文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(113-153)/3301

こげ茶色の薄がいとうを小わきにして、同じ色のダブル・ボタンの背広を、キチンと着こなし、折り目のただしいズボンが、スーッと長く見えて、映画の中の西洋人みたいな感じがしました。

With a dark brown thin tail, a double button suit of the same color was dressed with a chin, and the creased trousers looked long and looked like a westerner in the movie. .

 同じこげ茶色のソフト帽の下に、帽子の色とあまりちがわない、日にやけた赤銅色の、でも美しい顔が、にこにこ笑っていました。

Under the same dark brown soft hat, the beautiful face of the sun bronze color, which is not very different from the color of the hat, was smiling.

濃い一|文字のまゆ、よく光る大きな目、笑うたびに見える、よくそろったまっ白な歯、それから、上くちびるの細くかりこんだ口ひげが、なんともいえぬなつかしさでした。

Dark one | The eyebrows of the letters, the big eyes that shine well, the white teeth that looked good every time you laughed, and the mustache with the fine lip of the upper lip was a nostalgic feeling.

写真とそっくりです。

It looks just like the photo.

いや、写真よりいちだんとりっぱでした。

No, it was better than the photo.

 みんなと握手をかわすと、壮一君は、おとうさま、おかあさまにはさまれて、自動車にのりました。

“When we shake hands with everyone, Soichi got on the car, embracing the father and mother.

壮二君は、おねえさまや近藤老人といっしょに、あとの自動車でしたが、車が走るあいだも、うしろの窓からすいて見えるおにいさまの姿を、ジッと見つめていますと、なんだか、うれしさがこみあげてくるようでした。

Mr. Soji was a car with his sister and Elder Kondo, but while he was running, he was staring at the figure of the man who could see through the window behind. Somehow it seemed that joy was coming up.

 帰宅して、一同が、壮一君をとりかこんで、何かと話しているうちに、もう夕方でした。

When I got home and all of Soichi got in and talked about something, it was already the evening.

食堂には、おかあさまの心づくしの晩さんが用意されました。

In the cafeteria, there was a dinner for mothers.

 新しいテーブル・クロスでおおった、大きな食卓の上には、美しい秋の盛り花がかざられ、めいめいの席には、銀のナイフやフォークが、キラキラと光っていました。

A beautiful autumn flower arrangement was held on a large table covered with a new tablecloth, and silver knives and forks shined brightly on the seats.

きょうは、いつもとちがって、チャンと正式に折りたたんだナプキンが出ていました。

Today, there was a napkin that was officially folded with Chang.

 食事中は、むろん壮一君が談話の中心でした。

During the meal, Mr. Soichi was the center of the conversation.

めずらしい南洋の話がつぎからつぎと語られました。

The rare story of the South Sea was told one after another.

そのあいだには、家出以前の、少年時代の思い出話も、さかんにとびだしました。

In the meantime, memories of childhood before going away from home started to pop out.

「壮二君、きみはその時分、まだあんよができるようになったばかりでね、ぼくの勉強部屋へ侵入して、机の上をひっかきまわしたりしたものだよ。

“Soji-kun, you were just getting ready for that time, and you broke into my study room and scratched the desk.

いつかはインキつぼをひっくりかえして、その手で顔をなすったもんだから、黒んぼうみたいになってね、大さわぎをしたことがあるよ。

One day I turned over the inkwell and made a face with that hand, so it looked like a black-headed, and I had a big upset.

ねえ、おかあさま。」

Hey mother. "

 おかあさまは、そんなことがあったかしらと、よく思いだせませんでしたけれど、ただうれしさに、目に涙をうかべて、にこにことうなずいていらっしゃいました。

The mother couldn't think of it, but she was just happy and nodded with a smile, with tears in her eyes.

 ところがです、読者諸君、こうした一家の喜びは、あるおそろしいできごとのために、じつにとつぜん、まるでバイオリンの糸が切れでもしたように、プッツリとたちきられてしまいました。

However, readers, the joy of the family has been swept away as if a violin thread had been cut off due to a certain event.

 なんという心なしの悪魔でしょう。

What a heartless devil!

親子兄弟十年ぶりの再会、一生に一度というめでたい席上へ、そのしあわせをのろうかのように、あいつのぶきみな姿が、もうろうと立ちあらわれたのでありました。

The reunion for the first time in 10 years for parents and children, the appearance of all of them appeared as if they were happily celebrating their seats once in a lifetime.

 思い出話のさいちゅうへ、秘書が一通の電報を持ってはいってきました。

The secretary brought a telegram to the memory story.

いくら話にむちゅうになっていても、電報とあっては、ひらいて見ないわけにはいきません。

No matter how much you talk about it, telegrams can't be left unchecked.

 壮太郎氏は、少し顔をしかめて、その電報を読みましたが、すると、どうしたことか、にわかにムッツリとだまりこんでしまったのです。

Mr. Sotaro grimaced a little and read the telegram, but then he was suddenly confused as to what happened.

「おとうさま、何かご心配なことでも。」

“Dad, even if you have any concerns.”

 壮一君が、目ばやくそれを見つけてたずねました。

Soichi asked you to find it quickly.

「ウン、こまったものがとびこんできた。

“Eun, a lot of things came in.

おまえたちに心配させたくないが、こういうものが来るようでは、今夜は、よほど用心しないといけない。」

I don't want you to worry, but I have to be very careful tonight if this is coming. "

 そういって、お見せになった電報には、

That's why the telegram you showed me

「コンヤショウ一二ジ オヤクソクノモノウケトリニイク 二〇」

"Konyasho 12ji Oyasokunomonouketorinikku 20"

とありました。

There was.

二〇というのは、「二十面相」の略語にちがいありません。

Twenty is the abbreviation for “20 facets”.

「ショウ一二ジ」は、正十二時で、午前|零時かっきりに、ぬすみだすぞという、確信にみちた文意です。

“Show 12ji” is a confident statement that at 12 o'clock, am |

「この二〇というのは、もしや、二十面相の賊のことではありませんか。」

“Is this twenty? A 20-faced bandit?”

 壮一君がハッとしたように、おとうさまを見つめていいました。

I was able to stare at the dad, as Soichi was relieved.

「そうだよ。

"that's right.

おまえよく知っているね。」

You know well. "

「下関上陸以来、たびたびそのうわさを聞きました。

“Since landing at Shimonoseki, I've heard the rumor frequently.

飛行機の中で新聞も読みました。

I also read newspapers on the plane.

とうとう、うちをねらったのですね。

You finally aimed for us.

しかし、あいつは何をほしがっているのです。」

But what does he want? "