文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(69-112)/3301

 その早朝、壮二君がタオルのねまき姿で、しかも両手には、何かおそろしげな、鉄製の器械のようなものをだいて、土蔵の石段を庭へおりてきたのです。

In the early morning, Souji was wearing a towel, and with both hands, something like a messy, iron-like instrument was placed, and the storehouse stone steps were brought to the garden.

いったい、どうしたというのでしょう。

I wonder what happened.

おどろいたのはスズメばかりではありません。

It is not only sparrows that are surprised.

 壮二君はゆうべ、おそろしい夢をみました。

Soji-kun had a wonderful dream.

「二十面相」の賊が、どこからか洋館の二階の書斎へしのびいり、宝物をうばいさった夢です。

It is a dream that the bandits of “Twenty Faces” go from somewhere to the study on the second floor of the Western-style building and treasure treasures.

 賊は、おとうさまの居間にかけてあるお能の面のように、ぶきみに青ざめた、無表情な顔をしていました。

The bandit had an expressionless face that was pale in color, like the Noh face in the living room of the dad.

そいつが、宝物をぬすむと、いきなり二階の窓をひらいて、まっくらな庭へとびおりたのです。

When he lost his treasure, he suddenly opened a window on the second floor and jumped into a plain garden.

「ワッ。」

"Wow."

といって目がさめると、それはさいわいにも夢でした。

But when I woke up, it was fortunately a dream.

しかし、なんだか夢と同じことがおこりそうな気がしてしかたがありません。

However, there is no way to feel the same thing as a dream.

「二十面相のやつは、きっと、あの窓から、とびおりるにちがいない。

“The twenty-faced guy must be jumping out of that window.

そして、庭をよこぎって逃げるにちがいない。」

And we must run through the garden and escape. "

 壮二君は、そんなふうに信じこんでしまいました。

Soji has believed in that way.

「あの窓の下には花壇がある。

“There is a flower bed under that window.

花壇がふみあらされるだろうなあ。」

I think the flower bed will be blown up. "

 そこまで空想したとき、壮二君の頭に、ヒョイと奇妙な考えがうかびました。

】 When I was daydreaming so far, Soji-kun's head was confused by Hyoy and strange thoughts.

「ウン、そうだ。

"Eun, that's right.

こいつは名案だ。

This is a good idea.

あの花壇の中へわなをしかけておいてやろう。

Let's keep trapping in that flowerbed.

もし、ぼくの思っているとおりのことがおこるとしたら、賊は、あの花壇をよこぎるにちがいない。

If something exactly what I thought would happen, the bandits would have to go through that flowerbed.

そこに、わなをしかけておけば、賊のやつ、うまくかかるかもしれないぞ。」

If you catch a trap there, the bandit may take you well. "

 壮二君が思いついたわなというのは、去年でしたか、おとうさまのお友だちで、山林を経営している人が、鉄のわなを作らせたいといって、アメリカ製の見本を持ってきたことがあって、それがそのまま土蔵にしまってあるのを、よくおぼえていたからです。

Soji-kun came up with a trap last year, or a friend of dad who runs a mountain forest and wants to make an iron trap. It was because I remembered that I had been there and stored it in the storehouse.

 壮二君は、その思いつきにむちゅうになってしまいました。

Soji-kun got stuck with that idea.

広い庭の中に、一つぐらいわなをしかけておいたところで、はたして賊がそれにかかるかどうか、うたがわしい話ですが、そんなことを考えるよゆうはありません。

It's annoying to see if a bandage hits a trap in a large garden, but I don't think about that.

ただもう、無性にわなをしかけてみたくなったのです。

I just wanted to snatch it.

そこで、いつにない早起きをして、ソッと土蔵にしのびこんで、大きな鉄の道具を、エッチラオッチラ持ちだしたというわけなのです。

So, I got up early, and indulged in the storehouse, and got a big iron tool.

 壮二君は、いつか一度経験した、ネズミとりをかけたときの、なんだかワクワクするような、ゆかいな気持を思いだしました。

Soji-kun has somehow experienced and somehow excited when he took a mouse.

しかし、こんどは、相手がネズミではなくて人間なのです。

However, this time, the opponent is not a mouse but a human.

しかも「二十面相」という希代の怪賊なのです。

Moreover, it is a rare monster called “Twenty Faces”.

ワクワクする気持は、ネズミのばあいの、十倍も二十倍も大きいものでした。

The excitement was ten or twenty times greater than that of a mouse.

 鉄わなを花壇のまんなかまで運ぶと、大きなのこぎりめのついた二つのわくを、力いっぱいグッとひらいて、うまくすえつけたうえ、わなと見えないように、そのへんの枯れ草を集めて、おおいかくしました。

When carrying the iron trap to the middle of the flower bed, I gathered the two saws with large saws with a lot of force and set them up well. Did.

 もし賊がこの中へ足をふみいれたら、ネズミとりと同じぐあいに、たちまちパチンと両方ののこぎりめがあわさって、まるでまっ黒な、でっかい猛獣の歯のように、賊の足くびに、くいいってしまうのです。

If a bandit swallows his foot into this, he will immediately sway both the pachin and both saws in the same way as a mousetrap. It will end up.

家の人がわなにかかってはたいへんですが、花壇のまんなかですから、賊でもなければ、めったにそんなところへふみこむ者はありません。

It's hard for people at home to catch a trap, but since it's in the middle of a flowerbed, there is rarely a person who stuffs that place unless it is a bandit.

「これでよしと。

“This is good.

でも、うまくいくかしら。

But is it going to work?

まんいち、賊がこいつに足くびをはさまれて、動けなくなったら、さぞゆかいだろうなあ。

If the bandits get stuck in this man and he can't move, it'll be good.

どうかうまくいってくれますように。」

I hope you are doing well. "

 壮二君は、神さまにおいのりするようなかっこうをして、それから、ニヤニヤ笑いながら、家の中へはいっていきました。

Soji-kun did not go to God and then went into the house with a grin.

じつに子どもらしい思いつきでした。

It was actually a childish idea.

しかし少年の直感というものは、けっしてばかにできません。

But the boy's intuition is never ridiculous.

壮二君のしかけたわなが、のちにいたって、どんな重大な役目をはたすことになるか、読者諸君は、このわなのことを、よく記憶しておいていただきたいのです。

The readers want you to remember well what sort of role Soji-kun's trap will play later.

人か魔か

Human or magic

 その午後には、羽柴一家総動員をして、帰朝の壮一君を、羽田空港に出むかえました。

In that afternoon, the Hashiba family was mobilized and Soichi returned home to Haneda Airport.

 飛行機からおりたった壮一君は、予期にたがわず、じつにさっそうたる姿でした。

】 Soichi, who came from the plane, was not expecting, but he looked like it was.