文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(1003-1041)/3301

 部屋のすみに一|脚のこわれかかった長イスがおかれ、その上に一枚の古毛布がまるめてあるほかには、道具らしいものは何一品ありません。

In the corner of the room, there is nothing like a tool other than a long chair with a broken leg and a piece of old blanket wrapped around it.

まるで牢獄のような感じです。

It feels like a prison.

 小林少年は、その長イスを見て、思いあたるところがありました。

Kobayashi Shonen had something to think about when he saw the chair.

「羽柴壮二君は、きっとこの地下室に監禁されていたんだ。

“Soji Hashiba was surely confined in this basement.

そして、この長イスの上でねむったにちがいない。」

And he must have slept on this chair. "

 そう思うと、何かなつかしい感じがして、彼は長イスに近づき、クッションをおしてみたり、毛布をひろげてみたりするのでした。

When I thought so, I felt something nostalgic, and he approached the chair and tried to push the cushion and open the blanket.

「じゃ、ぼくもこのベッドでひとねむりするかな。」

“Now, I wonder if I ’m going to take a break in this bed.”

 大胆不敵の少年探偵は、そんなひとりごとをいって、長イスの上に、ゴロリと横になりました。

大 The fearless boy detective lay down on a chair and gorgeously with such a person.

 万事は夜が明けてからのことです。

Everything is after the dawn.

それまでにじゅうぶん鋭気をやしなっておかねばなりません。

Until then, you have to be very eager.

なるほど、理くつはそのとおりですが、このおそろしい境遇にあって、のんきにひとねむりするなんて、ふつうの少年には、とてもまねのできないことでした。

Indeed, the reason is right, but it was something that a normal boy couldn't imitate in this terrible situation.

「ピッポちゃん、さあ、ねむろうよ。

“Pippo-chan, come on.

そして、おもしろい夢でもみようよ。」

And even an interesting dream. "

 小林少年は、ピッポちゃんのはいっているカバンを、だいじそうにだいて、やみの中に目をふさぎました。

KOBAYASHI Shonen grabbed Pippo's bag and closed his eyes in the darkness.

そしてまもなく、長イスの寝台の上から、すやすやと、さも安らかな少年の寝息が聞こえてくるのでした。

Soon after, a quiet boy's sleep was heard from the bedside chair.

伝書バト

Biography

 小林少年はふと目をさますと、部屋のようすが、いつもの探偵事務所の寝室とちがっているので、びっくりしましたが、たちまちゆうべのできごとを思いだしました。

Kobayashi Shonen looked like a room, but I was surprised because it was different from the usual bedroom of a detective office.

「ああ、地下室に監禁されていたんだっけ。

“Oh, I was confined in the basement.

でも、地下室にしちゃあ、へんに明るいなあ。」

But it ’s very bright in the basement. "

 殺風景なコンクリートの壁や床が、ほんのりと、うす明るく見えています。

The concrete walls and floors that are murdered look slightly bright.

地下室に日がさすはずはないのだがと、なおも見まわしていますと、ゆうべは少しも気づきませんでしたが、いっぽうの天井に近く、明りとりの小さな窓がひらいていることがわかりました。

I couldn't notice a little when I looked at the basement, but the sun wasn't noticed at all, but I found that it was close to the ceiling and there was a small light window. .

 その窓は三十センチ四ほうほどの、ごく小さいもので、そのうえ太い鉄ごうしがはめてあります。

The window is very small, about thirty centimeters, and has a thick iron gauze.

地下室の床からは、三メートル近くもある高いところですけれど、外から見れば、地面とすれすれの場所にあるのでしょう。

From the basement floor, it is a high place that is close to 3 meters, but if you look from the outside, it will be on the ground and the place where it passes.

「はてな、あの窓から、うまく逃げだせないかしら。」

“Hatena, can I get away from that window well?”

 小林君はいそいで長イスから起きあがり、窓の下に行って、明るい空を見あげました。

Mr. Kobayashi got up from a long chair and went under the window and looked up at the bright sky.

窓にはガラスがはめてあるのですが、それがわれてしまって、大声にさけべば、外を通る人に聞こえそうにも思われるのです。

There is glass in the window, but it seems to be heard by the person who passes outside if it breaks out and avoids it loudly.

 そこで、今まで寝ていた長イスを、窓の下へおしていって、それを踏み台に、のびあがってみましたが、それでもまだ窓へとどきません。

So, I hanged a long chair that I had slept up to the bottom of the window and tried to use it as a stepping board, but I still did not reach the window.

子どもの力で重い長イスをたてにすることはできないし、ほかに踏み台にする道具とても見あたりません。

You can't make heavy long chairs with the power of a child, and I can't find any other tools to use as a springboard.

 では、小林君は、せっかく窓を発見しながら、そこから外をのぞくことも、できなかったのでしょうか。

So, couldn't Kobayashi find the window and look out from there?

いやいや、読者諸君、ご心配にはおよびません。

No, readers, don't worry.

こういうときの用意に、なわばしごというものがあるのです。

In preparation for such a time, there is a so-called ladder.

少年探偵の七つ道具は、さっそく使い道ができたわけです。

The seven boy detective tools were ready for use.

 彼はカバンから絹ひものなわばしごをとりだし、それをのばして、カウ・ボーイの投げなわみたいにはずみをつけ、いっぽうのはしについているかぎを、窓の鉄ごうしめがけて投げあげました。

He took a silk ladder out of his bag, stretched it, put it like a cowboy's lasso, and threw a key on the other side of the ladder against the window iron. .

 三度、四度失敗したあとで、ガチッと、手ごたえがありました。

¡After three or four failures, there was a quick response.

かぎはうまく一本の鉄棒にかかったのです。

The key worked well on a horizontal bar.

 なわばしごといっても、これはごくかんたんなもので、五メートルほどもある、長いじょうぶな一本の絹ひもに、二十センチごとに大きなむずび玉がこしらえてあって、そのむすび玉に足の指をかけて、よじのぼるしかけなのです。

Even if it is a squirrel, this is a very simple thing. A large, thick silk ball, about 20 meters long, has a large ball around every 20 centimeters. It ’s like a hoop on your toes.

 小林君は腕力ではおとなにおよびませんけれど、そういう器械体操めいたことになると、だれにもひけはとりませんでした。

Mr. Kobayashi is not an adult with his strength, but when he was able to exercise that kind of instrument, nobody lost.

彼は、なんなくなわばしごをのぼって、窓の鉄ごうしにつかまることができました。

He was able to climb the ladder and grab it to the iron bar of the window.

 ところが、そうしてしらべてみますと、失望したことには、鉄ごうしは深くコンクリートにぬりこめてあって、万能ナイフぐらいでは、とてもとりはずせないことがわかりました。

However, when I looked into it, I was disappointed that the iron powder was deeply embedded in the concrete, and it turned out that it could not be removed with a universal knife.