文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(154-197)/3301

「わしは、おまえがいなくなってから、旧ロシア皇帝の宝冠をかざっていたダイヤモンドを、手に入れたのだよ。

"I got the diamond that held the crown of the former Russian emperor after you were gone.

賊はそれをぬすんでみせるというのだ。」

The bandits say that they will take it away. "

 そうして、壮太郎氏は、「二十面相」の賊について、またその予告状について、くわしく話して聞かせました。

So, Mr. Sotaro talked in detail about the bandits of “Twenty Faces” and their notice.

「しかし、今夜はおまえがいてくれるので、心じょうぶだ。

“But I ’m happy tonight, so I ’m happy.

ひとつ、おまえとふたりで、宝石の前で、寝ずの番でもするかな。」

One, you and the other, maybe in front of the jewels, or even sleep. "

「ええ、それがよろしいでしょう。

"Yes, that's fine.

ぼくは腕力にかけては自信があります。

I am confident in my strength.

帰宅そうそうお役にたてばうれしいと思います。」

I'm glad to help you get home. "

 たちまち、邸内にげんじゅうな警戒がしかれました。

Immediately, there was a lot of vigilance in the house.

青くなった近藤支配人のさしずで、午後八時というのに、もう表門をはじめ、あらゆる出入り口がピッタリとしめられ、内がわから錠がおろされました。

By the time of 8:00 pm, Mr. Kondo, who turned blue, had already closed all doorways, including the front gate, and the inside was unlocked.

「今夜だけは、どんなお客さまでも、おことわりするのだぞ。」

“Only tonight, any customer will change.”

 老人が召使いたちに厳命しました。

The old man gave strict orders to the servants.

 夜を徹して、三人の非番警官と、三人の秘書と、自動車運転手とが、手わけをして、各出入り口をかため、あるいは邸内を巡視する手はずでした。

Throughout the night, the three non-guards, the three secretaries, and the car driver were supposed to take care of each doorway or patrol the house.

 羽柴夫人と早苗さんと壮二君とは、早くから寝室にひきこもるようにいいつけられました。

Mrs. Hashiba, Ms. Sanae, and Mr. Soji were good at being drawn up early in the bedroom.

 大ぜいの使用人たちは、一つの部屋にあつまって、おびえたようにボソボソとささやきあっています。

The great servants are in one room and whispering as if frightened.

 壮太郎氏と壮一君は、洋館の二階の書斎に籠城することになりました。

Mr. Sotaro and Mr. Soichi decided to castle in the study on the second floor of the Western building.

書斎のテーブルには、サンドイッチとぶどう酒を用意させて、徹夜のかくごです。

The table in the study room has a sandwich and wine so you can stay up all night.

 書斎のドアや窓にはみな、外がわからあかぬように、かぎや掛け金がかけられました。

All the doors and windows in the study were hanged with keys and latches so that the outside could not be seen.

ほんとうにアリのはいいるすきまもないわけです。

There really is n’t any gap between ants.

 さて、書斎に腰をおろすと、壮太郎氏が苦笑しながらいいました。

Now, when I sat down in the study, Mr. Sotaro said with a smile.

「少し用心が大げさすぎたかもしれないね。」

“It might have been a little overly cautious.”

「いや、あいつにかかっては、どんな用心だって、大げさすぎることはありますまい。

"No, no matter what precautions you take, you can't be too exaggerated.

ぼくはさっきから、新聞のとじこみで、『二十面相』の事件を、すっかり研究してみましたが、読めば読むほど、おそろしいやつです。」

I've been researching the case of “Twenty Faces” from the beginning of the newspaper, but the more I read it, the more frightening it is. "

 壮一君は真剣な顔で、さも不安らしく答えました。

Soichi answered with a serious face and anxious.

「では、おまえは、これほどげんじゅうな防備をしても、まだ、賊がやってくるかもしれないというのかね。」

“So, even if you have so much defense, you may still have bandits coming in.”

「ええ、おくびょうのようですけれど、なんだかそんな気がするのです。」

“Yeah, it ’s like an okay but I feel that way.”

「だが、いったいどこから?

“But where?

 ……賊が宝石を手に入れるためには、まず、高い塀を乗りこえなければならない。

...... In order for the bandits to get the gems, they must first get on a high heel.

それから、大ぜいの人の目をかすめて、たとえここまで来たとしても、ドアを打ちやぶらなくてはならない。

Then you have to grab the eyes of a great person and hit the door, even if you come here.

そして、わたしたちふたりとたたかわなければならない。

And we must fight with each other.

しかも、それでおしまいじゃないのだ。

And that's not the end.

宝石は、ダイヤルの文字のくみあわせを知らなくては、ひらくことのできない金庫の中にはいっているのだよ。

The jewel is in a safe that cannot be opened without knowing the combination of the letters on the dial.

いくら二十面相が魔法使いだって、この四重五重の関門を、どうしてくぐりぬけられるものか。

How much can the 20-faceted face be a wizard and get through this quadruple and fivefold barrier?

ハハハ……。」

Hahaha ... "

 壮太郎氏は大きな声で笑うのでした。

Sotaro laughed out loud.

でも、その笑い声には、何かしら空虚な、からいばりみたいなひびきがまじっていました。

However, the laughing voice had some sort of emptiness and tickling sounds.

「しかし、おとうさん、新聞記事で見ますと、あいつはいく度も、まったく不可能としか考えられないようなことを、やすやすとなしとげているじゃありませんか。

“But my father, in a newspaper article, isn't it easy for him to do something that is always considered impossible?

金庫に入れてあるから、大じょうぶだと安心していると、その金庫の背中に、ポッカリと大穴があいて、中の品物は、何もかもなくなっているという実例もあります。

There is an example that if you are relieved that it is safe, because it is in a safe, there is a big hole in the back of the safe and everything inside is missing.

それからまた、五人のくっきょうな男が、見はりをしていても、いつのまにか、ねむり薬を飲まされて、かんじんのときには、みんなグッスリ寝こんでいたという例もあります。

There are also examples of five stubborn men who have been watching, but have been drunk in time, and when they were angry, they all fell asleep.

 あいつは、その時とばあいによって、どんな手段でも考えだす知恵を持っているのです。」

あ い He has the wisdom to come up with any means depending on the time. "

「おいおい壮一、おまえ、なんだか、賊を賛美してるような口調だね。」

“That's a tone that praises the bandits.

 壮太郎氏は、あきれたように、わが子の顔をながめました。

Mr. Sotaro looked at the face of his child as if he was amazed.

「いいえ、賛美じゃありません。

“No, not praise.

でも、あいつは研究すればするほど、おそろしいやつです。

But the more he researches, the more frightening he is.