文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(1-37)/3301

怪人二十面相

Phantom Twenty Faces

江戸川乱歩

Edogawa Rampo

はしがき

Foreword

 そのころ、東京中の町という町、家という家では、ふたり以上の人が顔をあわせさえすれば、まるでお天気のあいさつでもするように、怪人「二十面相」のうわさをしていました。

At that time, in the towns and houses of Tokyo, there were rumors of the Phantom “Twenty Faces” as if two or more people would meet each other, as if they were greeting the weather.

「二十面相」というのは、毎日毎日、新聞記事をにぎわしている、ふしぎな盗賊のあだ名です。

“Twenty face” is the nickname of a mysterious thief who is busy with newspaper articles every day.

その賊は二十のまったくちがった顔を持っているといわれていました。

The bandit was said to have twenty completely different faces.

つまり、変装がとびきりじょうずなのです。

In other words, disguise is extraordinary.

 どんなに明るい場所で、どんなに近よってながめても、少しも変装とはわからない、まるでちがった人に見えるのだそうです。

ど ん な No matter how bright you look in the place, even if you look closely, you will not see any disguise, it seems to be a different person.

老人にも若者にも、富豪にも乞食にも、学者にも無頼漢にも、いや、女にさえも、まったくその人になりきってしまうことができるといいます。

It can be said that the old man and the young man, the rich man, the beggar, the scholar, the unreliable person, and even the woman can become the person.

 では、その賊のほんとうの年はいくつで、どんな顔をしているのかというと、それは、だれひとり見たことがありません。

So, how many years of the bandit's real year, and what kind of face it has, no one has ever seen it.

二十種もの顔を持っているけれど、そのうちの、どれがほんとうの顔なのだか、だれも知らない。

It has twenty different faces, but no one knows which one is the real face.

いや、賊自身でも、ほんとうの顔をわすれてしまっているのかもしれません。

No, the bandits themselves may have forgotten their real face.

それほど、たえずちがった顔、ちがった姿で、人の前にあらわれるのです。

It appears in front of people with such a different face and a different figure.

 そういう変装の天才みたいな賊だものですから、警察でもこまってしまいました。

[Because it is a bandit like a genius in such disguise, I was stuck with the police.

いったい、どの顔を目あてに捜索したらいいのか、まるで見当がつかないからです。

It ’s because you have no idea what face to search for.

 ただ、せめてものしあわせは、この盗賊は、宝石だとか、美術品だとか、美しくてめずらしくて、ひじょうに高価な品物をぬすむばかりで、現金にはあまり興味を持たないようですし、それに、人を傷つけたり殺したりする、ざんこくなふるまいは、一度もしたことがありません。

However, at least the happiness is that this bandit is a gem, a work of art, a beautiful, messy and very expensive item, and it seems that they are not very interested in cash. I've never done a nasty behavior that hurts or kills me.

血がきらいなのです。

I don't like blood.

 しかし、いくら血がきらいだからといって、悪いことをするやつのことですから、自分の身があぶないとなれば、それをのがれるためには、何をするかわかったものではありません。

However, just because you don't like blood, it's about doing bad things, so if you don't know what you are doing, you don't know what to do.

東京中の人が「二十面相」のうわさばかりしているというのも、じつは、こわくてしかたがないからです。

The reason why people all over Tokyo are rumored to be “20 facets” is because there is no help for it.

 ことに、日本にいくつという貴重な品物を持っている富豪などは、ふるえあがってこわがっていました。

In particular, millionaires who have several valuable items in Japan were scared by their preoccupation.

今までのようすで見ますと、いくら警察へたのんでも、ふせぎようのない、おそろしい賊なのですから。

From what I have seen so far, no matter how much you go to the police, it's a frightening bandit that you can't miss.

 この「二十面相」には、一つのみょうなくせがありました。

This “20 facets” had one unique feature.

何かこれという貴重な品物をねらいますと、かならず前もって、いついく日にはそれをちょうだいに参上するという、予告状を送ることです。

If you are looking for something of this value, you must send a notice in advance that you will visit it sometime in advance.

賊ながらも、不公平なたたかいはしたくないと心がけているのかもしれません。

Even though it is a bandit, it may be that it does not want to fight unfairly.

それともまた、いくら用心しても、ちゃんと取ってみせるぞ、おれの腕まえは、こんなものだと、ほこりたいのかもしれません。

Or, no matter how much you be careful, I'll take it out. You might want to dust if my arm is like this.

いずれにしても、大胆不敵、傍若無人の怪盗といわねばなりません。

In any case, it must be called a daring invincibility and a sideless unmanned phantom thief.

 このお話は、そういう出没自在、神変ふかしぎの怪賊と、日本一の名探偵明智小五郎との、力と力、知恵と知恵、火花をちらす、一|騎うちの大闘争の物語です。

This story tells the story of the great struggle between Kikiuchi, the power and power, wisdom and wisdom, and sparks of such a free-and-forgotten, godly strange monster and Japan's best detective Akechi Kogoro.

 大探偵明智小五郎には、小林芳雄という少年助手があります。

Detective Akechi Kogoro has a boy assistant named Yoshio Kobayashi.

このかわいらしい小探偵の、リスのようにびんしょうな活動も、なかなかの見ものでありましょう。

This cute little detective's squirrel-like activities are also worth seeing.

 さて、前おきはこのくらいにして、いよいよ物語にうつることにします。

Now, this is the last time, so I will finally move on to the story.

鉄のわな

Iron trap

 麻布の、とあるやしき町に、百メートル四方もあるような大邸宅があります。

There is a mansion that is 100 meters square in Ayashiki town in Azabu.

 四メートルぐらいもありそうな、高い高いコンクリート塀が、ズーッと、目もはるかにつづいています。

A high high concrete wall that seems to be about 4 meters, and the eyes continue to move far.

いかめしい鉄のとびらの門をはいると、大きなソテツが、ドッカリと植わっていて、そのしげった葉の向こうに、りっぱな玄関が見えています。

A big cycad is planted at the edge of the gorgeous iron door, and you can see the fine entrance over the crumpled leaves.

 いく間ともしれぬ、広い日本建てと、黄色い化粧れんがをはりつめた、二階建ての大きな洋館とが、かぎの手にならんでいて、その裏には、公園のように、広くて美しいお庭があるのです。

A large Japanese-style building and a large two-story Western-style building with yellow makeup bricks are in the hands of a key. There is.

 これは、実業界の大立者、羽柴壮太郎氏の邸宅です。

This is the residence of Mr. Sotaro Hashiba, an industry leader.

 羽柴家には、今、ひじょうな喜びと、ひじょうな恐怖とが、織りまざるようにして、おそいかかっていました。

The Hashiba family was in the midst of weaving so much joy and terrible fear.