文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(917-967)/3301

 賊はやっと笑いやんで、答えるのでした。

The bandit finally laughed and answered.

「というのはね。

“That ’s right.

おれはとうとう、きみの正体を見やぶってしまったからさ。

I have finally seen your identity.

この二十面相の裏をかいて、これほどの芸当のできるやつは、そうたんとはないからね。

There isn't a guy who can do such a trick with the back of these twenty aspects.

じつをいうと、おれはまっ先に明智小五郎を思いだした。

To tell the truth, I first thought of Agochi Kogoro.

 だが、そんなちっぽけな明智小五郎なんてありゃしないね。

But there's no such small Akechi Kogoro.

きみは子どもだ。

You are a child.

明智流のやり方を会得した子どもといえば、ほかにはない。

There are no other children who have learned how to use the Akechi style.

明智の少年助手の小林芳雄とかいったっけな。

It was like Akechi's boy assistant, Yoshio Kobayashi.

ハハハ……、どうだ、あたったろう。」

Hahaha ... how is it? "

 観音像に変装した小林少年は、賊の明察に、内心ギョッとしないではいられませんでした。

KOBAYASHI Shonen disguised as a Kannon statue couldn't help but be afraid to see the bandits.

しかし、よく考えてみれば、目的をはたしてしまった今、相手に名まえをさとられたところで、少しもおどろくことはないのです。

However, if you think about it, now that you've achieved your goal, you won't be a little surprised when you get the name.

「名まえなんかどうだっていいが、お察しのとおりぼくは子どもにちがいないよ。

"I don't care what the name is, but as you might expect, I must be a child.

だが、二十面相ともあろうものが、ぼくみたいな子どもにやっつけられたとあっては、少し名折れだねえ。

However, if something like the 20th aspect is beaten up by a child like me, it's a little famous.

ハハハ……。」

Hahaha ... "

 小林少年は負けないで応しゅうしました。

Kobayashi Shonen responded without losing.

「坊や、かわいいねえ……。

"The boy is so cute ...

きさま、それで、この二十面相に勝ったつもりでいるのか。」

So, are you going to win this twenty face? "

「負けおしみは、よしたまえ。

“Let ’s lose, good.

せっかくぬすみだした仏像は生きて動きだすし、ダイヤモンドはとりかえされるし、それでもまだ負けないっていうのかい。」

The sculpted Buddha statues are alive and moving, the diamonds are replaced, and it is still not defeated. "

「そうだよ。

"that's right.

おれはけっして負けないよ。」

I will never lose. "

「で、どうしようっていうんだ!」

"So what are you going to do!"

「こうしようというのさ!」

"I'm going to do this!"

 その声と同時に、小林少年は足の下の床板が、とつぜん消えてしまったように感じました。

At the same time, Kobayashi boy felt that the floorboard under his feet had disappeared.

 ハッとからだが宙にういたかと思うと、そのつぎのしゅんかんには、目の前に火花が散って、からだのどこかが、おそろしい力でたたきつけられたような、はげしい痛みを感じたのです。

When I thought that I was in the air, I felt a pain in the next shinkan where a spark was scattered in front of me, and somewhere in my body was struck with awesome power. is.

 ああ、なんという不覚でしょう。

Oh, what a wonder.

ちょうどそのとき、彼が立っていた部分の床板が、おとしあなのしかけになっていて、賊の指がソッと壁のかくしボタンをおすと同時に、とめ金がはずれ、そこにまっくらな四角い地獄の口があいたのでした。

At that time, the part of the floor where he stood was a sneak peek, and the bandit's finger pressed the button on the wall, and at the same time, the clasp came off and there was a plain square hell. There was a mouth.

 痛みにたえかねて、身動きもできず、暗やみの底にうつぶしている小林少年の耳に、はるか上のほうから、二十面相のこきみよげな嘲笑がひびいてきました。

♪ I couldn't move because of the pain, but Kobayashi's ears crawl at the bottom of the darkness.

「ハハハ……、おい坊や、さぞ痛かっただろう。

"Hahaha ... Hey boy, it must have been painful.

気のどくだねえ。

Do n’t worry.

まあ、そこでゆっくり考えてみるがいい。

Well, think about it slowly.

きみの敵がどれほどの力を持っているかということをね。

How much power your enemies have.

ハハハ……、この二十面相をやっつけるのには、きみはちっと年が若すぎたよ。

Hahaha ... You were too young to beat this twenty face.

ハハハ……。」

Hahaha ... "

七つ道具

Seven tools

 小林少年はほとんど二十分ほどのあいだ、地底の暗やみの中で、ついらくしたままの姿勢で、じっとしていました。

KOBAYASHI Shonen stayed still in the darkness of the ground for almost 20 minutes.

ひどく腰を打ったものですから、痛さに身動きする気にもなれなかったのです。

Because I hit my back badly, I didn't feel like moving in pain.

 そのまに、天井では、二十面相がさんざんあざけりのことばをなげかけておいて、おとしあなのふたをピッシャリしめてしまいました。

In the meantime, on the ceiling, the 20-faced minister sprinkled the ridiculous words and squeezed the lid of Otosana.

もう助かる見こみはありません。

There's no sight to be saved anymore.

永久のとりこです。

It ’s permanent.

もし賊がこのまま食事をあたえてくれないとしたら、だれひとり知るものもないあばらやの地下室でうえ死にしてしまわねばなりません。

If the bandits don't give you a meal, you'll have to die in the basement of the roses that no one knows.

 年はもいかぬ少年の身で、このおそろしい境遇をどうたえしのぶことができましょう。

As a boy who is not a year, how about this terrible situation?

たいていの少年ならば、さびしさとおそろしさに、絶望のあまりシクシクと泣きだしたことでありましょう。

For most boys, crying with loneliness and frustration, despairing.

 しかし、小林少年は泣きもしなければ、絶望もしませんでした。

However, Kobayashi Shonen did not cry or despair.

彼はけなげにも、まだ、二十面相に負けたとは思っていなかったのです。

He didn't even think he was defeated by the 20th aspect yet.

 やっと腰の痛みがうすらぐと、少年がまず最初にしたことは、変装のやぶれ衣の下にかくして、肩からさげていた小さなズックのカバンに、ソッとさわってみることでした。

When the lower back pain finally disappeared, the first thing the boy did was to touch the small Zuk bag that had been worn from his shoulder under his disguise.

「ピッポちゃん、きみは、ぶじだったかい。」

“Pippo-chan, you were Buji.”

 みょうなことをいいながら、上からなでるようにしますと、カバンの中で何か小さなものが、ゴソゴソと動きました。

Talking from the top, saying something awkward, something small in the bag moved.

「ああ、ピッポちゃんは、どこも打たなかったんだね。

"Oh, Pippo didn't hit anything.

おまえさえいてくれれば、ぼく、ちっともさびしくないよ。」

As long as you have me, I'm not lonely at all. "