文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(481-529)/3301

 松野運転手は、あいさつをして、玄関わきのガレージの中へ姿を消しました。

The Matsuno driver greeted and disappeared into the entrance garage.

そのガレージの裏がわに、彼の部屋があるのです。

There's his room behind the garage.

 それから朝までは、べつだんのこともなくすぎさりました。

From then until morning, it was too late.

表門も裏門も、だれも通過したものはありません。

No one has passed through the front gate or back gate.

 塀外の見はりをしていたおまわりさんたちも、賊らしい人かげには出あいませんでした。

ま わ り Even the people who were looking out from the outside did not meet the bandits.

 七時には、警視庁から大ぜいの係官が来て、邸内の取りしらべをはじめました。

At seven o'clock, a large officer came from the Metropolitan Police Department and began to investigate the house.

そして、取りしらべがすむまで、家の者はいっさい外出を禁じられたのですが、学生だけはしかたがありません。

Until then, all the members of the house were forbidden to go out, but only students could do it.

門脇中学校三年生の早苗さんと、高千穂小学校五年生の壮二君とは、時間が来ると、いつものように、自動車でやしきを出ました。

Mr. Sanae, a third-year student at Kadowaki Junior High School, and Soji-kun, a fifth-year student at Takachiho Elementary School, came out as usual by car.

 運転手はまだ元気のないようすで、あまり口かずもきかず、うなだれてばかりいましたが、でも、学校がおくれてはいけないというので、おして運転席についたのです。

The driver seemed to be still weak and wasn't talking very much and was nodding too much, but because he wasn't allowed to go to school, he got to the driver's seat.

 警視庁の中村捜査係長は、まず主人の壮太郎氏と、犯罪現場の書斎で面会して、事件のてんまつをくわしく聞きとったうえ、ひととおり邸内の人々を取りしらべてから、庭園の捜索にとりかかりました。

Mr. Nakamura, the chief of the Metropolitan Police Department, met with Mr. Sotaro, the master of the crime scene, listened to the details of the incident, and after looking at the people in the residence, he went to search the garden. I started.

「ゆうべ私たちがかけつけましてから、ただ今まで、やしきを出たものはひとりもありません。

“Since we ’ve been around, we have n’t seen any idiots ever.

塀を乗りこしたものもありません。

There is no one that carries a kite.

この点は、じゅうぶん信用していただいていいと思います。」

I would like you to trust this point. "

 所轄警察署の主任刑事が、中村係長に断言しました。

The chief detective of the local police station declared to Nakamura chief.

「すると、賊はまだ邸内に潜伏しているというのですね。」

“Then, the bandits are still hiding in the house.”

「そうです。

"That's right.

そうとしか考えられません。

I can only think so.

しかし、けさ夜明けから、また捜索をはじめさせているのですが、今までのところ、なんの発見もありません。

However, I have started searching since the dawn of Kesa, but so far there has been no discovery.

ただ、犬の死がいのほかには……。」

However, besides the death of the dog ... "

「エ、犬の死がいだって?」

"Eh, why is the dog dying?"

「ここの家では、賊にそなえるために、ジョンという犬を飼っていたのですが、それがゆうべのうちに毒死していました。

“In this house, a dog named John was kept to prepare for the bandits, but it was poisoned in a long time.

しらべてみますと、ここのむすこさんに化けた二十面相のやつが、きのうの夕方、庭に出てその犬に何かたべさせていたということがわかりました。

When I looked into it, I found out that the 20-faceted guy who turned into Musko here went out to the garden yesterday evening and allowed the dog to eat something.

じつに用意周到なやり方です。

It is a well-prepared method.

もしここの坊ちゃんが、わなをしかけておかなかったら、やつは、やすやすと逃げさっていたにちがいありません。」

If the boy here did not trap, he must have escaped easily. "

「では、もう一度庭をさがしてみましょう。

"Now let's search the garden again.

ずいぶん広い庭だから、どこに、どんなかくれ場所があるかもしれない。」

It's a very large garden, so there may be some kind of hide-and-seek place. "

 ふたりがそんな立ち話をしているところへ、庭の築山の向こうから、とんきょうなさけび声が聞こえてきました。

To the place where the two of them talked about, a monkey cry was heard from the other side of the garden.

「ちょっと来てください。

"Please come for a moment.

発見しました。

discovered.

賊を発見しました。」

I found a bandit. "

 そのさけび声とともに、庭のあちこちから、あわただしい靴音がおこりました。

Along with the cry, there was a slamming shoe sound from all over the garden.

警官たちが現場へかけつけるのです。

Police officers go to the scene.

中村係長と主任刑事も、声を目あてに走りだしました。

Nakamura and the chief detective started running to their voices.

 行ってみますと、声のぬしは羽柴氏の秘書のひとりでした。

When I went there, my voice was one of Mr. Hashiba's secretaries.

彼は森のような木立ちの中の、一本の大きなシイの木の下に立って、しきりと上のほうを指さしているのです。

He stands in a forest-like grove, standing under a single large tree and pointing to the top.

「あれです。

“That ’s it.

あすこにいるのは、たしかに賊です。

It is certainly a bandit that is in Asuko.

洋服に見おぼえがあります。」

I have an eye on clothes. "

 シイの木は、根もとから三メートルほどのところで、二またにわかれているのですが、そのまたになったところに、しげった枝にかくれて、ひとりの人間が、みょうなかっこうをしてよこたわっていました。

The shii tree is split into two, about 3 meters from the root, but in that place, it is covered with a stubborn branch, and one person does not see. I was stuck.

 こんなにさわいでも、にげだそうともせぬところをみると、賊は息絶えているのでしょうか。

Even if it is such a breeze, if you look at the place where it doesn't seem to be bald, is the bandit out of breath?

 それとも、気をうしなっているのでしょうか。

Or are you worried?

まさか、木の上で、居眠りをしているのではありますまい。

No way, do not snooze on the tree.

「だれか、あいつを引きおろしてくれたまえ。」

"Someone please drop him down."

 係長の命令に、さっそくはしごが運ばれて、それにのぼるもの、下から受けとめるもの、三―四人の力で、賊は地上におろされました。

The ladder was taken to the chief's order, and the bandits were brought down to the ground with the power of three or four people climbing on it and receiving from below.

「おや、しばられているじゃないか。」

“Oh, are n’t you?”

 いかにも、細い絹ひものようなもので、ぐるぐる巻きにしばられています。

Indeed, it is like a thin silk string, and it is wrapped around a circle.

そのうえさるぐつわです。

Moreover, it is a monkey.

 大きなハンカチを口の中へおしこんで、別のハンカチでかたく、くくってあります。

大 き な A big handkerchief is squeezed into the mouth, and another handkerchief is used.

それから、みょうなことに、洋服が雨にでもあったように、グッショリぬれているのです。

Then, to my heart, the clothes are wet as if the clothes were in the rain.