文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(380-426)/3301

そして、二―三歩花壇の中を走ったかと思うと、たちまち、ガチャンというはげしい金属の音がして、賊の黒い影は、もんどり打ってたおれました。

Then, when I thought I ran in the flower bed for a few steps, I immediately heard the sound of a powerful metal, and the black shadow of the bandit was struck.

「だれかいないか。

“Who is n’t there?

賊だ。

A bandit.

賊だ。

A bandit.

庭へまわれ。」

Turn to the garden. "

 壮太郎氏が大声にどなりました。

Mr. Sotaro became loud.

 もし、わながなかったら、すばやい賊は、とっくに逃げさっていたことでしょう。

If there was no trap, the quick bandit would have run away.

壮二君の子どもらしい思いつきが、ぐうぜん功を奏したのです。

Soji-kun's idea of a child was successful.

賊が、わなをはずそうともがいているあいだに、四ほうから人々がかけつけました。

While the bandits were struggling to remove the traps, people approached from four sides.

背広服のおまわりさんたち、秘書たち、それから運転手、総勢七人です。

There are seven men in suits, secretaries, and drivers.

 壮太郎氏もいそいで階段をおり、近藤老人とともに、階下の窓から、電燈を庭に向けて、捕り物の手だすけをしました。

Mr. Sotaro also walked up the stairs and, along with Elder Kondo, from the window downstairs, pointed the electric light toward the garden and helped catch the catch.

 ただみょうに思われたのは、せっかく買いいれた猛犬のジョンが、このさわぎに姿をあらわさないことでした。

The only thing that seemed to me was that the great dog John, who was bought a lot, didn't show up in this squirrel.

もし、ジョンが加勢してくれたら、まんいちにも、賊をとりにがすようなことはなかったでしょうに。

If John helped out, there would have been no way to take the bandits away.

 二十面相が、やっとわなをはずして、起きあがったときには、手に手に懐中電燈を持った追っ手の人たちが、もう十メートルの間近にせまっていました。

When the 20th face finally got out of the trap and got up, the chasers who had a flashlight in their hands were already close to 10 meters.

それもいっぽうからではなくて、右からも、左からも、正面からもです。

It's not just from the right, from the left, from the front.

 賊は黒い風のように走りました。

The bandits ran like a black wind.

いや、弾丸のようにといったほうがいいかもしれません。

No, it might be better like a bullet.

追っ手の円陣のいっぽうを突破して、庭の奥へと走りこみました。

I broke through the circle of the chaser and ran into the back of the garden.

 庭は公園のように広いのです。

The garden is as big as a park.

築山があり、池があり、森のような木立ちがあります。

There are Tsukiyama, there is a pond, there is a grove like a forest.

暗さは暗し、七人の追っ手でも、けっして、じゅうぶんとはいえません。

The darkness is dark, and even the seven chasers are never enough.

ああ、こんなとき、ジョンさえいてくれたら……。

Oh, if John was there at such a time ...

 しかし、追っ手は必死でした。

However, the chaser was desperate.

ことに三人のおまわりさんは、捕り物にかけては、腕におぼえの人々です。

In particular, the three of them are people who are in love with their arms.

賊が築山の上のしげみの中へかけあがったと見ると、平地を走って、築山の向こうがわへ先まわりをしました。

When he saw that the bandit had gone up into the crepe above Tsukiyama, he ran on the flat ground and went ahead to the other side of Tsukiyama.

あとからの追っ手と、はさみうちにしようというわけです。

I'm going to use the scissors and scissors later.

 こうしておけば、賊は塀の外へ逃げだすわけにはいきません。

This way, the bandits can't run away from the cage.

それに、庭をとりまいたコンクリート塀は、高さ四メートルもあって、はしごでも持ちださないかぎり、乗りこえるすべはないのです。

In addition, the concrete fence that surrounds the garden is 4 meters high, and there is no way to get on it unless you bring it with a ladder.

「アッ、ここだっ、賊はここにいるぞ。」

“Ah, here, the bandits are here.”

 秘書のひとりが、築山の上のしげみのなかでさけびました。

One of the secretaries rustled in the vines on Tsukiyama.

 懐中電燈の丸い光が、四ほうからそこへ集中されます。

The round light of the flashlight will be concentrated from there.

しげみは昼のように明るくなりました。

Shigemi became bright like noon.

その光の中を、賊は背中をまるくして、築山の右手の森のような木立ちへと、まりのようにかけおります。

In the light, the bandits turn their backs and hang on like a forest on the right hand side of Tsukiyama.

「逃がすなっ、山をおりたぞ。」

“I missed the mountain.”

 そして、大木の木立ちのなかを、懐中電燈がチロチロと、美しく走るのです。

And the flashlight runs beautifully in the grove of large trees.

 庭がひじょうに広く、樹木や岩石が多いのと、賊の逃走がたくみなために、相手の背中を目の前に見ながら、どうしてもとらえることができません。

Since the garden is very wide, there are many trees and rocks, and the bandits are difficult to escape, it is impossible to catch them while looking at the other person's back in front of them.

 そうしているうちに、電話の急報によって、近くの警察署から、数名の警官がかけつけ、ただちに塀の外をかためました。

In the meantime, several police officers approached from a nearby police station by a phone call, and immediately looked outside the fence.

賊はいよいよ袋のネズミです。

The bandit is finally a rat in a bag.

 邸内では、それからまたしばらくのあいだ、おそろしい鬼ごっこがつづきましたが、そのうちに、追っ手たちは、ふと賊の姿を見うしなってしまいました。

In the mansion, a terrible devil was playing for a while, but the chasers suddenly saw the bandits.

 賊はすぐ前を走っていたのです。

The bandits were running in front of you.

大きな木の幹をぬうようにして、チラチラと見えたりかくれたりしていたのです。

It was like a large tree trunk that looked and flickered.

それがとつぜん、消えうせてしまったのです。

It disappeared all the time.

木立ちを一本一本、枝の上まで照らして見ましたけれど、どこにも賊の姿はないのです。

I saw the groves one by one on the branches, but there are no bandits anywhere.

 塀外には警官の見はりがあります。

塀 There are police officers outside.

建物のほうは、洋館はもちろん、日本座敷も雨戸がひらかれ、家中の電燈があかあかと庭を照らしているうえに、壮太郎氏、近藤老人、壮二君をはじめ、お手伝いさんたちまでが、縁がわに出て庭の捕り物をながめているのですから、そちらへ逃げるわけにもいきません。

As for the building, in addition to Western-style buildings, Japanese-style rooms have shutters open, the electric lights in the house light up the garden, and so on, Mr. Sotaro, Elder Kondo, Mr. Souji, and the helpers, I'm out of the garden and looking at the catches in the garden, so I can't run away there.

 賊は庭園のどこかに、身をひそめているにちがいないのです。

The bandits must be lying somewhere in the garden.

それでいて、七人のものが、いくらさがしても、その姿を発見することができないのです。

And yet, no matter how much they look, they can't discover their appearance.