰かが、そう叫ぶと、彼等は一団になって、黒幕のうしろへ突進した。

When someone shouted, they came together and rushed behind the masterpiece.

泥酔者達は、その拍子に足をとられて、バタバタと、折重って倒れた。

The drunks fell on their feet and fell down with a slap.

その内のある者は、起上って、又ヒョロヒョロと走った。

One of them got up and ran again.

空になった酒樽のまわりには、已に寐入って了った者共が、魚河岸の鮪の様に取残されていた。

Around the empty sake barrel, those who had already entered the jar were left behind like a fish shore.

「オーイ、緑さーん」

“Oh, green!”

 黒幕のうしろから、誰かの呼び声が聞えて来た。

】 Someone called me after the black curtain.

「緑さん、隠れなくってもいいよ。

“You do n’t have to hide, Mr. Green.

出ろよ」

Get out. "

 又誰かが叫んだ。

Someone cried again.

「お花姉さあん」

"Ohana sister San"

 女の声が呼んだ。

The woman's voice called out.

 返事は聞えなかった。

I couldn't hear a reply.

 私は云い難き恐怖に戦いた。

I fought with terrible fear.

さっきのは、あれは本物のお花の笑声だったのか。

Was that a real flower laughter?

若しや、奥底の知れぬ不具者が、床の仕掛けをふさいで真実彼女を刺し殺し、獄門に晒したのではないか。

A young person who is not well known in the back may have stabbed and killed her by covering the floor and exposed it to the prison gate.

そして、あの声は、あれは死人の声ではなかったのか、愚なる軽業師共は、彼の八人芸と称する魔術を知らないのであろうか。

And that voice wasn't the voice of the dead, or did the stupid novices not know the magic of his eight-person art?

口をつぐんだまま、腹中で発音して死物に物を云わせる、あの八人芸という不思議な術を。

The mysterious technique of eight-person art, which keeps the mouth open and pronounces things in the belly and tells the dead.

それを、あの怪物が習い覚えていなかったと、どうして断定出来るであろう。

How can we conclude that the monster didn't learn it?

 ふと気がつくと、テントの中に薄い煙が充ち充ちていた。

When I noticed, the tent was filled with thin smoke.

軽業師達の煙草の煙にしては、少し変だった。

It was a bit strange for the cigarette smoke of light workers.

ハッとした私は、いきなり見物席の隅の方へ飛んで行った。

I suddenly flew to the corner of the spectator seat.

 案の定、テントの裾を、赤黒い火焔が、メラメラと嘗めていた。

As expected, a black and white fire flame praised the bottom of the tent.

火は已にテントの四周を取りまいている様子だった。

It seemed that the fire had already gone around the tent.

 私は、やっとのことで燃える帆布をくぐって、外の広っぱへ出た。

I finally passed through the burning canvas and went out to the outside.

広々とした草原には、白い月光が、隈もなく降りそそいでいた。

White moonlight was falling on the spacious grassland without hesitation.

私は足にまかせて近くの人家へと走った。

I ran to a nearby house with my feet.

 振り返ると、テントは最早や三分の一まで、燃え上っていた。

In retrospect, the tent was already burning up to one third.

無論、丸太の足場や、見物席の板にも火が移っていた。

Of course, the fire also moved to the log scaffolding and the board for the spectators.

「ワハハハハハハハハハ」

"Wahahahahahahahaha"

 何がおかしいのか、その火焔の中で、酔いしれた軽業師達が狂気の様に笑う声が、遙に聞えて来た。

In the fire, what was wrong was the voice of the drunk light workers laughing like crazy.

 何者であろう、テントの近くの丘の上で、子供の様な人影が、月を背にして踊っていた。

[A man, a child-like figure was dancing on the back of the moon on the hill near the tent.

彼は西瓜に似た丸いものを、提灯の様にぶら下げて、踊り狂っていた。

He hung a round object resembling Saijo like a lantern and danced crazy.

 私は、余りの恐しさに、そこへ立すくんで、不思議な黒影を見つめた。

】 I was standing there with a terrible fear and staring at the mysterious black shadow.

 男は、さげていた丸いものを、両手で彼の口の所へ持って行った。

¡The man took the rounded product with his hands to his mouth.

そして、地だんだを踏みながら、その西瓜の様なものに食いついた。

And while stepping on the ground, I ate in something like that Saijo.

彼はそれを、離しては喰いつき、離しては喰いつき、さも楽しげに踊りつづけた。

He bites it away, bites it away, and dances happily.

 水の様な月光が、変化踊の影法師を、真黒に浮き上らせていた。

水 の Moonlight like water has raised the shadow dancer of change dance to true black.

男の手にある丸い物から、そして彼自身の脣から、濃厚な、黒い液体が、ボトリボトリと垂れているのさえ、はっきりと見分けられた。

From the round object in the man's hand, and from his own jar, a thick, black liquid was clearly discernable, even dripping from the bottom.

底本:「江戸川乱歩全集 第3巻 陰獣」光文社文庫、光文社

Suemoto: “Edogawa Ranpo Complete Works Vol.3: Shadow Beast”

   2005(平成17)年11月20日初版1刷発行

Publish the first edition of the first edition on November 20, 2005

底本の親本:「創作探偵小説集第二巻 屋根裏の散歩者」春陽堂

Masterbook of the bottom book: “Creative Detective Novels Vol.2: Attic Walker” Chunyodo

   1926(大正15)年1月

January 1926 (Taisho 15)

初出:「新青年」博文館

First appearance: “New Youth” Hakubunkan

   1926(大正15)年1月

January 1926 (Taisho 15)

入力:金城学院大学 電子書籍制作

Input: Kinjo Gakuin University, electronic book production

校正:門田裕志

Proofreading: Hiroshi Kadota

2017年4月4日作成

Created on April 4, 2017

青空文庫作成ファイル:

Blue sky library creation file:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/), an Internet library.

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers are responsible for input, proofreading, and production.