文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(1042-1082)/3301

 では、窓から大声に救いをもとめてみたらどうでしょう。

Then what if you ask for help out loud from the window?

いや、それもほとんど見こみがないのです。

No, it ’s almost unseen.

窓の外は荒れはてた庭になっていて草や木がしげり、そのずっと向こうにいけがきがあって、いけがきの外は道路もない広っぱです。

Outside the window is a rugged garden with grass and trees, and there is a grave beyond that, and there is no road outside the cliff.

その広っぱへ、子どもでも遊びに来るのを待って、救いをもとめれば、もとめられるのですが、そこまで声がとどくかどうかも、うたがわしいほどです。

If you wait for the child to come to play and ask for salvation, you will be able to find it, but it's also annoying whether the voice reaches it.

 それに、そんな大きなさけび声をたてたのでは、広っぱの人に聞こえるよりも先に、二十面相に聞かれてしまいます。

In addition, if you make such a loud cry, you will be heard by the 20th aspect before you can hear it.

いけない、いけない、そんな危険なことができるものですか。

Isn't it possible to do such a dangerous thing?

 小林少年は、すっかり失望してしまいました。

Kobayashi Shonen was completely disappointed.

でも失望のなかにも、一つだけ大きな収穫がありました。

But in disappointment, there was only one big harvest.

といいますのは、今の今まで、この建物がいったいどこにあるのか、少しも見当がつかなかったのですが、窓をのぞいたおかげで、その位置がハッキリとわかったことです。

I haven't really figured out where this building is until now, but thanks to looking through the windows, I knew exactly where it was.

 読者諸君は、ただ窓をのぞいただけで、位置がわかるなんてへんだとおっしゃるかもしれません。

Readers may just say that it is difficult to find the location by simply looking through the window.

でも、それがわかったのです。

But I knew that.

小林君はたいへん幸運だったのです。

Mr. Kobayashi was very lucky.

 窓の外、広っぱのはるかむこうに、東京にたった一ヵ所しかない、きわだって特徴のある建物が見えたのです。

Outside the window, I was able to see a unique building with only one place in Tokyo.

東京の読者諸君は、戸山ヶ原にある、大人国のかまぼこをいくつもならべたような、コンクリートの大きな建物をごぞんじでしょう。

The readers of Tokyo will have a big concrete building in Toyamagahara that has many kamabokos from adult countries.

じつにおあつらえむきの目じるしではありませんか。

Isn't it really an eye-catching sign?

 少年探偵は、その建物と賊の家との関係を、よく頭に入れて、なわばしごをおりました。

The boy detective often wandered into the relationship between the building and the bandit's house.

そして、いそいで例のカバンをひらくと、手帳と鉛筆と磁石とをとりだし、方角をたしかめながら、地図を書いてみました。

Then, when I opened the example bag, I took out a notebook, a pencil, and a magnet, and tried to write a map while checking the direction.

すると、この建物が、戸山ヶ原の北がわ、西よりの一|隅にあるということが、ハッキリとわかったのでした。

Then, I knew clearly that this building was located in the north corner of Toyamagahara and at the corner from the west.

ここでまた、七つ道具の中の磁石が役にたちました。

Here again, the magnets in the seven tools were useful.

 ついでに時計を見ますと、朝の六時を、少しすぎたばかりです。

When I look at the watch, it's just a little past 6 o'clock in the morning.

上の部屋がひっそりしているようすでは、二十面相はまだ熟睡しているのかもしれません。

If the upper room is quiet, the 20th aspect may still be asleep.

「ああ、ざんねんだなあ。

"Oh, I'm sorry.

せっかく二十面相のかくれがをつきとめたのに、その場所がちゃんとわかっているのに、賊を捕縛することができないなんて。」

Even though I've been able to find the hide of the 20th face, I know the place but I can't capture the bandits. "

 小林君は小さいこぶしをにぎりしめて、くやしがりました。

Mr. Kobayashi squeezed a small fist and became stubborn.

「ぼくのからだが、童話の仙女みたいに小さくなって、羽がはえて、あの窓からとびだせたらなあ。

“I want to be like a fairy fairy maiden, wings, and jump out of that window.

そうすれば、さっそく警視庁へ知らせて、おまわりさんを案内して、二十面相をつかまえてしまうんだがなあ。」

If you do so, you will immediately inform the Tokyo Metropolitan Police Department, guide you around, and catch the 20th aspect. "

 彼は、そんな夢のようなことを考えて、ため息をついていましたが、ところが、そのみょうな空想がきっかけになって、ふと、すばらしい名案がうかんできたのです。

He was sighing, thinking about such a dream, but the idea of his imagination led to a wonderful idea.

「なあんだ、ぼくは、ばかだなあ。

"Nadaa, I'm an idiot.

そんなことわけなくできるじゃないか。

I can't do anything like that.

ぼくにはピッポちゃんという飛行機があるじゃないか。」

I have a plane called Pippo-chan. "

 それを考えると、うれしさに、顔が赤くなって、胸がドキドキおどりだすのです。

, Thinking about it, the face turns red and the chest begins to throbbing.

 小林君は興奮にふるえる手で、手帳に、賊の巣くつの位置と、自分が地下室に監禁されていることをしるし、その紙をちぎって、こまかくたたみました。

Mr. Kobayashi was a hand that excites his excitement. In his notebook, he showed the position of the bandit's nest and that he was confined in the basement.

 それから、カバンの中の伝書バトのピッポちゃんを出して、その足にむすびつけてある通信筒の中へ、今の手帳の紙をつめこみ、しっかりとふたをしめました。

Then, I put out the message “Pippo-chan” in the bag, put the paper of the current notebook into the communication tube attached to the foot, and closed it tightly.

「さあ、ピッポちゃん、とうとうきみが手がらをたてるときがきたよ。

“Now, it's time for Pippo-chan, finally you are clapping.

しっかりするんだぜ。

I'll do it well.

道草なんか食うんじゃないよ。

I don't eat Michikusa.

いいかい。

Mind you.

そら、あの窓からとびだして、早く奥さんのところへ行くんだ。」

So, jump out of that window and go to your wife quickly. "

 ピッポちゃんは、小林少年の手の甲にとまって、かわいい目をキョロキョロさせて、じっと聞いていましたが、ご主人の命令がわかったものとみえて、やがて勇ましく羽ばたきして、地下室の中を二―三度行ったり来たりすると、ツーッと窓の外へとびだしてしまいました。

Pippo, holding on the back of Kobayashi Shonen's hand, squeezed his cute eyes and listened, but seemed to understand the master's command, and eventually flapped courageously and swept through the basement. After going back and forth, I jumped out of the window.

「ああ、よかった。

“Oh, that ’s good.

十分もすれば、ピッポちゃんは、明智先生のおばさんのところへとんでいくだろう。

If enough, Pippo will go to Akechi-sensei's aunt.