文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(774-822)/3301

 近藤老人は、もう、一生けんめいでした。

Elder Kondo has been living for a lifetime.

「心配するなってえことよ。

“You ’re worried.

ほら、うしろを向いてごらん。

Look at the back.

坊ちゃんは、もうちゃんと玄関においでなさらあ。」

Bo-chan is already at the entrance. "

 ふりむくと、なるほど、玄関の電燈の前に、大きいのと小さいのと、二つの黒い人かげが見えます。

As you can see, two black people are visible in front of the entrance.

 壮太郎氏と老人とが、それに気をとられているうちに、

While Mr. Sotaro and the elderly care about it,

「あばよ……。」

"Bye……."

 トラックは、門前をはなれて、みるみる小さくなっていきました。

: The truck was getting smaller in front of the gate.

 ふたりは、いそいで玄関の人かげのそばへひきかえしました。

The two of them rushed to the side of the entrance door.

「おや、こいつらは、さっきから門のところにいた親子の乞食じゃないか。

“Oh, these guys are the beggars of the parent and child who were at the gate a while ago.

さては、いっぱい食わされたかな。」

Well, was it eaten a lot? "

 いかにもそれは親子と見えるふたりの乞食でした。

Indeed, it was a beggar of two people who can be seen as a parent and child.

両人とも、ぼろぼろのうすよごれた着物を着て、にしめたような手ぬぐいでほおかむりをしています。

Both of them wear a shabby, dark kimono and chew with a towel like a garment.

「おまえたちはなんだ。

“What are you guys?

こんなところへはいってきてはこまるじゃないか。」

Would n’t you like to come to such a place? "

 近藤老人がしかりつけますと、親の乞食がみょうな声で笑いだしました。

When Elder Kondo was convinced, the parent's beggar laughed out loud.

「エヘヘヘヘヘ、お約束でございますよ。」

"Ehehehehehehe is a promise."

 わけのわからぬことをいったかと思うと、彼はやにわに走りだしました。

When I thought something I didn't understand, he started running.

まるで風のように、暗やみの中を、門の外へとびさってしまいました。

Just like the wind, I had gone out of the gate through the darkness.

「おとうさま、ぼくですよ。」

“My dad, I am.”

 こんどは子どもの乞食が、へんなことをいいだすではありませんか。

This time, isn't the child's beggar saying good things?

そして、いきなり、ほおかむりをとり、ぼろぼろの着物をぬぎすてたのを見ると、その下からあらわれたのは、見おぼえのある学生服、白い顔。

Suddenly, I took a cheek and took off a shabby kimono, and from underneath was a school uniform with a white eye, a white face.

子ども乞食こそ、ほかならぬ壮二君でした。

The child beggar was none other than Soji.

「どうしたのだ、こんなきたないなりをして。」

“What's wrong with this mess?”

 羽柴氏が、なつかしい壮二君の手をにぎりながらたずねました。

Mr. Hashiba asked us while holding the old hand of Soji.

「何かわけがあるのでしょう。

“I wonder why.

二十面相のやつが、こんな着物を着せたんです。

The 20-faced guy wore this kimono.

でも、今までさるぐつわをはめられていて、ものがいえなかったのです。」

But until now I was wearing monkeys and I couldn't say anything. "

 ああ、では今の親乞食こそ、二十面相その人だったのです。

Oh, so now the relative food was the person of the 20th aspect.

彼は乞食に変装をして、それとなく、仏像が運びだされたのを見きわめたうえ、約束どおり壮二君をかえして、逃げさったのにちがいありません。

He must have disguised himself as a beggar and finally found out that the Buddha image was carried out, then returned to Soji as promised and escaped.

それにしても、乞食とは、なんという思いきった変装でしょう。

Even so, what a beggar is a disguise.

乞食ならば、人の門前にうろついていても、さしてあやしまれないという、二十面相らしい思いつきです。

In the case of a beggar, it is a 20-sided idea that even if you hang around in front of a person, you will not be misled.

 壮二君はぶじに帰りました。

Soji returned to Buji.

聞けば、先方では、地下室にとじこめられてはいたけれど、べつに虐待されるようなこともなく、食事もじゅうぶんあてがわれていたということです。

I heard that the other party had been trapped in the basement, but was not abused, and the meals were fully allocated.

 これで羽柴家の大きな心配はとりのぞかれました。

[This has removed the great concern of the Hashiba family.

おとうさまおかあさまの喜びがどんなであったかは、読者諸君のご想像におまかせします。

It is up to the readers to imagine what the joy of the dad and mother was.

 さていっぽう、乞食に化けた二十面相は、風のように羽柴家の門をとびだし、小暗い横町にかくれて、すばやく乞食の着物をぬぎすてますと、その下には茶色の十徳姿のおじいさんの変装が用意してありました。

On the other hand, the 20-faced aspect that turned into a beggar jumped out of the gate of the Hashiba family like a wind, and it was covered in a gloomy side town, and the beggar's kimono was quickly wiped out. A grandfather disguise was prepared.

頭はしらが、顔もしわだらけの、どう見ても六十をこしたご隠居さまです。

The head is a retirement that has been covered with sixty faces, full of wrinkles.

 彼は姿をととのえると、かくし持っていた竹の杖をつき、背中をまるめて、よちよちと、歩きだしました。

When he took his appearance, he put on his bamboo stick, curled his back, and started walking.

たとえ羽柴氏が約束を無視して、追っ手をさしむけたとしても、これでは見やぶられる気づかいはありません。

Even if Mr. Hashiba disregards the promise and tries to pursue the pursuit, this is not noticeable.

じつに心にくいばかりの用意周到なやりくちです。

It is a well-prepared way of working that is difficult to understand.

 老人は大通りに出ると、一台のタクシーを呼びとめて、乗りこみましたが、二十分もでたらめの方向に走らせておいて、べつの車に乗りかえ、こんどは、ほんとうのかくれがへいそがせました。

When the old man got out of the main street, he called a taxi and took it, but he ran in the direction of tens of minutes and switched to another car. did.

 車のとまったところは、戸山ヶ原の入り口でした。

The stop of the car was the entrance of Toyamagahara.

老人はそこで車をおりて、まっくらな原っぱをよぼよぼと歩いていきます。

The old man gets in the car and walks through the plain.

さては、賊の巣くつは戸山ヶ原にあったのです。

By the way, the bandit's nest was in Toyamagahara.

 原っぱのいっぽうのはずれ、こんもりとした杉林の中に、ポッツリと、一軒の古い洋館が建っています。

In the thick cedar forest, there is a potzuri and an old Western-style building.

荒れはてて住みてもないような建物です。

It is a building that has never been lived.

老人は、その洋館の戸口を、トントントンと三つたたいて、少し間をおいて、トントンと二つたたきました。

The old man hit the door of the western pavilion with three tons, and after a while, tapped with two tons.

 すると、これが仲間のあいずとみえて、中からドアがひらかれ、さいぜん仏像をぬすみだした手下のひとりが、ニュッと顔を出しました。

Then, this seemed like a friend, and the door was opened from inside, and one of the minions who began to squeeze out the Buddha statue revealed a face.