文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(530-568)/3301

 さるぐつわをとってやると、男はやっと元気づいたように、

男 When I picked up the gag, the man finally realized,

「ちくしょうめ、ちくしょうめ。」

“Chikushome, Chikushoume.”

と、うなりました。

I groaned.

「アッ、きみは松野君じゃないか。」

"Ah, aren't you Mr. Matsuno?"

 秘書がびっくりしてさけびました。

The secretary was surprised and confused.

 それは二十面相ではなかったのです。

It was not a twenty face.

二十面相の服を着ていましたけれど、顔はまったくちがうのです。

I wore 20-faceted clothes, but my face was completely different.

おかかえ運転手の松野にちがいありません。

It must be Matsuno, a caring driver.

 でも、運転手といえば、さいぜん、早苗さんと壮二君を学校へ送るために、出かけたばかりではありませんか。

But, as for the driver, haven't you just gone out to send Sanae and Souji to school?

その松野が、どうしてここにいるのでしょう。

Why is Matsuno here?

「きみは、いったいどうしたんだ。」

“What happened to you?”

 係長がたずねますと、松野は、

When the chief asks, Matsuno

「ちくしょうめ、やられたんです。

“That ’s been done.

あいつにやられたんです。」

It was done by him. "

と、くやしそうにさけぶのでした。

And it was ridiculously ridiculous.

壮二君のゆくえ

Souji's whereabouts

 松野の語ったところによりますと、けっきょく、賊は、つぎのようなとっぴな手段によって、まんまと追っ手の目をくらまし、大ぜいの見ている中をやすやすと逃げさったことがわかりました。

According to what Matsuno told me, it was clear that the bandits had escaped easily while watching the great man by blindly pursuing the eyes of the chaser by the following simple means.

 人々に追いまわされている間に、賊は庭の池にとびこんで、水の中にもぐってしまったのです。

While being chased by people, the bandits jumped into the garden pond and went into the water.

でも、ただもぐっていたのでは呼吸ができませんが、ちょうどそのへんに壮二君がおもちゃにして、すてておいた、節のない竹ぎれが落ちていたものですから、それを持って池の中へはいり、竹の筒を口にあて、いっぽうのはしを水面に出し、しずかに呼吸をして、追っ手の立ちさるのを待っていたのでした。

However, if you just wandered around, you couldn't breathe, but just like that, there was a piece of bamboo that had been dropped by Soji-kun as a toy. He went, put a bamboo tube in his mouth, put a chopstick on the surface of the water, breathed slowly and waited for the chaser to stand.

 ところが、人々のあとに残って、ひとりでそのへんを見まわしていた松野運転手が、その竹ぎれを発見し、賊のたくらみを感づいたのです。

However, the driver Matsuno, who remained behind the people and looked around alone, found the bamboo chip and felt the sway of the bandits.

思いきって竹ぎれをひっぱってみますと、はたして、池の中からどろまみれの人間があらわれてきました。

When I thought about pulling the bamboo, I saw a murky human from the pond.

 そこで、やみの中の格闘がはじまったのですが、気のどくな松野は救いをもとめるひまもなく、たちまち、賊のために組みふせられ、賊がちゃんとポケットに用意していた絹ひもでしばりあげられ、さるぐつわをされてしまったのです。

Then, the fight in the darkness began, but the timid Matsuno had no time to seek salvation, and was immediately put together for the bandit, and the bandage was lining up with the silk string that the bandit had prepared in his pocket. I was sacked.

そして、服をとりかえられたうえ、高い木のまたへかつぎあげられたというしだいでした。

And after changing clothes, he was raised to the other side of a tall tree.

 そうわかってみますと、壮二君たちを学校へ送っていった運転手は、いよいよにせ者ときまりました。

When I understood that, the driver who sent Soji-kun to the school finally became a fool.

たいせつなお嬢さん坊ちゃんが、人もあろうに、二十面相自身の運転する自動車で、どこかへ行ってしまったのです。

The old lady, Chan, went to somewhere in the car driven by Twenty-Family, even if there were people.

人々のおどろき、おとうさまおかあさまのご心配は、くどくど、説明するまでもありません。

There is no need to explain the worries of the people, dads and mothers.

 まず早苗さんの行く先、門脇中学校へ電話がかけられました。

First, a call was made to Kadowaki Junior High School where Sanae went.

すると、意外にも早苗さんはぶじに学校へついていることがわかりました。

Surprisingly, I realized that Sanae was at school.

では、賊はべつに誘かいするつもりではなかったのだなと、大安心をして、つぎには壮二君の学校へ電話をしてたずねますと、もう授業がはじまっているのに、壮二君の姿は見えないという返事です。

So, I was relieved that the bandits were not going to invite him, and when I next asked him to call Soji-kun's school, the class had already begun. The answer is that you cannot see him.

それを聞くと、おとうさまおかあさまの顔色がかわってしまいました。

When I heard that, the complexion of the mother and mother changed.

 賊はわなをしかけたのが、壮二君であることを知ったのかもしれません。

The bandit may have learned that Soji was the trap.

そして、足にうけた傷のふくしゅうをするために、壮二君だけを誘かいしたのかもしれません。

Perhaps only Souji was invited to clean the wounds on his feet.

 さあ、大さわぎになりました。

Now it ’s a great deal.

中村捜査係長は、ただちにこのことを警視庁に報告し、東京全都に非常線をはって、羽柴家の自動車をさがしだす手配をとりました。

The investigator Nakamura immediately reported this to the Metropolitan Police Department, and made arrangements to search for the Hashiba family's cars by making emergency lines all over Tokyo.

さいわい自動車の型や番号はわかっているのですから、手がかりはじゅうぶんあるわけです。

Fortunately, you know the type and number of the car, so there are plenty of clues.

 壮太郎氏は、ほとんど三十分ごとに、学校と警視庁とへ電話をかけて、その後のようすをたずねさせていましたが、一時間、二時間、三時間、時はようしゃなくたっていくのに、壮二君の消息は、いつまでもわかりませんでした。

Mr. Sotaro called the school and the Metropolitan Police Department almost every 30 minutes and asked them how much he was after that, but he was busy for 1 hour, 2 hours, 3 hours, I never knew Soji-kun's whereabouts.

 ところが、その日のお昼すぎになって、ひとりのうすよごれた背広に鳥打ち帽の青年が、羽柴家の玄関にあらわれて、みょうなことをいいだしました。

However, it was too late on the day, and a young man in a bird's-hat cap appeared in the faintly dressed man's back at the entrance of the Hashiba family and said something good.

「あたしは、おたくの運転手さんにたのまれたんですがね。

“I was devoured by my driver.

運転手さんが、なんだか途中できゅうに私用ができたとかで、たのまれて自動車を運んできたのですよ。

The driver was engulfed and carried a car because he was able to make a private use somehow on the way.