文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(869-916)/3301

「で、ダイヤモンドをわたさぬといったら?」

“So, do n’t you give me a diamond?”

 賊はおそるおそる、相手の気をひいてみるように、たずねました。

The bandits were intimidating and asked them to try to get their attention.

「おまえの命がなくなるばかりさ。

“Your life is gone.

このピストルはね、いつもおまえが使うような、おもちゃじゃないんだぜ。」

This pistol is not a toy you always use. "

 観音さまは、このご隠居然とした白髪の老人が、そのじつ二十面相の変装姿であることを、ちゃんと知りぬいているようすでした。

Mr. Kannon seemed to know that this old-fashioned gray-haired old man was actually in the disguise of the twenty face.

たぶん、さいぜんの手下の者との会話をもれ聞いて、それと、察したのでしょう。

Perhaps, I heard that I had a conversation with a person who was in my hands.

「おもちゃでないというしょうこを、見せてあげようか。」

"Let's show you the shochu that it's not a toy."

 そういったかと思うと、観音さまの右手がヒョイと動きました。

I thought that was the case, and Kannon's right hand moved with Hyoy.

 と同時に、ハッととびあがるようなおそろしい物音。

At the same time, it ’s a sound that makes you feel like jumping.

部屋のいっぽうの窓ガラスがガラガラとくだけ落ちました。

The window glass in the room fell off just as rattling.

ピストルからは、実弾がとびだしたのです。

From the pistol, live ammunition jumped out.

 一寸法師の観音さまは、めちゃめちゃにとびちるガラスの破片を、チラと見やったまま、すばやくピストルのねらいをもとにもどし、インド人みたいなまっ黒な顔で、うすきみ悪くニヤニヤと笑いました。

One-dimensional teacher Kannon quickly returned the aim of the pistol, looking at the shattered glass pieces, and laughed grinningly with a black face like an Indian. .

 見ると賊の胸につきつけられたピストルの筒口からは、まだうす青い煙がたちのぼっています。

As you can see, there is still a light blue smoke coming from the pistol's tube hole attached to the bandit's chest.

 二十面相は、この黒い顔をした小さな怪人物の肝ったまが、おそろしくなってしまいました。

The 20th aspect of the face of this little phantom figure with a black face has become awkward.

 こんなめちゃくちゃならんぼう者は、何をしだすかしれたものではない。

This messed up person isn't something that could have started.

ほんとうにピストルでうちころす気かもしれぬ。

You might really want to roll it off with a pistol.

たといその弾丸はうまくのがれたとしても、このうえあんな大きな物音をたてられては、付近の住民にあやしまれて、どんなことになるかもしれぬ。

Even if the bullet goes off well, if you make such a loud noise, it may be mischievous by the nearby residents.

「しかたがない。

"It can not be helped.

ダイヤモンドはかえしてやろう。」

Let's change the diamonds. "

 賊はあきらめたようにいいすてて、部屋のすみの大きな机の前へ行き、机の足をくりぬいたかくし引きだしから、六個の宝石をとりだすと、てのひらにのせて、カチャカチャいわせながらもどってきました。

The bandits gave up as if they gave up, went to the big desk in the corner of the room, pulled out the legs of the desk, took out the six gems, put them on the palm, and made them crawl. I came.

 ダイヤモンドは、賊の手の中でおどるたびごとに、床のろうそくの光をうけて、ギラギラと虹のようにかがやいています。

】 Each time a diamond strikes in the hands of a bandit, it is shining like a rainbow and a rainbow with the light of the candle on the floor.

「さあ、これだ。

“Now, this is it.

よくしらべて受けとりたまえ。」

Look carefully and receive it. "

 一寸法師の観音さまは、左手をのばして、それを受けとると、老人のようなしわがれ声で、笑いました。

】 One dimension teacher Kannon extended his left hand and received it, and laughed with a hoarse voice like an old man.

「ハハハ……、感心、感心、さすがの二十面相も、やっぱり命はおしいとみえるね。」

“Hahaha…. Impressive, impressed, as expected, the 20th aspect of life seems to be a life.

「ウム、ざんねんながら、かぶとをぬいだよ。」

“Um, I ’ve been wearing my helmet.”

 賊は、くやしそうにくちびるをかみながら、

The bandit bites his lips with a whisper

「ところで、いったいきみは何者だね。

"By the way, who is it?

この二十面相をこんなめにあわせるやつがあろうとは、おれも意外だったよ。

I was surprised that there was a guy who would match these 20 aspects.

後学のために名まえを教えてくれないか。」

Can you tell me your name for later studies? "

「ハハハ……、おほめにあずかって、光栄のいたりだね。

“Hahaha ... I ’m honored to be a compliment.

名まえかい。

Name.

それはきみが牢屋へはいってからのおたのしみに残しておこう。

I'll leave it in the fun after you enter the jail.

おまわりさんが教えてくれることだろうよ。」

The staff will tell you. "

 観音さまは、勝ちほこったようにいいながら、やっぱり、ピストルをかまえたまま、部屋の出口のほうへ、ジリジリとあとじさりをはじめました。

Mr. Kannon started to squeeze out toward the exit of the room, holding the pistol, while saying that he was victorious.

 賊の巣くつはつきとめたし、ダイヤモンドはとりもどしたし、あとはぶじにこのあばらやを出て、付近の警察へかけこみさえすればよいのです。

The bandit's nest shoes have been caught, the diamonds have been reclaimed, and all that has to be done is to get out of the abyss and go to the nearby police.

 この観音さまに変装した人物が何者であるかは、読者諸君、とっくにご承知でしょう。

】 Readers will know what the person who is disguised as Kannon is.

小林少年は怪盗二十面相を向こうにまわして、みごとな勝利をおさめたのです。

Kobayashi Shonen turned to the 20th aspect of the phantom thief and won a wonderful victory.

そのうれしさは、どれほどでしたろう。

How happy was that?

どんなおとなもおよばぬ大手がらです。

It's a big monster that doesn't reach any adult.

 ところが、彼が今、二―三歩で部屋を出ようとしていたとき、とつぜん、異様な笑い声がひびきわたりました。

However, when he was about to leave the room in two or three steps, a strange laughter suddenly started to flicker.

見ると、老人姿の二十面相が、おかしくてたまらぬというように、大口あいて笑っているのです。

Looking at it, the twenty-faceted face of an old man is laughing with a big smile, as if it was funny and irresistible.

 ああ、読者諸君、まだ安心はできません。

Oh, readers, you can't rest assured.

名にしおう怪盗のことです。

It's a phantom thief that goes by name.

負けたとみせて、そのじつ、どんな最後の切り札を残していないともかぎりません。

It doesn't matter if you've lost and you don't leave any last trump.

「おやっ、きさま、何がおかしいんだ。」

“Okay, Kisama, what's wrong?”

 観音さまに化けた少年は、ギョッとしたように立ちどまって、ゆだんなく身がまえました。

The boy who turned into Kannon-san stood like a scary, and gradually turned up.

「いや、しっけい、しっけい、きみがおとなのことばなんか使って、あんまりこまっちゃくれているもんだから、つい吹きだしてしまったんだよ。」

“No, no, no, no, no, you ’ve used the language of adults and you ’ve been so messed up,” she said.