文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(427-480)/3301

二十面相はまたしても、忍術を使ったのではないでしょうか。

I wonder if the 20th aspect used ninjutsu again.

 けっきょく、夜の明けるのを待って、さがしなおすほかはないと一|決しました。

First of all, it was decided that there was no other way to wait until dawn and look again.

表門と裏門と塀外の見はりさえげんじゅうにしておけば、賊は袋のネズミですから、朝まで待ってもだいじょうぶだというのです。

If you look at the front gate, back gate, and Ogai, the thief is a rat in the bag, so you can wait until the morning.

 そこで、追っ手の人々は、邸外の警官隊を助けるために、庭をひきあげたのですが、ただひとり、松野という自動車の運転手だけが、まだ庭の奥にのこっていました。

So, the chasers pulled up the garden to help the police outside the house, but only the driver of the car, Matsuno, was still behind the garden.

 森のような木立ちにかこまれて、大きな池があります。

大 き な There is a big pond surrounded by trees like a forest.

松野運転手は人々におくれて、その池の岸を歩いていたとき、ふとみょうなものに気づいたのです。

Matsuno was sent to people and noticed something suddenly when he was walking along the shore of the pond.

 懐中電燈に照らしだされた池の水ぎわには、落ち葉がいっぱいういていましたが、その落ち葉のあいだから、一本の竹ぎれが、少しばかり首を出して、ユラユラと動いているのです。

A lot of fallen leaves were found in the water of the pond that was lit by the flashlight, but because of the fallen leaves, a single bamboo stalk is moving slightly with its head slightly open.

風のせいではありません。

It's not because of the wind.

波もないのに、竹ぎれだけが、みょうに動揺しているのです。

Even though there is no wave, only the bamboo is shaken.

 松野の頭に、あるひじょうにとっぴな考えが浮かびました。

At Matsuno's head, a very thoughtful idea came to mind.

みんなを呼びかえそうかしらと思ったほどです。

I thought I might call everyone.

しかし、それほどの確信はありません。

But I'm not so sure.

あんまり信じがたいことなのです。

It's hard to believe.

 彼は電燈を照らしたまま、池の岸にしゃがみました。

He crouched on the shore of the pond while illuminating the electric light.

そして、おそろしいうたがいをはらすために、みょうなことをはじめたのです。

Then, in order to bring out the people we were looking for, we started something new.

 ポケットをさぐって、鼻紙をとりだすと、それを細くさいて、ソッと池の中の竹ぎれの上に持っていきました。

】 I searched the pocket, took out the nose paper, thinned it, and brought it on the bamboo snag in the pond.

 すると、ふしぎなことがおこったのです。

Then something strange happened.

うすい紙きれが、竹の筒の先で、ふわふわと上下に動きはじめたではありませんか。

Didn't the light paper scraps begin to move up and down at the tip of the bamboo tube?

紙がそんなふうに動くからには、竹の筒から、空気が出たりはいったりしているにちがいありません。

In order for the paper to move that way, air must come out of the bamboo tube.

 まさかそんなことがと、松野は、自分の想像を信じる気になれないのです。

No way, Matsuno can't believe in his imagination.

でも、このたしかなしょうこをどうしましょう。

But what should I do with this kind of pepper?

命のない竹ぎれが、呼吸をするはずはないではありませんか。

Isn't there a lifeless bamboo that should breathe?

 冬ならば、ちょっと考えられないことです。

In the winter, it ’s a bit unthinkable.

しかしそれは、まえにも申しましたとおり、秋の十月、それほど寒い気候ではありません。

However, as I said before, it is not so cold in autumn October.

ことに二十面相の怪物は、みずから魔術師と称しているほど、とっぴな冒険がすきなのです。

In particular, the monster of the Twenty-Family aspect likes the adventure so much that it is called a magician.

 松野はそのとき、みんなを呼べばよかったのです。

Matsuno should have called everyone at that time.

でも、彼は手がらをひとりじめにしたかったのでしょう。

But he probably wanted to have his hands alone.

他人の力を借りないで、そのうたがいをはらしてみようと思いました。

I decided to try to sing the song without the help of others.

 彼は電燈を地面におくと、いきなり両手をのばして、竹ぎれをつかみ、ぐいぐいと引きあげました。

When he put the electric light on the ground, he suddenly extended his hands, grabbed the bamboo and pulled it up.

 竹ぎれは三十センチほどの長さでした。

竹 The bamboo is about 30 centimeters long.

たぶん壮二君が庭で遊んでいて、そのへんにすてておいたものでしょう。

Probably Soji-kun was playing in the garden, and it was a part of it.

引っぱると、竹はなんなくズルズルとのびてきました。

When I pulled it, the bamboo spilled out.

しかし、竹ばかりではなかったのです。

However, it was not only bamboo.

竹の先には池のどろでまっ黒になった人間の手が、しがみついていたではありませんか。

At the end of the bamboo, there was a human hand clinging to the black of the pond.

いや、手ばかりではありません。

No, not just hands.

手のつぎには、びしょぬれになった、海坊主のような人の姿が、ニューッとあらわれたではありませんか。

Next to your hand, you might see a drenched figure of a person like a sea lion.

樹上の怪人

Phantom of the tree

 それから、池の岸で、どんなことがおこったかは、しばらく読者諸君のご想像にまかせます。

And then, what happened on the shore of the pond will be left to you for a while.

 五―六分ののちには、以前の松野運転手が、なにごともなかったように、同じ池の岸に立っておりました。

After five to six minutes, the former Matsuno driver stood on the same pond as never before.

少し息づかいがはげしいようです。

It seems a little bit breathing.

そのほかにはかわったところも見えません。

Other than that, I can't see where it changed.

 彼は、いそいで母屋のほうへ歩きはじめました。

He started to walk towards the main house.

どうしたのでしょう。

What happened?

少しびっこをひいています。

I'm catching a little bit.

でも、びっこをひきながら、ぐんぐん庭をよこぎって、表門までやってきました。

However, I came to the front gate through the garden while playing the basket.

 表門には、ふたりの秘書が、木刀のようなものを持って、ものものしく見はり番をつとめています。

At the front gate, there are two secretaries holding something like a wooden sword and keeping a watchful number.

 松野はその前まで行くと、何か苦しそうにひたいに手をあてて、

When Matsuno goes to the front, he puts his hand on something hard,

「ぼくは寒気がしてしようがない。

"I can't help feeling cold.

熱があるようだ。

There seems to be fever.

少し休ませてもらうよ。」

I'll take a little rest. "

と、力のない声でいうのです。

It ’s a voice with no power.

「ああ、松野君か、いいとも、休みたまえ。

"Oh, Matsuno-kun, at best, take a break.

ここはぼくたちがひきうけるから。」

Because we can get here. "

 秘書のひとりが元気よく答えました。

One of the secretaries answered cheerfully.