文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(198-253)/3301

あいつの武器は腕力ではありません。

His weapon is not strength.

知恵です。

Wisdom.

知恵の使い方によっては、ほとんど、この世にできないことはないですからね。」

Depending on how you use wisdom, there is almost nothing you cannot do in this world. "

 父と子が、そんな議論をしているあいだに、夜はじょじょにふけていき、少し風がたってきたとみえて、サーッと吹きすぎる黒い風に、窓のガラスがコトコトと音をたてました。

During the discussions between my father and my child, I thought that the wind had come down at night and that the wind had come up a little.

「いや、おまえがあんまり賊を買いかぶっているもんだから、どうやらわしも、少し心配になってきたぞ。

"No, you're buying a lot of bandits, so I'm a little worried.

ひとつ宝石をたしかめておこう。

Let's find one gem.

金庫の裏に穴でもあいていては、たいへんだからね。」

It's hard to have a hole in the back of the safe. "

 壮太郎氏は笑いながら立ちあがって、部屋のすみの小型金庫に近づき、ダイヤルをまわし、とびらをひらいて、小さな赤銅製の小箱をとりだしました。

Mr. Sotaro stood up laughing, approached the small safe at the corner of the room, turned the dial, opened the door, and took out a small box made of bronze.

そして、さもだいじそうに小箱をかかえて、もとのイスにもどると、それを壮一君とのあいだの丸テーブルの上におきました。

Then, he took a small box and returned to the original chair, and placed it on a round table with Soichi.

「ぼくは、はじめて拝見するわけですね。」

“I see this for the first time.”

 壮一君が、問題の宝石に好奇心を感じたらしく、目を光らせて言います。

Souichi seems to be curious about the gems in question, and keep an eye out.

「ウン、おまえには、はじめてだったね。

"Eun, you were the first time.

さあ、これが、かつてロシア皇帝の頭にかがやいたことのあるダイヤだよ。」

Now this is a diamond that once shone on the head of the Russian emperor. "

 小箱のふたがひらかれますと、目もくらむような虹の色がひらめきました。

When the lid of the small box was opened, a dazzling rainbow color sparkled.

大豆ほどもある、じつにみごとなダイヤモンドが六個、黒ビロードの台座の上に、かがやいていたのです。

There were six truly amazing diamonds on the black velvet pedestal, similar to soybeans.

 壮一君が、じゅうぶん観賞するのを待って、小箱のふたがとじられました。

Waiting for Soichi to fully appreciate it, the lid of the small box was closed.

「この箱は、ここへおくことにしよう。

"Let's leave this box here.

金庫なんかよりは、おまえとわしと、四つの目でにらんでいるほうが、たしかだからね。」

It's better to stare at you and me than with a safe. "

「ええ、そのほうがいいでしょう。」

“Yes, that ’s better.”

 ふたりはもう、話すこともなくなって、小箱をのせたテーブルを中に、じっと、顔を見あわせていました。

The two were no longer talking and were staring at the table with a small box inside.

 ときどき、思いだしたように、風が窓のガラス戸を、コトコトいわせて吹きすぎます。

Sometimes, as I thought, the wind blows the glass doors of the windows too much.

どこか遠くのほうから、はげしく鳴きたてる犬の声が聞こえてきます。

From somewhere far away, you can hear the voice of a dog screaming.

「何時だね。」

“What time is it?”

「十一時四十三分です。

“It ’s 43 minutes.

あと、十七分……。」

And 17 minutes ... "

 壮一君が腕時計を見て答えると、それっきり、ふたりはまた、だまりこんでしまいました。

When Soichi looked at the wristwatch and answered, the two got stuck again.

見ると、さすが豪胆な壮太郎氏の顔も、いくらか青ざめて、ひたいにはうっすら汗がにじみだしています。

As you can see, Mr. Sotaro's face, which is truly bold, is somewhat pale and sweat is oozing out.

壮一君も、ひざの上に、にぎりこぶしをかためて、歯をくいしばるようにしています。

Soichi is also clenching his teeth with a fist on his lap.

 ふたりの息づかいや、腕時計の秒をきざむ音までが聞こえるほど、部屋のなかはしずまりかえっていました。

ほ ど The room was changing so much that I could hear the breathing of the two and the noise of the wristwatch.

「もう何分だね。」

“How many more minutes?”

「あと十分です。」

“It ’s enough.”

 するとそのとき、何か小さな白いものが、じゅうたんの上をコトコト走っていくのが、ふたりの目のすみにうつりました。

Then, at that time, something small white thing was running on the carpet.

おやっ、はつかネズミかしら。

Okay, maybe I'm a mouse.

 壮太郎氏は思わずギョッとして、うしろの机の下をのぞきました。

Sotaro unexpectedly looked under the desk behind him.

白いものは、どうやら机の下へかくれたらしく見えたからです。

The white ones seemed to hide under the desk.

「なあんだ、ピンポンの玉じゃないか。

"Now, isn't it a ping-pong ball?

だが、こんなものが、どうしてころがってきたんだろう。」

But why has this happened? "

 机の下からそれを拾いとって、ふしぎそうにながめました。

I picked it up from under the desk and looked like it looked strange.

「おかしいですね。

“It ’s funny.

壮二君が、そのへんの棚の上におきわすれておいたのが、何かのはずみで落ちたのじゃありませんか。」

Wasn't it possible that Soji-kun was sitting on the shelves and fell down? "

「そうかもしれない……。

"Might be so…….

だが時間は?」

But what about time? "

 壮太郎氏の時間をたずねる回数が、だんだんひんぱんになってくるのです。

The number of times you ask Mr. Sotaro's time will gradually increase.

「あと四分です。」

“You have four minutes.”

 ふたりは目と目を見あわせました。

The two looked at each other.

秒をきざむ音がこわいようでした。

It seemed scary to hear the seconds.

 三分、二分、一分、ジリジリと、その時がせまってきます。

③ Three minutes, two minutes, one minute, and the time will come.

二十面相はもう塀を乗りこえたかもしれません。

Twenty faces may have already overtaken the trap.

今ごろは廊下を歩いているかもしれません……。

You may be walking in the hallway now ...

いや、もうドアの外に来て、じっと耳をすましているかもしれません。

No, you may have already come out of the door and listened.

 ああ、今にも、今にも、おそろしい音をたてて、ドアが破壊されるのではないでしょうか。

Oh, right now, the door will be destroyed with a terrible sound.

「おとうさん、どうかなすったのですか。」

"Dad, what did you do?"

「いや、いや、なんでもない。

“No, no, nothing.

わしは二十面相なんかに負けやしない。」

I won't lose to the twenty facets. "

 そうはいうものの、壮太郎氏は、もうまっさおになって、両手でひたいをおさえているのです。

That being said, Mr. Sotaro is already upright and holding his hand with both hands.

 三十秒、二十秒、十秒と、ふたりの心臓の鼓動をあわせて、息づまるようなおそろしい秒時が、すぎさっていきました。

Thirty seconds, twenty seconds, ten seconds, and the heartbeat of the two hearts combined, a terrible second that passed away.