文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪人二十面相:江戸川 乱歩(1083-1139)/3301

おばさんはぼくの手紙を読んで、さぞびっくりなさるだろうなあ。

Aunt will read my letter and be surprised.

でも、すぐに警視庁へ電話をかけてくださるにちがいない。

But he must call the Metropolitan Police Department immediately.

それから警官がここへかけつけるまで、三十分かな?

Then is it thirty minutes until the policeman goes here?

 四十分かな?

Is it 40 minutes?

 なんにしても、今から一時間のうちには、賊がつかまるんだ。

Anyway, a bandit will be caught in the next hour.

そしてぼくは、この穴ぐらから出ることができるんだ。」

And I can get out of this hole. "

 小林少年は、ピッポちゃんの消えていった空をながめながら、むちゅうになって、そんなことを考えていました。

KOBAYASHI Shonen was thinking about such a situation while looking at the sky where Pippo-chan disappeared.

あまりむちゅうになっていたものですから、いつのまにか、天井のおとし穴のふたがあいたことを、少しも気づきませんでした。

Because it was so brutal, I didn't realize that the ceiling hole in the ceiling was open.

「小林君、そんなところで、何をしているんだね。」

“What are you doing, Kobayashi-kun?”

 聞きおぼえのある二十面相の声が、まるで雷のように少年の耳をうちました。

Listening to the voice of the twenty-faced face of the boy, the boy listened like a thunder.

 ギョッとしてそこを見あげますと、天井にポッカリあいた四角な穴から、ゆうべのままの、しらが頭の賊の顔が、さかさまになって、のぞいていたではありませんか。

If you look up there, you may have been peeking over the face of the bandit of the head of Shirahama, upside down from the square hole that was lit up on the ceiling.

 アッ、それじゃ、ピッポちゃんのとんでいくのを、見られたんじゃないかしら。

Oh, then I wonder if you could see Pippo-chan going.

 小林君は、思わず顔色をかえて賊の顔を見つめました。

Mr. Kobayashi changed his complexion and looked at the face of the bandit.

奇妙な取りひき

Strange pulling

「少年探偵さん、どうだったね、ゆうべの寝ごこちは。

"How was the boy detective, how are you sleeping?

ハハハ……、おや、窓になんだか黒いひもがぶらさがっているじゃないか。

Hahaha ... Oh, there's a black string hanging around the window.

ははあ、用意のなわばしごというやつだね。

Haha, it's a prepared barbarian.

感心、感心、きみは、じつに考えぶかい子どもだねえ。

Impression, admiration, and you are a child who is really thinking.

だが、その窓の鉄棒は、きみの力じゃはずせまい。

However, the horizontal bar of the window can not be removed by your power.

そんなところに立って、いつまで窓をにらんでいたって逃げだせっこはないんだよ。

Standing in such a place, no matter how long you stare at the window, you can't escape.

気のどくだね。」

I'm sorry. "

 賊は、にくにくしくあざけるのでした。

The bandits were ridiculed and ridiculed.

「やあ、おはよう。

“Hi, good morning.

ぼくは逃げだそうなんて思ってやしないよ。

I don't think I'll run away.

居ごこちがいいんだもの。

It's nice to be here.

この部屋は気にいったよ。

I like this room.

ぼくはゆっくり滞在するつもりだよ。」

I'm going to stay slowly. "

 小林少年も負けてはいませんでした。

Kobayashi Shonen was not defeated.

今、窓から伝書バトをとばしたのを、賊に感づかれたのではないかと、胸をドキドキさせていたのですが、二十面相の口ぶりでは、そんなようすも見えませんので、すっかり安心してしまいました。

Now, I was thrilled that the bandit felt that I had skipped the message butto from the window. I'm sorry.

 ピッポちゃんさえ、ぶじに探偵事務所へついてくれたら、もうしめたものです。

】 Even Pippo-chan has already gone if he came to the detective office.

二十面相が、どんなに毒口をたたいたって、なんともありません。

No matter how badly the 20-faceted minister strikes.

最後の勝利はこっちのものだとわかっているからです。

Because we know that the last victory is this one.

「居ごこちがいいんだって?

"Do you feel comfortable?"

 ハハハ……、ますます感心だねえ。

♪ Hahaha ... I'm more impressed.

さすがは明智の片腕といわれるほどあって、いい度胸だ。

As expected, it is said to be one arm of Akechi.

だが、小林君、少し心配なことがありゃしないかい。

However, Mr. Kobayashi, do you have to worry a little?

え、きみは、もうおなかがすいている時分だろう。

Well, you're probably hungry.

うえ死にしてもいいというのかい。」

Is it okay to die? "

 何をいっているんだ。

What are you talking about?

今にピッポちゃんの報告で、警察からたくさんのおまわりさんが、かけつけてくるのも知らないで。

I don't know that many people from the police are coming up with Pippo-chan's report.

小林君は何もいわないで、心の中であざわらっていました。

Mr. Kobayashi didn't say anything and was swaying in his heart.

「ハハハ……、少ししょげたようだね。

"Hahaha ... It seems a little drunk.

いいことを教えてやろうか。

Would you tell me a good thing?

きみは代価をはらうんだよ。

You get the price.

そうすれば、おいしい朝ご飯をたべさせてあげるよ。

That will give you a delicious breakfast.

いやいや、お金じゃない。

No, no money.

食事の代価というのはね、きみの持っているピストルだよ。

The price of a meal is your pistol.

そのピストルを、おとなしくこっちへひきわたせば、コックにいいつけて、さっそく朝ご飯を運ばせるんだがねえ。」

If you plow the pistol over here, you can put it on the cook and bring your breakfast right away. "

 賊は大きなことはいうものの、やっぱりピストルをきみ悪がっているのでした。

Although the bandits were big, they still looked bad with pistols.

それを食事の代価としてとりあげるとは、うまいことを思いついたものです。

Taking it as a price for a meal came up with a good idea.

 小林少年は、やがて救いだされることを信じていましたから、それまで食事をがまんするのは、なんでもないのですが、あまり平気な顔をしていて、相手にうたがいをおこさせてはまずいと考えました。

Kobayashi Shonen believed that he would be saved before long, so until then, he wouldn't be guilty of eating, but he had a very confident face and wasn't good at making him angry. I thought.

それに、どうせピストルなどに、もう用事はないのです。

In addition, there is no need to use the pistol anymore.

「ざんねんだけれど、きみの申し出に応じよう。

“Thanks, but let me respond to your offer.

ほんとうは、おなかがペコペコなんだ。」

Really, my stomach is pekopeko. "

 わざと、くやしそうに答えました。

Replying to this

 賊は、それをお芝居とは心づかず、計略が図にあたったとばかり、とくいになって、

The bandits were not aware of it as a play, and as soon as the strategy hit the diagram,

「ウフフフ……、さすがの少年探偵も、ひもじさにはかなわないとみえるね。

“Uhufufu ... I think that the true boy detective is not worthy of stringiness.