文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(38-68)/3301

 喜びというのは、今から十年以前に家出をした、長男の壮一君が、南洋ボルネオ島から、おとうさんにおわびをするために、日本へ帰ってくることでした。

The joy was that the eldest son, Soichi, who left the house 10 years ago, came back to Japan from Borneo Island, South Korea to apologize to his father.

 壮一君は生来の冒険児で、中学校を卒業すると、学友とふたりで、南洋の新天地に渡航し、何か壮快な事業をおこしたいと願ったのですが、父の壮太郎氏は、がんとしてそれをゆるさなかったので、とうとう、むだんで家をとびだし、小さな帆船に便乗して、南洋にわたったのでした。

Soichi was a natural adventurer, and when he graduated from junior high school, he and his alumni both traveled to a new place in the southern ocean and wished to do something magnificent business. I didn't loose it, so I finally jumped out of my house, took a small sailing ship, and crossed the southern ocean.

 それから十年間、壮一君からはまったくなんのたよりもなく、ゆくえさえわからなかったのですが、つい三ヵ月ほどまえ、とつぜん、ボルネオ島のサンダカンから手紙をよこして、やっと一人まえの男になったから、おとうさまにおわびに帰りたい、といってきたのです。

Ten years later, Soichi didn't know anything at all, and I couldn't even know where it was, but he was just about three months old and finally sent a letter from Sandakan, Borneo to become the only man. He told me that he wanted to go back to apologize.

 壮一君は現在では、サンダカン付近に大きなゴム植林をいとなんでいて、手紙には、そのゴム林の写真と、壮一君の最近の写真とが、同封してありました。

一 Soichi is now a big rubber planter near Sandakan, and the letter included a picture of the rubber forest and a recent photograph of Soichi.

もう三十歳です。

I am thirty years old.

鼻下にきどったひげをはやして、りっぱな大人になっていました。

I had become a fine adult with a beard under my nose.

 おとうさまも、おかあさまも、妹の早苗さんも、まだ小学生の弟の壮二君も、大喜びでした。

The dad, mother, sister Sanae, and elementary school younger brother Souji were delighted.

下関で船をおりて、飛行機で帰ってくるというので、その日が待ちどおしくてしかたがありません。

I'm leaving the ship in Shimonoseki and coming back by plane, so there was no way I could wait that day.

 さて、いっぽう羽柴家をおそった、ひじょうな恐怖といいますのは、ほかならぬ「二十面相」のおそろしい予告状です。

Now, the horrible fear of the Hashiba family on the other hand is a terrible notice of “Twenty Faces”.

予告状の文面は、

The notice text is

「余がいかなる人物であるかは、貴下も新聞紙上にてご承知であろう。

"You will know what kind of person you are on the newspaper.

 貴下は、かつてロマノフ王家の宝冠をかざりし大ダイヤモンド六個を、貴家の家宝として、珍蔵せられると確聞する。

You are sure that you will be able to treasure six large diamonds as your family's treasures, holding the Romanov crown.

 余はこのたび、右六個のダイヤモンドを、貴下より無償にてゆずりうける決心をした。

** This time, I decided to receive the right six diamonds free of charge from you.

近日中にちょうだいに参上するつもりである。

I will visit my siblings in the near future.

 正確な日時はおってご通知する。

The exact date and time will be notified.

 ずいぶんご用心なさるがよかろう。」

It's good to be very careful. "

というので、おわりに「二十面相」と署名してありました。

So, at the end, it was signed as “20 facets”.

 そのダイヤモンドというのは、ロシアの帝政没落ののち、ある白系ロシア人が、旧ロマノフ家の宝冠を手に入れて、かざりの宝石だけをとりはずし、それを、中国商人に売りわたしたのが、まわりまわって、日本の羽柴氏に買いとられたもので、価にして二百万円という、貴重な宝物でした。

The diamond was the result of the fall of the Russian imperial government, when a white Russian who got the crown of the former Romanov family, removed only the jewels, and sold them to Chinese merchants. It was a valuable treasure that was bought by Mr. Hashiba in Japan and was worth 2 million yen.

 その六個の宝石は、げんに、壮太郎氏の書斎の金庫の中におさまっているのですが、怪盗はそのありかまで、ちゃんと知りぬいているような文面です。

The six jewels are stored in the safe of Mr. Sotaro's study, but the phantom thief is a text that you know well.

 その予告状をうけとると、主人の壮太郎氏は、さすがに顔色もかえませんでしたが、夫人をはじめ、お嬢さんも、召使いなどまでが、ふるえあがってしまいました。

When I received the notice, Mr. Sotaro, the master, did not change his face, but Mrs.

 ことに羽柴家の支配人|近藤老人は、主家の一大事とばかりに、さわぎたてて、警察へ出頭して、保護をねがうやら、あたらしく、猛犬を買いいれるやら、あらゆる手段をめぐらして、賊の襲来にそなえました。

In particular, the manager of the Hashiba family | Elder Kondo, who was just a big deal with the main family, came to the police, wandered to the police, wanted to protect him, bought new dogs, and tried all means, and bandits Prepared for the attack.

 羽柴家の近所は、おまわりさんの一家が住んでおりましたが、近藤支配人は、そのおまわりさんにたのんで、非番の友だちを交代に呼んでもらい、いつも邸内には、二―三人のおまわりさんが、がんばっていてくれるようにはからいました。

In the neighborhood of the Hashiba family, there was a family of people who lived around the house, but the manager Kondo asked them to call out their non-alternating friends, and there were always two or three people in the house. I wanted to make sure that the people around me were doing their best.

 そのうえ壮太郎氏の秘書が三人おります。

Moreover, there are three secretaries of Mr. Sotaro.

おまわりさんと、秘書と、猛犬と、このげんじゅうな防備の中へ、いくら「二十面相」の怪賊にもせよ、しのびこむなんて、思いもよらぬことでしょう。

It would be unthinkable to surrender to the “20-faced” monsters, into the perpetual defenses of the grandmother, secretary, and fierce dog.

 それにしても、待たれるのは、長男壮一君の帰宅でした。

Even so, it was the eldest son, Soichi, who was waiting.

徒手空拳、南洋の島へおしわたって、今日の成功をおさめたほどの快男児ですから、この人さえ帰ってくれたら、家内のものは、どんなに心じょうぶだかしれません。

I am a good boy who has been successful in today's success by rushing to Karate, the South Island.

 さて、その壮一君が、羽田空港へつくという日の早朝のことです。

Now, it's early morning when Soichi arrives at Haneda Airport.

 あかあかと秋の朝日がさしている、羽柴家の土蔵の中から、ひとりの少年が、姿をあらわしました。

A boy appeared from the Hashiba family's storehouse, where the morning sun and autumn morning sun are shining.

小学生の壮二君です。

I'm Souji, an elementary school student.

 まだ朝食の用意もできない早朝ですから、邸内はひっそりと静まりかえっていました。

Since it was early morning when breakfast could not be prepared, the house was quietly quiet.

早起きのスズメだけが、いせいよく、庭木の枝や、土蔵の屋根でさえずっています。

Only early-sparrowing sparrows are singing on the branches of the garden trees and the roof of the storehouse.